コパンのうら

熊本県北部の山鹿市にあるちいさなフランス料理店「ビストロ シェ・ル・コパン」の舞台裏です。

日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全377ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

どうやらわたしは、本筋にまったく関係のないことを脇役が熱をこめて話をするシーンが大好物みたいです。あ、映画の話です。

たとえば、すでに30回以上(笑)観た『君の名前で僕を呼んで』のこのシーン。

イメージ 1


ティモシー・シャロメ演じる主人公エリオの家族に招かれた夫婦が、イタリアの政治、そしてブニュエルの映画について熱をこめて議論します。かなりアグレッシブに、夫婦でケンカしながら機関銃のように喋りつづけているので、エリオたちは一言も口を挟めず、呆れてそのようすを眺めています。

これがめちゃくちゃおもしろくて、何度観ても笑います。くどいようですが、本筋にはまったく関係ありません。でもものすごく熱がこもってますし、印象に残ります。ちなみに、夫婦を演じてるのはイタリアでは有名な俳優さんだそうです。


そして、思いだすのがこちら。ゴダールの『気狂いピエロ』の最後の方のシーン。

イメージ 2


ジャン=ポール・ベルモンド演じるフェルディナンが、アンナ・カリーナ演じるマリアンヌを追っている最中、南仏の港でひとりの男に出会います。男は脳内で同じ曲がぐるぐる回って止まらなくてイライラすると言い、その原因となった出来事を語ります。3人の女性にプロポーズした時にいつもこの曲が流れていた、というのです。ベルモンドはその話を黙って聞いています。

くどいようですが、本筋にはまったく関係ありません。でもめちゃくちゃおもしろくて、何度観ても笑います。ちなみにこの男を演じてるのはベルギー出身のコメディアン、レーモン・ドゥヴォスという人です。


さらに思いだすのがこちら。リヴェットの『北の橋』のラストシーン。

イメージ 3


パスカル・オジエ演じるバティストが、彼女と友人のマリー(パスカルの母であるビュル・オジエが演じる)を追う秘密警察のマックスと一対一で戦います。得意の空手で挑むバティスト。ところがマックスは実は空手の上段者。「おい、なかなか筋がいいじゃないか」となぜか突然バティストに稽古をつけはじめます。おもむろに上着を脱いで、「いいか、空手の『型』というのはそういうものじゃない」と本気モードに。バティストもノリノリで指導を受けはじめ、真剣に「型」の練習を繰り返します。

くどいようですが、本筋にはまったく関係ありません。というか、脱線しまくりです。だってそのままふたりが礼をしてこの映画は終わるんですから(笑)。でもめちゃくちゃおもしろくて、何度観ても笑います。ちなみにマックスを演じてるのは、フランス人俳優のジャン=フランソワ・ステヴナンです。


そして最後がこれ。同じくリヴェットの『ランジェ公爵夫人』のこのシーン。

イメージ 4


ギヨーム・ドパルデュー演じるアルマンが、ジャンヌ・バリバール演じるアントワネットに会いに行こうかと迷っている間、勝手にアルマン宅に押しかけて酒を飲んでいる友人ふたりがくだらない話で盛り上がります。意訳するとこんな感じです。

「いまどき、『すごい』とか言わなくね? やっぱ『超』だろ、『超』」
「いやいや、『超』ももうダサくね? 今はやっぱ『ばり』だろ」
「いやいや、『めっちゃ』じゃん? 『こないだの歌手がめっちゃかわいかった』みたいな」
「わはは、そうそう」
……という、心の底からどうでもいい話を、アルマンは心ここにあらずの状態で聞き流しています。

くどいようですが、本筋にはまったく関係ありません。この映画、19世紀のバルザックの小説が原作で、セリフの90%以上が原作そのままなのですが、ここはさすがに原作にはありませんでした。でも力が入ってるんです。めちゃくちゃおもしろくて、何度観ても笑います。演じてる二人はいずれもフランス人の主に舞台で活躍する俳優さんです。


上の4作品、いずれも何度も繰り返し観ている大好きな映画ばかりです。本筋に関係ないことを脇役が話すシーンがあることが、わたしの映画の好みに直接関係があるかどうかは謎ですが、なぜか好きな映画にはそういうシーンがあることが多いです。


『ランジェ公爵夫人』は、2009年に観てすごく好きになり、バルザックの原作も読んだのですが(このブログにもその感想を2回も書いてますhttps://blogs.yahoo.co.jp/chezlecopain/38687905.html  / https://blogs.yahoo.co.jp/chezlecopain/38687929.html)、今回、『君の名前で僕を呼んで』を観ている間にどうしてももう一度観たくなり、ネットで500円(!)でレンタル落ちを購入。わたしの「一生に何度も繰り返し観たいDVDライブラリー」の仲間入りしました。いやあ、毎日のように観てます、今。

『君の名前で僕を呼んで』は、遺伝子レベルですべてのシーン、すべてのセリフ、すべてのディテールを記憶して、DVDがなくてもいつでも脳内再生できるようにしたかったのですが、『ランジェ公爵夫人』もそのレベル。もはやこのふたつの作品はわたしの体の一部です(笑)。

映画監督フィリップ・ガレルは、興行的には失敗に終わったこの作品を「フランス映画史上最高傑作のひとつ」と絶賛したそうですが、わたしも心からそう思います。ちなみにフィリップ・ガレルの娘エステル・ガレルは『君の名前で僕を呼んで』にマルシア役(主人公エリオのガールフレンド)で出演してます。

バルザックももう一度読み返そうと思います。

イメージ 5



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

忘れられない記憶。

今、リーディング()で記憶に関する本(フランス語版)を読んでいます。これがなかなかおもしろいです。


記憶の歴史、記憶のしくみ、脳のどこでどうやって記憶を保存しているか、どうしたら長く記憶できるか、記憶力の良し悪しは生まれつきか、記憶術とはどういうもので何の役にたつのか、など盛りだくさん。よくある「記憶術」や「暗記術」をマスターするための啓発書ではなく、さまざまな方面から「記憶」について考察した読みごたえのある本です。


……といっても、エピソードや解説の多くがフランスの文化や歴史に依存しているので、日本語に翻訳すべきかどうかは疑問が残りますが……。


その本に、嬉しかった、辛かった、衝撃を受けたなど、感情が揺さぶられた出来事は長く記憶できる、という話が載っていました。

たとえば、2011年3月11日に自分が何をしていたかを覚えている人は多いでしょう。熊本や大分の人だったら2016年4月14日と16日未明ですね。恋人にプロポーズされた日、結婚式、子供が生まれた日、事故を起こした日、近親者が亡くなった日などについても、自分が何をしたかを鮮明に記憶している人は多いのではないかと思います。


実は、わたしの記憶は、「フランス前」と「フランス後」に二分されています。「紀元前」と「紀元後」的な(苦笑)。1991年夏〜1998年冬の期間をフランスで暮らしていたのですが、まだインターネットが普及していなかったので日本の情報はほとんど手に入りませんでした。日本で流行した現象やことばは、リアルタイムではなく後になって知りました。なんらかの現象や出来事が、日本の情報がすっぽり抜け落ちたその期間より前、つまり1991年夏前に起きたか、その後に起きたかは、今でも即座に明確に思い出すことができます。


たとえば、ティラミス。このイタリア発のお菓子が日本で流行したのは「フランス前」でした。でもその後に出てきたナタデココは「フランス後」。家族や友達から聞いて名前だけは知っていましたが、初めて食べたのは帰国後の2000年前後。「おお、これがあの噂のナタデココ! ついに出会えたか!」と心の中でおおいに感動したものですが、その頃にはすっかりブームは下火になってもはや誰もナタデココなどに驚きも喜びもしていなかったので、わたしも「ああ、ナタデココね、知ってる知ってる」的な素知らぬ顔を作りました。

「フランス後」に流行した他の現象に、ポケベル、たまごっち、安室奈美恵、小室哲哉があります。たまごっちやポケベルは実物を知らずに口頭で説明だけ聞いても、どういうものなのかまったくピンときませんでした。

「ちゃんと世話してあげると育つからもうかわいくて」
「え、それってふつうにペットじゃダメなの?」

「724106(ナニシテル)って打つと、4510(シゴト)って返ってきたりとか」
「へえ……(で、何が楽しいの、そのやりとり?)」

安室奈美恵や小室哲哉は顔さえ知らなかったのですが、日本から遊びに来た芸能界通の友人にその人気ぶりを詳しく教えてもらい、なんだかわからないけどすごいんだなあ、と思っていたものでした(でも正直あんまり興味はなかった)。

携帯電話やコンピュータの普及も「後」です。当時、フランスでも一部の人たちが使ってはいましたが、まだまだ一般的には広まっていませんでした。

バルサミコ酢の人気が高まったのも「後」。存在自体はフランスにいる間に知りましたが、フランスでは「バルサミコ」ではなく「バルザミック」と呼ばれていたので、帰国後に何の疑いもなく「バルザミック、おいしいよね」と友達に言ったら「は? 何それ?」と怪訝な顔をされたのを覚えています。


ええ、そうです、恥ずかしかった記憶って決して忘れないものですよね。

アルデンテも「後」。歯ごたえが残る状態でパスタを茹でる……くたくたになるまで茹でるのが好きなフランス人にはまるで無縁なことば。日本の雑誌か何かで知って「へえ、こんな表現があるんだ」と感心したのを覚えています。で、当時はライターのしごとをしていたのでさっそく使ってみたのですが、間違えて覚えて「アルダンテに茹でたパスタがおいしい」と書いてしまいました。編集の人に「アルデンテの間違いですよね?」と言われた時の恥ずかしさときたらもう。「すみません、キーボードを打ち間違えました」と嘘の言い訳をしました。

他に、フランスで開催されたサッカーワールドカップ98の記事を書いていた時、競技を行なうあのスペースのことを「ピッチ」と呼ぶと知った時の衝撃ときたら。え!? 「コート」ではないだろうと思ってたけど、「フィールド」とか「グラウンド」じゃなくて「ピッチ」って言うの!? 何、ピッチって!?

……Jリーグが登場したのも「後」だったので、サッカーに関する知識がほぼゼロだったんです。


ああ、わたしの日本語のボキャブラリーはそうとうやばい。このままフランスにいつづけて更新できないでいると使い物にならなくなる……わたしが帰国した理由には実はそうした危機感もあったのです。今はネットがあるから何の問題もないですけどね。いいなあ、今の人たちは。


イメージ 1


写真は、今年のボージョレ・ヌーヴォー。

そういえば、ボージョレ・ヌーヴォーのブームは「前」でしたが、わたし自身がハマったのは「後」でした。カフェのカウンターで立ち飲みして一気に4杯飲んで、お店のトイレで吐いたことは一生忘れません。あれから数年間、ガメイ(ボージョレに使われているブドウの品種)の匂いを嗅ぐだけで吐き気がし、ボージョレが一切飲めなくなりました。今はすっかり回復してこうしてぐびぐび飲んでますが。

テュイルリー公園にほど近い、rue du Mont Thabor(モンタボー通り)の古くて小さなカフェビストロでした。当時バイトしてた会社の社長とサシ飲みした時のことです。なつかしいなあ、今もまだあるのかなあ。

これも恥ずかしくて忘れられない記憶の一つです。




※リーディング:原書を読んでレジュメを書く仕事のこと。著書・著者に関する情報、あらすじ、章ごとの概要、所感、本国での反響などをA4で8〜10枚程度にまとめます。翻訳するかどうかを出版社が決める重要資料とされ、多くの場合、翻訳が決定した暁にはリーディング担当者が訳者の第一候補とされます。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


否定しなかったことは肯定したことになるのかしら、と、秋の夜長、わたしはひとり考えています。


考えながらふと思いだしたのは、女性数人のグループが(なぜかこういうシーンで思い浮かぶのが男性ではなく女性なのは申し訳ないですが)、その場にいない女性(Aさん)の陰口を言っていて、でもその場にいたひとり(Bさん)はAさんを気の毒だと思い、自分ではAさんを悪くは言わなかったのですが、かといってみんなの話を否定すると仲間はずれにされるのではないかと不安を感じ、肯定はしないまでも笑顔で話を聞いていた……ところが後日、陰口を否定しなかったことで「BさんはAさんの悪口を言っていた」ということになってしまい、それがAさんの耳に入ってBさんはAさんから嫌われてしまう……という、女子学生や主婦の仲間うちで聞いたことがあるような話。


あ、でもわたしの身に起きたのはそれとはまったく関係ないです。

なぜか、初対面の方から「美容師さんですか?」と言われることが多いのです。ですが当然、美容師の技術を何一つ身に着けていないので、本物の美容師の方々には大変申し訳ない話。80年代の「陸サーファー」(って知ってる?)のように、ハサミを握れないくせに「美容師風」の仮面をかぶっている「陸美容師(?)」。あまりにしょっちゅう言われるので(大げさだと思ったらシェフに聞いてみてください)、もしやいつの間にか美容師の着ぐるみを着ていたのではないか、と我ながら疑いたくなるほど。


しかも、初対面で「美容師です」と名乗った覚えはないのに、二度目、三度目にお会いした時に、なぜかその方の脳内ニューロンに「わたし=美容師」の情報がすでにインプットされているという謎。


ある日のことです。定休日に何度か訪れたレストランで、顔見知りになったサービスの女性との会話。

女性「今日はお店はお休みですか?」
わたし「……え?(←レストランを経営してると言った覚えがないので「どうしてバレたのか」と驚いている)」
女性「美容院って月曜がお休みのところが多いですよね」
わたし「!!!」
女性「お店はどちらなんですか?」
わたし「あ……えーっと、山鹿です」
女性「山鹿ですか! わざわざ遠いところからありがとうございます」
わたし「いえいえ、おいしいので、ちょくちょく来させていただいてます(←話が変わってホッとしてる)」

その場にシェフもいたんですよ。でもその女性はわたしに話しかけてくださったので、シェフはそのようすを笑いをこらえながら見ていただけでした。


そして今日。インフルエンザの予防接種を受けにクリニックへ。

受付の女性「すみません、予防接種の受付は午前11時までなんです」
わたし「あ、そうなんですか」
受付の女性「午後は2時からになりますが」
わたし「今日の午後はちょっと無理なので、明日の午後来ます。明日も2時からですか?」
受付の女性「はい」

その時、クリニックのオーナーの女性が少し遠くから声をかけてくださいました。

オーナー「あ、その美容師さん、毎年来てくださってるの! 受付してさしあげて!」
わたし「!!!」

ええ、確かに毎年こちらでインフルエンザの予防接種をさせていただいてますし、時間外のところをわざわざそうおっしゃっていただいて快く予防接種を受け付けていただけたことは、とてもありがたく、嬉しくて、心からの感謝の気持ちでいっぱいなのですが、そうか……美容師だと思われていたのか……わりとご近所なのに……。

この時もシェフはそばで笑いをこらえてましたが、いやいや、言っておくけど、あなたのせいでもあるんですからね。わたしのこの「なんちゃって美容師オーラ」を凌駕する強力な「料理人オーラ」があなたにありさえすれば、こんなことにはならないはず。


そんなわれわれだから、どこのレストランへ行っても「同業者」とバレる心配はゼロ。ふつう、料理人(と、そのパートナー)がよそのレストランを訪れると、すぐに「同業者」だとバレちゃうものですけどね。うちのお店にいらっしゃる同業者の方もたいてい雰囲気でわかりますし。


というわけで、わたしは世間の一部では「美容師」として通ってしまっているのですが、これをきちんと否定しておかないといずれ「嘘つき」の烙印を押されてしまうのでしょうか。

今後こういうことがあった時、きちんと否定すべきか、それとも今まで通り笑ってスルーすべきか……うーん、悩んでいます。



写真は本文とはまったく関係ありませんが、ある日のランチBコースです。

イメージ 1







この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ちょっと宣伝です。

すみません、今日はちょっと宣伝です。


わたしコパマネ、実はフランス語の翻訳者でもあるのですが、今年3月に刊行された本に関してお知らせしたいことがあります。

本というのはこちらです。今年5月に朝日新聞に掲載された書評を掲載します。
姑息なのですが、検索に引っかかりたくないので(苦笑)文字で記すのはやめておきます。

イメージ 1


少し前になりますが、有機野菜をうちに販売してくださってる農家さん、百草園さんのお便りでも取り上げてくださいました。

イメージ 2


実は、本書の著者が、10月23日、フランスでもっとも権威あるジャーナリズム賞、アルベール・ロンドル賞を受賞しました。フランス語圏のピューリッツァー賞のようなもので、とても名誉ある賞です(下の写真左で、書籍部門での受賞です。中央が報道記事部門、右が映像部門の受賞者です)

イメージ 3

アルベール・ロンドル賞受賞についての記事(フランス語):

受賞に関して、ご本人が日本の読者へのメッセージを送ってくれました(字幕はわたしです)。実はこれ、わたしがツイッターでご本人に「日本の読者に対して何か一言くれません?」とお願いしたところ、「喜んで! じゃあ、ビデオにするよ!」と、30分後くらいにちゃちゃっと送ってくれたものです。この方のレスポンスとフットワークの軽さにはいつも驚かされます。


もし字幕が出ないようでしたら、右下の「字幕」というボタンをクリックしてください。


なお、出版社さんのほうで特設サイトも作ってくださってます。ご興味あるかたはよろしかったらご覧になってください。

出版社さんの本書特設サイト:




で、何を宣伝したいのかというとですね、実は11月18日(日)、法政大学市ヶ谷キャンパスで開催される国際有機農業映画祭にて、著者がこの本の取材時に撮影したドキュメンタリー映画が公開されることになりました。日本初公開です。百草園さんによると、有機農業業界ではよく知られた映画祭なのだそうです。

国際有機農業映画祭のサイト:

わたしはすでに観ているのですが、本書を読まれた方はもちろん、まだ読まれてない方も大変興味深く観ていただける作品だと思います。東京近辺にお住まいの方、ぜひお出かけされてください。どうぞよろしくお願いします。以下、その予告編です。

この映画作品はオリジナルが英語版なので、映画祭関係者の方がボランティアで字幕をつけてくださっているそうです。



会場では本書も販売されるそうです。映画を観て興味を持たれた方、ぜひ。


……というわけで、宣伝でした。

映画祭自体にわたしも大変興味があります。もし東京近辺にいたら必ず行くんだけどなあ、と思っています。









この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

新たな悩み。

先日、熊本県南部の水上村にある湯山温泉へ行ってきました。

イメージ 1

久しぶりの遠出、久しぶりの温泉です。
午後5時前というやや中途半端な時間だったので、入浴客はまばら。
脱衣所には誰もおらず、脱衣カゴが一つだけ使用されていました。
どうやら女湯はわたし以外に一人だけのようです。

するとその時、その私物の持ち主らしき60代くらいの女性が浴場から上がってこられました。


わたし「こんにちはー」
女性「!!!」(目を見開いて固まる)
わたし「?」
女性「……」(怪訝そうにわたしをジロジロ見る)
わたし「……」
女性「(突然ふっと笑って)ああ、びっくりした。男性かと思った……」
わたし「!!!!!」


へらへら笑いながら「そうですかー」と返しつつ、内心「がーん」。

その後も、本当に女かどうかを確認するためでしょうか、女性はわたしが脱衣するのを横目でちらちら見ていました。



温泉から上がってそのことを報告すると、涙を流して笑いころげるシェフ。

いえね、確かに若い頃から頻繁に言われてましたよ。とくにフランスでは呼びかけの30%ほどが「ムッシュー」でしたし。でも50代になってからは初めてだし、かつては「あ、少年みたいってこと?」などと(無理やり)ポジティブに考えることもできましたが、50代で男みたいってただのおっさんじゃないですか。わたし、そんなにおっさんっぽい?


シェフ「いや、おっさんには見えないよ。むしろ、化粧と女装をした中年男?」
わたし「ケンカ売ってんのか」



もしかしたら、これまでも気づかないうちに、多くの入浴客の女性たちを不安がらせていたのでは……。
今後、女性たちをおびえさせないために、わたしはどう対策をすべきでしょうか。くねくねしながら歩いて高い声で「ごきげんよう〜」と挨拶……いや、余計怪しいな。


新しい悩みを抱えてしまいました。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全377ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事