全体表示

[ リスト ]

隠された記憶

<ストーリー>
テレビ局の人気キャスター、ジョルジュ(ダニエル・オートゥイユ)は美しい妻アン(ジュリエット・ビノシュ)と息子のピエロと恵まれた平凡な生活を送っていた。そこに自分達の生活を盗撮したビデオが届く。始めは不気味なだけだったが、それは回を重ねるごとにエスカレートしていき、さらに一緒に届いた絵によってジョルジュは幼いころの苦い記憶を思い出す。そしてそのことを知る唯一の人物、マジッドを疑い、会いにいくが、彼は自分の身の潔白を主張する。しかし、ジョルジュはその記憶のやましさもあって、どんどん精神的い追い詰められていき、家族関係もぎくしゃくする。そしてとうとうそのことはある不幸な結果をもたらす。
<監督・脚本>ミヒャエル・ハネケ
<出演>ダニエル・オートゥイユ、ジュリエット・ビノシュ、アニー・ジラルド
<制作>2005年 フランス・オーストリア・ドイツ・イタリア
<ホームページ>http://www.kioku-jp.com/main.html


DVDにて鑑賞。
この映画のこと、なんでか全然知りませんでした。
知っていたら、たぶん見ていたタイプの映画なんだけど。
この映画が公開されたとき(去年の春)、
あまり映画館行ってなかったのカナ。
ハネケ監督の作品は一本も見たことないし。
レンタルのパッケージ見ながら、
カンヌで監督賞もらってるんだふーんと思って、
なんとなく借りてきてしまった。

当然「衝撃のラスト」なんて
キャッチコピーがあるのも知らなかったので
ラストにそんな重要な意味があるとも知らずに、
普通に見終わってしまいました(^^;

ラストはその意味よりも
「え、これで終わり!」
と衝撃を受けました。
これ、もしかしてブレア・ウィッチですか?
(あの最悪の)
と、もやもや感が残りました。
それまでとてもいい感じだったのに。。。
ただ、ラストのシーンはひっかかったので
もう一度見てみたのですが、
よく分からなかった。

それでネットでいろいろ感想見て、改めてラストに気付いた(^^;
だめですなー。

とてもフランス的だなーと思ったのは、脅迫に描かれたイラストが
無気味ながらかわいいんですわ。
ここらへんがヨーロッパテイスト?


<おすすめ度>
★★★★☆
日常に隠された不気味さを感じたい方に



ここからネタばれ…

多くの人が指摘するように、
ピエロとマジッドの息子が結託していたとはどうも思えません。
だってマジッドの息子は自分の父親が疑われて気持ちいいわけないのだから。
ラストはマジッドの息子がピエロに父親のことを釈明したとか
そういうことだったのではないでしょうか。
そこに次なる不幸な展開がまっているとか。

犯人は誰なのか。やっぱり知りたかったかなとは思います。

それにしても結局一番不幸だったのはマジッドで、
二度もジョルジュに人生をめちゃめちゃにされてしまった。
ここらへんにフランスとアルジェリアの社会問題がからんだりしてます。

ジョルジュは一見ニュースキャスターで美人の妻と息子にかこまれて、
恵まれた生活を送っているように思えるけど、
実はとても自己中で、自分の母親の病気のことさえも知らないでいる。
一見平凡でよき夫で父親のように見える人も、
実はとても残酷な闇を持っているかもしれない。
そういうことを言いたいのかなとも思いました。

たとえ息子二人が結託していたとしてもそんな衝撃かな。
あまり賞に値するほどの傑作感はなかったけど、
でもそれまでの展開とかは、サスペンスとしてはらはらして面白かったです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事