平蔵の・・・・

メインはつたない写真で綴る旅日記です。

全体表示

[ リスト ]

4月15日(日)21日目-3- 日本最北端

稚内駅で14時だったので、ハラが減った平蔵は北市場のレストランで遅いランチ。
3日連続の車内食だった平蔵は「うまいもの」が食べたい。 「三色丼」を注文した。
ウニ・イクラ・ホタテ刺身の三色だ。 2,100円。 

北市場の中には生本商店と申す海鮮物産館がある。 
何度かここで宅急便を頼んだことがあるが、扱う商品の質が良く、カニなど失望したことがない。
稚内を訪れるたびに立ち寄る店だ。 

余談であるが、11回の北海道旅行ではしばしば悔しい思いをしたことがある。
試食で無料提供するカニと宅急便で我が家に届くカニの品質の格差があまりに大きくてがっかりすることが度々あった。 高価なものだけに「悔しい」思いが強い。 そんなところでは2度と買わない。

ひどかったのはサロマ湖で、「生きたホタテ貝」をと念を押したのに「殻つき冷凍ホタテ」が送られてきた。 
瀬棚の漁師の店では絶対にやらないことだ。
函館朝市は北海道で一番価格が高く、信頼性もやや劣る。 ただ、函館は北海道最後の地になるケースが多く、なんでも揃っているので便利ではあるのだけど・・・・・。

さてさて、生本商店だが、いつもの女将みたいな人が応対に出てきた。
「来るたびにお世話になっている杉並の平蔵だが・・・・・」と名乗ってあれこれ見て回った。
女将は「うーん、今の季節はねぇー」・・・・・と。
漁の季節を迎えておらず、冷凍物が主流でいいものはないと申す。 
乾き物や瓶詰め物はどうか・・・・と勧める。 
観光客と見ればなんでも強引に売りつけるどこかの店とは対照的な対応である。

平蔵はこんな店が好きだ。 安心できるし実績もある。
しかし、平蔵は何も買わずに宗谷岬へ向かうのであった。 夏にまた来るから、その時に・・・・・な。 

イメージ 1
宗谷岬のアリバイ建物。
アリバイと名づけたのは平蔵である。 
日時・緯度・気温・場所が表示されているのでこれは到着証明になるといつも思う。 
気温8度とあるが、これは間違っている。 この時の外気温は0度だった。
温度計の故障か表示装置の故障と思う。
イメージ 2
サハリン。
宗谷岬から見たサハリン(樺太)の雪山だ。 400mm望遠で撮影。
イメージ 3
旧海軍望楼。
宗谷岬の丘に設置された旧海軍の施設。 
ここで、宗谷海峡を行き来する船舶の監視を続けたものであろう。 
内部は狭く監視にあたった兵士も苦労したと思う。
イメージ 4 記念撮影。
こんなに寒く、花もなく、されども流氷もない季節にも観光バスはやって来る。
日本最北端碑の前で記念の集合写真を撮っている団体を丘の上から望遠で捉えた。
イメージ 5
日本最北端碑。
イメージ 6
宗谷岬平和公園のモニュメント。
その昔、サハリン上空で撃墜された大韓航空機の死者の慰霊塔だ。 岬の丘にある。
イメージ 7
陸に揚がった漁船群。
岬の丘からは宗谷漁港が見える。 港内が結氷する宗谷では漁船は陸に揚げられて冬を越す。
流氷が去り、海はあけたが漁はまだあけぬ・・・・・・か。 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事