平蔵の・・・・

メインはつたない写真で綴る旅日記です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全329ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ブロクの移動

ヤフーブログが今年いっぱいで終了するとの事。
やむを得ずアメーバに移動することにしました。
近日中に移動処理を行うつもりです。
引き続きアメーバでご覧いただけますようお願いいたします。

 
 
          *************************************************
 
ご訪問ありがとうございます。
このブログ「平蔵の・・・」は写真掲載のキャパシティを越えたため、新しいブログに移動しました。
 
新しいブログは「平蔵の・・・(2)」と言うタイトルで、引き続き「ぶらり旅」や「ぶらり散歩」、
「野宿旅」などを、写真とともにご案内しています。
 
新しいブログアドレスは下記の通りです。
 
 
上記アドレスをクリックすると新しい「平蔵の・・・(2)」にジャンプいたします。
 
「平蔵の・・・(2)」を開いたら、「すべて表示」をクリックすると最新のブログがご覧になれます。
どうぞ、「お気に入りBOX」に追加していただきご愛読のほどお願い申し上げます。
 
     ********************************************************
 

開く トラックバック(0)

2010年6月4日-10日目-2-(完)
 
飛行機は順調に飛行を続け、やがてキャビンアテンダントのねぇーちやんが窓を開けて良いと申しました。
イメージ 1
▲九十九里海岸
早速窓のシェードを開け外を眺めると房総半島の九十九里海岸が飛び込んで来ました。
懐かしの故国だ。  九十九里海岸は地図で見る通りの海岸ですねぇー。
 
この海岸を空から見るのは初めてです。
山陰支店勤務時代に何回も飛行機で帰京しましたが、羽田に降りる為、九十九里まで大回りはしなかった。
手前の港は飯岡かもしれませんネ。  
イメージ 2
▲霞ヶ浦上空
やがて霞ヶ浦上空で機体を傾けて成田に進入します。  眼下にゴルフ場が目立ちます。
着陸まで、次から次へとコヘルフ場が現れては過ぎて行きました。
残念ながら平蔵がメンバーの成田フェアフィールドは確認できませんでした。
 
約5時間のフライトで無事に成田に到着しました。
Mさんとは空港で別れて、手持ちのカメラ以外の荷物をすべてキャリアーの中に押し込めて宅急便します。
ウェストバックとカメラだけを持って京成ライナーで・・・・・・。
イメージ 3
▲鯵の握り
日暮里から神田に着いて途中下車。
神田の江戸っ子寿司に立ち寄り生ビールで寿司をつまみました。    うーん、日本の寿司はやはり世界一です。
そして日本のお米も抜群です。  フィリピンのお米はパサパサでスープご飯にしないと食べにくいものでした。
イメージ 4
▲中トロ
寿司と来たらマグロは欠かせません。  フィリピンの人たちはマグロもカツオもみんなツナと言ってましたっけ。
イメージ 5
▲サーモン握り
神田の「江戸っ子寿司」。  
別名「ねぇーちゃんコロリ」の寿司屋で懐かしい日本のお寿司を食べて16時30分頃帰宅しました。
10日間の初めてのフィリピン旅行。 Mさんの案内で貴重な体験をする事ができました。 ありがとうございます。
しかし、平蔵の旅日記の結末はいつも食い物ですねぇー。  
 
 
           ***********************************************************
 
以上で「フィリピン、セブ島滞在記」のご案内はすべておしまいです。
途中、中断したり、非公開にしたりいたしましたが完結いたしました。
尚、今後は「平蔵の・・・(2)」で引き続き旅日記やぶらり散歩をご紹介することとし、このブログを追記して行く
事はやらない予定です。
今後は「平蔵の・・・(2)」のブログをご覧になってください。  どうかよろしくお願いいたします。
 
尚、「平蔵の・・・(2)」の最新のアドレスは次の通りです。
 
                              URL: http://blogs.yahoo.co.jp/chi_hiro_yuki/709128.html
 
             **********************************************************
 
 
 
 
 
 
 
 
 

開く トラックバック(0)

2010年6月4日-10日目-1-
 
10日目の朝、ホテルに依頼した送迎の車が3時45分にやって来ます。
平蔵は朝2時10分に目を覚まし、昨日買ったパンとミネラルウォーターで簡単に朝食を済ませて待機です。
 
時刻通りに車が迎えに来てくれました。  モアルボアルに住む青年がホテルから依頼されて来たようです。
我々を見送ってくれたのはホテルのガードマン一人でした。
ガードマンに部屋のキーを返し、車で100kmの早朝ドライブが始まりました。
 
来た時とは違って、おとなしい運転をしてくれたので緊張感はありませんでした。
ただ、朝早くまだ周囲は真っ暗なので何も見えません。  これが残念でした。
 
2時間半ほどのドライ゙でセブ国際空港に到着。  
運転してくれた青年に20ペソのチップを渡したらとても喜んでくれました。
イメージ 1
▲フィリピン航空のカウンター
成田行きに乗るのはほとんど日本人で、セブにこんなに日本人が居たのかとちょっと意外に思いました。
パナグサマビーチでは一人の日本人にも会いませんでしたもの。
 
預ける事ができる荷物の重量は20kgだったか25kgだったか・・・・・・・・・・。
来るときは日本のお茶のベットボトル4ℓ分などを持っていたので受付で減量を命ぜられ望遠レンズを抱えて機内に持ち込んだりしたのですが、今回は大丈夫だろうと思ったら、また減量しろと言われました。
 
諸悪の根源は400mmの望遠レンズです。  再び抱えて機内に持ち込むハメになりました。
重いんですよ、この400mmの望遠レンズは。
イメージ 2
▲434便
フィリピン航空434便成田行きの出発は7時45分です。
搭乗手続きを済ませて、少し時間があったので空港内の喫茶店でコーヒーを飲みながら出発を待ちました。
イメージ 3
▲セブ島
離陸直後の風景です。  7時45分、定刻に離陸しました。
イメージ 4
▲セブ島
左上のほうから流れ出ている川が海岸に近づいて扇状地を形成しています。
海と接するところはとってもきれいなブルーですね。  海の水がきれいな証拠です。
これがフィリピンの陸地を見た最後の写真です。  
キャピンアテンダントのねぇーちゃんに窓のシェードを下ろせ、と、きつく言われました。 
 
珍しく、楽しく、面白く、少し退屈で、おいしく、美しく、蒸し暑い、田舎の、人々の笑顔につつまれて、
10日間が過ぎて行きました。  滞在10日間、あっと言う間でした。
イメージ 5
▲機内食
安定飛行に移ってすぐに機内食のサービスがあります。
今回は無難なところでソーセージと玉子料理を選びました。  
フライドポテト、ソーセージ、オムレツ、トマトが一切れ、マッシュルームが2個、こんな風にセットされて出て来ました。
イメージ 6
▲機内食セット
パンにデザートはパイナップル、飲み物は紅茶を頼みました。  しかし、あまりおいしいとは言えません。
 

開く トラックバック(0)

2010年6月3日-9日目-8-
 
パナグサマビーチ滞在も9日目の夕方になってしまいました。  このビーチでの最後の夕食です。
ホテル前の朝晩を通して最も通ったシルバーレイでも、平蔵お気に入りのチキンカレーのラスト フィリング ステーション
でも良かったのですが、海を見下ろせるネプチューンと言う店に決めました。
イメージ 1
▲ネプチューンの店内
テーブルクロスなんかあって格調高そうなレストランですが、3方の壁が無く、やはり吹き抜けです。
風が良く通り、海も見下ろせますが既に夕方で暗かったです。
イメージ 2
▲海鮮鉄板焼き
現地の人はチョプスイとか言っていましたが、日本風に説明すると鉄板焼きです。
注文したのは「海鮮」でしたので、海老・イカなどがたっぷり入った野菜炒めをジュージューした鉄皿に乗せて登場。
野菜や海鮮から出たスープがおいしかったです。
イメージ 3
▲海鮮鉄板焼きのクローズアップ
イメージ 4
▲グリーンチキンカレー
最後にどうしてもグリーンチキンカレーが食べたくて、平蔵が特に注文しました。
しかし、ラスト フィリング ステーションのチキンカレーのほうが抜群においしかったのが残念でした。
最後にあのカレーがもう一度食べたかったものです。
 
最後のサンミゲル ビールを楽しんで一人300ペソ位でした。  旅のメモに300pとありますから間違いない。
んで、食事の後、9日間滞在したパナグサマビーチのメインストリートを歩き1軒のバーでワインを。
イメージ 5
▲バーの女の子
この女性はこの店のオーナー、もしくはオーナーの娘さんと思います。  明るく感じの良いねぇーちゃんでした。
先にお話ししたようにこのビーチでは店に雇われたホステスは居ないのです。  
流しのホステスが客を見つけて寄ってくるシステムです。 
 
Mさんと二人でここで飲んでいたら・・・・・オカマみたいな二人のホステスが寄りついて来て閉口したものです。
写真の子に頼んで追い出してもらいました。 
 
さて、明日は早いので21時頃にはお開きにして部屋に戻りました。
荷物のパッケージをし、手持ち現金を調べたら1,840ペソ残っていました。 日本円で3,680円です。
入国の時、空港で3万円をフィリピンペソに両替し、残ったペソが1,840ペソです。  
10日間の飲食・レンタルバイク・シュノーケル・などなどがおよそ27,000円だったと言う事です。
 
飲食代が安いので・・・飲んでばかり居たと・・・・・記憶しています。  ははははは
治安も良く、人々の好意あふれる笑顔、おいしいカレー、おいしいビール、美しい海、何もかも素晴らしい
ところ。
もう一度、チャンスがあれは行って見たいところです。
 
 
 
 
 
 
 

全329ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事