ここから本文です
chiakichan_ohのブログ
珠仙の山の上暮らし おーいのの日常

書庫全体表示

為吉 宇江佐真理

 作者が亡くなる直前に刊行された本です。
 幼い頃に家族を盗賊に殺された為吉が伯母に引き取られ、後に奉行所の中間になり、岡っ引きの婿になるまでの物語。
 何が幸せで何が不幸か?繁盛していた店の若旦那だったのにと思うか一人生き残って幸せとおもうか 為吉の回りの人達も貧しさと人を妬む心が犯罪に走らせる。
 色々考えてしまいました。面白かったです。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事