千葉発日台共栄

ありがとうございました。

【注目】トピックス

すべて表示

ある話

ちょっと思う事があって書いてみました。
この記事は数日したら削除します。


ある日、ある所で知り合った方からお茶会に誘われました。
そして別の日にあるお話があるという事で都内某所に行ってきました。

指定日にある喫茶店に入り日常の話をしてきました。
やがてリゾート会員権の話になっていて、直前にパンフを「見せてもらい」ました。
(渡されたのではなく見せられたのです)
私はリゾートみたいなことには興味がなく斜め読みしました。

一旦その方は別の打合があると言って時間と場所を指定して出ていきました。
よくよく考えたら失礼な話なのかも知れませんが、執着のない私は「まあいいか」と。
別のサテンで色々な調べものをしていました。

時間になって行った所、百人以上が階段下で待機、その後部屋に入るとぎっしりでした。
その方の隣の席に座りましたが、人に酔ってしまいました。

やがて話が始まりました。
元々ある会社で営業をしていて、その後退職して今の仕事に移ったそうです。
今まで日常に疲弊していたのが、夢のような生活になりました。

パワーポイントを使って弁舌さわやかな男がリゾート会員権についての話から、格安で旅行に行けるとか、遊びが仕事、仕事が遊びで、毎月旅行に行くとか、更にはハワイのトランプタワーに抽選で無料で泊まれるとか、ポイントとかマイレージとか、やがてビジネスの話になりました。
人も自分も幸せになるとか。とにかく美辞麗句を並べ立てていました。

直感として「これってネットワークビジネス」と思いました。
このブログでも過去記事でネットワークビジネスをけちょんけちょんに書いてきたので怒り心頭・・・と思いきや、冷静な自分が居ました。

私を案内された方は笑ったり共感したり時には涙を流したり、私はなるほどと思いながら冷静に見ていました。
そうした話は2時間ぐらいで終わりました。

それから入会手続書が渡されました。
私は案内された方に「今日は一旦預かりとさせて頂きます。申し訳ないですね」と言いました。
その反応は「いいですよ、解りました」とあっさりしたものです。
入会の意思がない人からは案内書やパンフを回収するという事です。

これも何かおかしいですが、まあ、持ち帰ってもゴミになるだけなので別にいいかと思いました。

その後ミーティングと称して第2ラウンドがありました。
チームとか定期ミーティングとか、その内容を聞いたら(写真撮影禁止であり、更にはあまり興味もなかったので記憶もあまり残っていません)、ネットワークビジネスです。

過去にそれらにかかわってきた事を思い出して前から変わっていないと思う所と、今風にアレンジされている所が面白かったですが。

その後の飲み会と称する懇親会があり、私は体調不良を理由にアルコールは口にしませんでした。
月収数百万円というならこの場の飲み会を出してもよさそうなのにとも思いましたが、
私は、こうした連中に2,500円とは言え借りを作りたくないので助かりました。

私は入会しなかったことからその組織の人からは余り構ってもらいませんでしたが、面倒なので助かりました。
ただ、話には耳を傾けてどういう言い方をするかを観察していました。

私の座ったテーブルには2人入会した人がいました。
女性はブラック企業に勤務して心身疲弊、男性は若手で会社に対して不満たらたら。
二人とも年金破綻とか将来に対して悲観的にとらえていたようです。

私は2時間ほどいて引き揚げました。

その組織は一応は法的な部分は抵触しないように運営しているのでしょう。
ですから、その会社に対する批判をここでするつもりはありません。
ネットワークビジネスに対する評価は色々あっていいと思っています。

ただ、一つ感じたことは、高級リゾートとかトランプタワーとか、100人のパーティーとか、会社以外の人との出会いがあるとか、あっちこっち旅行できるとか、スポットライトを浴びるとか、台湾にも友達ができる(台湾でもネットワークビジネスをしているそうです)とかということに対して何ら心が躍るモノを見つけることが出来なかったという事です。

勿論、それらは決して悪いものではなく、むしろほしいと思うのが正常だと思います。
そういう意味では私の感覚の方が変わっているのかも知れません。

私は旅行は台湾にしてもマニアックな所に多数行ってきたし、そもそも世界遺産だから行くとか、リゾートだからという事はありませんでした。絶対に行かないとは言いませんが、優先順位は決して高くないです。

会社の人以外との出会いは李登輝友の会から合気道から、そしてその後のエンディングノート等、そして何よりもこのブログからも多数体験してきて、勿論出会いは楽しいしうれしい事ですが、新鮮味はありません。
100人程度のパーティなんて幾らも体験してきて今は逆に人に酔うぐらいです。スポットライトと言っていいのか解りませんが、組織を運営する楽しさときつさも体験しましたし、台湾については言わずもがなです。

今更ネットワークビジネスで体験したいとは思わないことばかりです。

こうしてみてわかった事ですが、ネットワークビジネスでトップに入る人間はやはり優秀だったという事ですね。
元々の経歴を聞くと納得するところがあります。

彼らがさらに鍛錬するのでどの世界でも、とは言いませんが、この分野では組織が変わってもトップレベルに入る可能性は高いと思います。それが故にネットワークビジネスはスクラップアンドビルドで業態を変えてやっている感じです。

アムウェイとかメラルーカとか外資の本格派は別として20年前のネットワークビジネスの会社は名前を聞かないですよね。

そしてここからが肝心です。

ネットワークビジネスに即申し込みをした人はどんな人でしょうか。

今に不満を持ち、将来を悲観的に考え、出会いがなく、友達も少なく、一方過去のわずかな成功例にしがみつき、悪い意味素直で本質を考える事が出来ず、安易に短絡的に物事を考え・・・このブログで言うマスゴミにだまされる人もそうなのでしょう。

今後彼らもどこかで気づかないとありとあらゆるところで搾取されていく対象になる可能性はあります。

この構図は色々なところで繰り広げられている感じですね。ネットでの炎上も根は一緒ではないかと思います。


それを防ぐにはご縁に感謝と直感を信じる事が大事だと思います。

私は社会的に成功したかどうかは微妙ですが、何とか生活できています。
千葉県支部や台湾関係でも決して最後まで貫き通せませんでしたし、何も残っていません。
その後のエンディングノートでも決して大活躍かと言えばそうではありません。
ただ、今はそうしたご縁に感謝をすることができます。

友達は決して多い方ではないかもしれませんが、知り合った人は良心的な方ばかりです。
行く店にしてもそうです。悪いものは私には来ないし来ても違和感を感じて私が「失礼します」と言って離れていきます。

そうしたオーラとかエネルギーとかがあるのでしょうね。


これからの価値観としてそうしたものがキーワードになるかも知れません。


ネットワークビジネスで色々と感じたことを徒然と書かせて頂きました。















その他の最新記事

すべて表示

本日2016年2月18日のこの更新を以て千葉発日台共栄ブログは更新を停止し、廃止する事を決定いたしました。 2007年3月11日に誕生以降8年11か月余りにわたって多くの方々のご支援と激励を頂きつつ継続する事が出来まして心 ...すべて表示すべて表示

私が台湾に興味を持ったきっかけは日本語世代である。 外国人で日常的に日本語を使う人がいるのかということが不思議だった。 縁あって日本李登輝友の会に入り、2006年2月の天燈祭りツアーの時に南天斉下宮を訪問 ...すべて表示すべて表示

新年快楽・・・台湾では今日が旧正月・・・と言いたいところですが、6日未明に起きた台湾南部の地震で25人以上が亡くなり、五百人以上が負傷しています。さらには100名近い行方不明者がいます。 やはりおめでとうという気持ちにはな ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事