千葉発日台共栄

ありがとうございました。

【注目】トピックス

すべて表示

近況報告

幼児虐待死亡事件がまた発生しましたね。

構図はだいたいワンパターン。

再婚相手の父親が連れ子に暴力をふるい、母親が見て見ぬふりをして、児童相談所が何もせず、テレビでは教育の専門家という全くの役立たずが「虐待した親を責めるだけでは物事は解決しない」と意味不明な妄言を垂れ流し、メディアも含めた著名人という連中はテレビ局という外部から守られた快適な空間で持論を滔々を演説して仕事をした気になっている・・・ざっとこんなところではないでしょうか。


そもそも勉強をしないからと、あんな教養がなさそうな親が子供に勉強しろなんてへそが茶を沸かしますわ。


児童相談所って社会に存在が必要だとしても全く機能していないのでは?と思いますね。まあ、言っちゃあ悪いですが、官庁の中で特に出世コースとは思えず、職員は自分に火の粉がかからないように体裁を整える事が第一の役所仕事で警察の助けを借りるとメンツがつぶれるぐらいにしか思っていないのでしょう。


児童相談所という言葉を聞けば「無能」と翻訳をしたくなるぐらい対応が毎回毎回ワンパターンです。


モリカケ問題で窮地の安倍総理、「児童虐待は私の責任で無くしていく」とでも宣言すれば支持率も回復すると思うのですが、残念ながら保守系は児童虐待対策には弱いのかダンマリです。まあ、そりゃあ保守系は概していうと「人をぶんなぐってもいい、人をいじめてもいい」というのが持論だから仕方がないですか。


では左翼系の連中はと言えば「加害者の人権」と来ます。右も左も子供を守ることは出来ないということですね。


こうして描いてみると「日本人の精神性が壊れてきている」と言ってもいいかもしれません。

この手の問題は色々な要因が複雑に絡み合っていて一朝一夕に解決ができる問題ではありませんが、まずは虐待する親に対する断罪が必要でしょうね。


児童相談所の考えの根底にある「親が更生する」という前提が既に破たんしているという事ですね。


虐待する親はシャバに出せばまた虐待をするでしょう。彼らはサイコパスと言っても過言ではないでしょうから虐待が趣味になっていっている感じですね。そもそも人間は間違いを犯す動物です。虐待した親は30年間の間違いの積み重ねでああなったのでしょうから、更生は無理でしょう。


そして児童相談所に司法警察権を持たせる事ですかね。
児童相談所長には警察副署長クラスを持ってきてここでの実績次第で署長への登用を決めるとかすればいいでしょう。

まあ、もっともそれも事件のもみ消しとかの危惧はありますが、その場合は副所長に警察とは利害関係のない官庁から出向という方法もありますね。勿論今度は縦割りという弊害もあるでしょうか。

ただ、何もしない、できない児童相談所よりはマシでしょうし、そこを変えないとこの問題解決は前に進まないでしょう。


虐待する親は「しつけ」「教育」という名目で暴力をふるっているケースが多いです。児童相談所がなかなか立ち入れないのはこういう所があるのかもしれません。勿論時には身体で解らせる必要もあるのは否定しません。ただ、食事を与えないとか糞尿にまみれても放置するとか、これは明らかに異常です。


振り返ってみると「しつけ」「教育」という名目があれば何をやっても許されるという風潮が日本社会の中にあるのでしょう。


その代表がセクハラ、パワハラでしょう。


昔は部下をつぶせばつぶすほど出世したとかとんでもない風潮がサラリーマン社会にはあったといいます。部下をつぶすようなパワハラも「教育」「指導」「仕事の為」を全面に出しています。そして問題が発覚しても「パワハラなどなかった」と強弁します。その代表が日大アメフトの内田みたいな輩でしょう。


実はこうした体質は若い世代よりも老年世代の方が強いと思われます。戦前とかは星一徹みたいな父親もいたりしたようで、そういう意味では戦前や昭和時代はもっとひどかったのかも知れません。なので一概に昭和がすべてよかったとは言えません・・・。


対症療法ではこうした虐待した親の断罪や児童相談所の権限強化があるのでしょうが、もっと踏み込む必要があります。


まずは虐待が起こらない社会を作ることですね。それには心の教育が必要でしょう。これから親になる子供たちに対する教育ですね。


それには小学校以下で株式とかディベートとか外国語を教える必要はないでしょう。自己主張などミーイズムを強化するものでこんなのは必要ありません。誰しもが海外ビジネスをするわけではないし、そうしたテクニックは会社に入ってから鍛えればいいでしょう。

神話、歴史を叩きこむ事ですね。更には地域出身の偉人についてしつこいぐらい叩き込む事ですね。


あと、情操面では絵本がなかなか効果があると言います。
幼少の頃に神話や歴史を絵本で読ませることは有意義だと思います。


当然痛みを解らせる必要もあり、かといって体罰もやりすぎると犯罪になるので難しい所ですが、座禅をさせて必要に応じて警策で叩くという事はいいのかも知れません。


先日も感謝の気持ちが無いことで日本人の精神性が壊れていっているというコメントを頂きました。生きている事がどれだけありがたいか解らせる必要はあると思います。


そういうことから小学生の頃から「死を意識させる」教育が大事なのかもしれません。


最もこれで本当に解決できるかどうかは判りません。私も視野が狭い人間の一人ですので、児童虐待などの悲惨な話はどうすれば無くなるのか、良い知恵があればご教示をお願い致します。


コメントはこちらにお願い致します。
















その他の最新記事

すべて表示

本日2016年2月18日のこの更新を以て千葉発日台共栄ブログは更新を停止し、廃止する事を決定いたしました。 2007年3月11日に誕生以降8年11か月余りにわたって多くの方々のご支援と激励を頂きつつ継続する事が出来まして心 ...すべて表示すべて表示

私が台湾に興味を持ったきっかけは日本語世代である。 外国人で日常的に日本語を使う人がいるのかということが不思議だった。 縁あって日本李登輝友の会に入り、2006年2月の天燈祭りツアーの時に南天斉下宮を訪問 ...すべて表示すべて表示

新年快楽・・・台湾では今日が旧正月・・・と言いたいところですが、6日未明に起きた台湾南部の地震で25人以上が亡くなり、五百人以上が負傷しています。さらには100名近い行方不明者がいます。 やはりおめでとうという気持ちにはな ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事