千葉発日台共栄

ありがとうございました。

【注目】トピックス

すべて表示

近況報告

あけましておめでとうございます。

今年は更新するかどうかわからないので「今年もよろしくお願い致します」というかどうかまよいましたが、一応「今年もよろしくお願い致します」といいます。

さて、前回の更新が11/16です(12/20頃に削除しましたが)。
2か月ぶりの更新ですが、ネット、新聞、雑誌とも色々なニュースでもちきり、本当に退屈させないようにマスゴミ様は日々努力されているのかと感じる事然りです。

大相撲の暴行事件から相撲協会のゴタゴタもありましたよね。
執行部も貴乃花親方もどっちもどっちにしか思えませんが。

希望の党の独り相撲もありましたね。
あれだけ短期間で自滅する集団も珍しいですね。
関係者はビジネスセミナーでもやればいいでしょうよ。

「成功する組織の秘訣は我々の逆をやればいいんです」と。


野党は相変わらず茶番ばかりをやっています。

立憲民主党と民進党の違いってなんですか?

「名前が違う」ぐらいしか思いつかない人の感覚の方が正常かもしれません。


北朝鮮はミサイルを打つの打たないので、その北朝鮮と対峙せざるを得ない韓国は平昌五輪でもおかしな事をやって国内で大統領支持率を下げるというオウンゴールをしていますね。

アイスホッケーは南北合同チームって騒いでいますが、あまり騒がなくてもいいのかもしれません。そもそも開催されなければこれらも全部オジャンですから。

国内ではいつの間にか陛下の退位が決まりましたね。
陛下の退位は国会で決める事なのでしょうかね。まあ、教育勅語も国会で廃止していますのでそうなのでしょうか。よく解りません。

年が明けたら明けたでタイムスリップで現れたような某作曲家の不倫騒動がありましたね。それに対してまあ、大真面目にああだのこうだのとテレビで意見をしている人たちもいますが、どれもこれも浮世離れしていますね。擁護する、或いは批判する、どっちでもいいというか、どっちもどっちというか、それどころではないんですから。そもそも関心がありません。


最近思うのはネットのニュースを見ていたら運気が悪くなるのではないかということです。

流れているニュースは悪いニュース、不幸なニュース、暗いニュース、人を妬むニュースばかりですよね。

詐欺、泥棒、強盗、殺人、事故、火災・・・

そういうニュースをこれでもか、これでもか、と流しますよね。

例えば地方都市のマンションの10階から転落したというニュースをこれでもか、これでもか、とランキング上位に持ってくる・・・こんなものばかり目にしていたらそのうち自分がビルの10階から転落するのでは?という考えが浮かばないのでしょうかね。

そういえば経済評論家の三橋貴明さんが夫婦喧嘩で奥さんを殴ったとかで逮捕されたとか。真相は不明ですし陰謀があるとかないとかは解りません。ただ、経世済民といいながら自分の家族すら守れないでは偽善者と言われても仕方がないのかもしれません。

その三橋氏は安倍総理に対して批判的ですが、どういう訳か一緒に会食をしたと言います。ノスタルジーを感じたのか、或いは論破しようとしたのかはわかりません。今は安倍総理Yes、Noが一つの価値観の分岐点になっているとすると怖いことです。


さて、私のブログは千葉発日台共栄ですが、私自身は日台共栄の活動は昨年度はほぼ行っていません。台湾にも行かずじまいでした。人は変われば変わるものですね。

実は台湾に関しては今はもう関心もそんなにありませんし、どうしても台湾に行きたいとも思っていません。

今は台湾独立とやっているブログやSNSもスルーしている感じです。

それを見て寂しいとか思う必要はないのではないかと思います。

過去は台湾、台湾と言っていたとしても今もそうとは限りません。
一方今は関心がないとしてもこの先ずっとそうかどうかも解りません。


人は色々とかわっていくものかもしれません。


その私ですが、今一番大事なのは自己主張ではなく、傾聴、演説をするのではなくしつもんをする事ではないかと思うことがあります。


聴き役になれば相手は色々と手の内を明かしたくなくても明かすことはあると思います。

そもそも人間は主張したくて仕方がない性質だと思うのです。

論破しようとすればするほどボロがでるケースは色々な所を見ていて感じますよね。

ただ、貴乃花親方みたいに何も言わないと曲解されたり誤解されたりします。そもそも貴乃花親方は人の話を聴きませんね。

聴く力、聞く力でもなければ訊く力でもないのです、聴く力です。

会議の時は我先に主張すると仕事ができると思っている悲しくてイタイ人たちが多いですが、実際主張すればするほど自分たちのアホさ加減が浮き彫りになっているという皮肉です。

では質問をすればいいのか、というとそうでもなく、「訊く」、つまり、職務質問と同じなのでコミュニケーションは生まれないですよね。

最も誤解があるのは聴く=受け止めるであって、聴く=受け容れるではないのです。

話を聴いたからと言って同調する必要もないし、そういう考え方もあるのかという程度でいいのですよね。

まあ、ブログの荒らしコメントは目障りなので切り捨てますが。

とにかく、何でも勝ち負け、白黒をつける、主張して論破する・・・がブログやネットの存在価値であればやがてこれらはすたれるような気がします。


何やら結論があやふやになってきたのでこれでやめましょう。


コメントはこちらにお願い致します。











その他の最新記事

すべて表示

本日2016年2月18日のこの更新を以て千葉発日台共栄ブログは更新を停止し、廃止する事を決定いたしました。 2007年3月11日に誕生以降8年11か月余りにわたって多くの方々のご支援と激励を頂きつつ継続する事が出来まして心 ...すべて表示すべて表示

私が台湾に興味を持ったきっかけは日本語世代である。 外国人で日常的に日本語を使う人がいるのかということが不思議だった。 縁あって日本李登輝友の会に入り、2006年2月の天燈祭りツアーの時に南天斉下宮を訪問 ...すべて表示すべて表示

新年快楽・・・台湾では今日が旧正月・・・と言いたいところですが、6日未明に起きた台湾南部の地震で25人以上が亡くなり、五百人以上が負傷しています。さらには100名近い行方不明者がいます。 やはりおめでとうという気持ちにはな ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事