ここから本文です

書庫全体表示

 
 大した内容ではないのですが、このショットがストライクだったのでアップ^^
 
 
 「가시」チャン·ヒョク"TJプロジェクト、一度で満足している」
 (爆笑)
 
 
イメージ 1
 
 
[TVレポート=ジョジヨウン記者]
俳優チャン·ヒョクが過去の歌手活動をしていたTJプロジェクトにしきりに思いを巡らせた。
 
サスペンスラブストーリー「가시」(キム·テギュン監督)で、学校内のすべての女子学生の羨望の対象、体育教師ジュンギを演じたチャン·ヒョクは27日午後TVレポートとのインタビューで、「私は10年に一度、新しいプロジェクトをしようとしている」と述べた。

1997年SBSドラマ 'モデル'でデビューしたチャン·ヒョク。デビュー17年目にした彼は、ドラマや映画の活動以外にも様々な分野の作品活動にエンターテイナーの力量を誇示した。2000年には、日月之愛というアルバムを発売して活動し、最近では「熱血男児」というエッセイ集を出版したりもした。

チャン·ヒョクは「私は10年に一度、新しいプロジェクトに挑戦する。そして、1回の試行で仕上げになる」と述べた。




特に話題を集めたTJプロジェクトについては、「当時、私は時代の先を行っているようだった。みんな10年を抜いたとするが、その程度ではなく、約2年ほど早かったようだ "と冗談を言った。彼は「TJプロジェクトは、一度で満足している。また歌手活動をする計画はない」と付け加えて笑いを誘った。

「キム·スロが演劇活動を積極的に推薦したが、演劇をしてみるつもりはないのか」という質問に "舞台に対する憧れはある。でも今は映像を通じて映る感じにより魅力ある」と答えた。
 
 
   もう一つ
 
  「가시」チャン·ヒョク"「本物の男」下車、容易ではない
   決定だった」
 
イメージ 2
 
 
俳優チャン·ヒョクが最近降板したMBC '日夜 - 本物の男」に物足りなさをなぐさめた。
 
しばらくの間、芸能出演を自制していたチャン·ヒョク。最近、「本物の男」に出演して特別な芸能感と定石の軍生活を披露し、模範兵士に多くの視聴者の愛を受けた。
 
チャン·ヒョクは「本物の男」を振り返り、「物足りない気持ちより自分自身にヒーリングが多くなった時間だった」としきりに思いを巡らせた。
彼は "芸能をしたくて「本物の男」を選んだのではない。これまでの私の人生を振り返り、これからの未来に良い影響を与えたいと思った。絶対面白半分で参加したわけではない。下車も誰よりも慎重であった容易ではなかった」と答えた。
 
続いて、"三十という年齢で軍隊を迎えたが、その時の時間を考えたいと思った。ところが、いざ「本物の男」に入った時大変だった。男なら誰もが共感するだろうが、再軍隊生活をするというのは簡単ではない」と冗談を言った。

「「本物の男」で出会った同期たちとはまだ連絡して過ごすのか?」という質問に「最近は(連絡が)できなかった。「가시」の撮影をしたときに休暇で出てきた兵士たちを招待したことはある」と説明した。

가시」は、平凡な日常を生きていた人に訪ねてきた不屈の少女と始まった愛という名の残酷な執着を描いたサスペンスメロだ。チャン·ヒョク、チョボアが加えた「裸足の夢」「彼岸島」「クロッシング」「百万長者の初恋」「火山高」を演出したキム·テギュン監督がメガホンを取った。来る4月10日封切り予定だ。

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事