F&Lシカゴのブログ・・・靴屋のつぶやき

足のサイズを計測する、ちょっと変わった靴屋の感じたことです。

全体表示

[ リスト ]

定休日・東京出張

こんにちは。 http://www.fandl-chicago.shop-site.jp/ 
 
千葉市中央区で、足のサイズを計測する靴店を営業している、
 
F&Lシカゴの日原健一(ヒハラケンイチ)です。
 
 
 
夜半から午前中に、台風が近づきました。
 
初めは、雨。
 
あとから風。
 
何もできません。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
 
飛行機、電車、高速道路・・・・交通機関もお手上げです。
 
 
ケガや事故はありませんか。
 
まず、無事が何よりです。
 
 
 

きのうの定休日は、来年の春夏商品の展示会で、東京・王子に行きました。
 
バス、JR、歩きで、約130分。
 
ここのところ、Dワイズの細い靴のお客様が続いてるので、
 
Dワイズの細い 「ヒールサンダル」 を、注文。
 
足の細い方は、靴も合わないけど、サンダルも合わなくて苦労しています。
 
指先が前に滑って、指だけ汚れる・・・とか、指先のストッキングが破れる・・・・
 
なんて、お話を聞きます。
 
 
あと半年先に、喜んでもらえるといいなぁ・・・・
 
そんなイメージで、頼みました。
 

このメーカーさんは、自社で展示会を開催。
 
同じ建物の中で、靴を作っています。
 
いまどき貴重です。
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
の、メーカーです。
 
 
   ちなみに・・・・・・写真は、「さらう」 という作業です。
  
   手作りの革靴にしかない貴重な工程です。
 
 
 
 
 
 
 
いい機会なので、無理をお願いして、靴の製造現場を見学させていただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
ちょうど、F&Lシカゴで扱ってる靴を作ってました。
 
 
 
 
 
 
出来上がりは、こちら。  http://www.fandl-chicago.shop-site.jp/lp-kikuchitakeo.html
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
裏地の様子がよくわかります。
 
一般的に、 「革靴」 と言うと、表地は革ですが、裏地は布や合成皮革だったり、なかったりします。
 
でも、このメーカーさんは、
 
表地はもちろん、裏地も 「革製」
 
さらに、
 
裏地には、つぎはぎのない、一枚の大きい革を使って、
 
足をくるむように、包み込むように作っています。
 
だから値段もするんですけど・・・・
 
それ以上に、履き心地がいいんです。
 
足になじんで、身体の一部のようにして歩けます。
 
 
 
 
 
本当は、カメラマンになって、製造現場の写真をもっと撮影して、お客様に伝える・・・・のが目的でした。
 
でも、見ているうちに、楽しくなって、撮影を忘れて、見入ってしまいました。
 

ものを作るって、すごいですね。
 
人が一生懸命に作業してる姿は、すごいですね。
 
 
魔法かもしれません。
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事