F&Lシカゴのブログ・・・靴屋のつぶやき

足のサイズを計測する、ちょっと変わった靴屋の感じたことです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全348ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

こんにちは。 http://www.fandl-chicago.shop-site.jp/ 
 
千葉市中央区で、足のサイズを計測する靴店を営業している、
 
F&Lシカゴの日原健一(ヒハラケンイチ)です。



昨日は、エアコンのフィルターの掃除。

毎日フル回転なので、ゴミや綿ぼこりを吹き飛ばします。

暑い日が続きそう。

エアコンにもうひと踏ん張りしてもらわないと。

落ち着いてゆっくり試着して、履き比べていただけるように、

陰の主役です。




好きなのはこっちの靴・・・・

歩きやすいのはそっちの靴。。。。。。。。。。。。。。。。。



ある日のお客様。

冷静ですね。


好き、嫌い。

良い、悪い。

足に合う、合わない。


いろいろな基準があります。


F&Lシカゴで販売してる靴は、いい靴です。

でも、誰にでも合うとは限りません。

合う方もいるし、合わない方も。


相性のいい靴、歩きやすい靴、足に合う靴・・・・・

足のサイズを計測しても、

大丈夫、良さそうって、

ご本人の手ごたえが一番です。

落ち着いて、ちょっとだけ時間をかけるとみつかります。




迷っていたお客様、好きな靴は次回にして、

歩きやすい靴をゲットしていかれました。






この記事に

開く コメント(0)

こんにちは。 http://www.fandl-chicago.shop-site.jp/ 
 
千葉市中央区で、足のサイズを計測する靴店を営業している、
 
F&Lシカゴの日原健一(ヒハラケンイチ)です。




今朝、新聞を広げたら目に入りました。



きっちり足に合った靴さえあれば、

じぶんはどこまでも歩いていけるはずだ。


 読売新聞日曜版に掲載  名言巡礼  須賀敦子 「ユルスナールの靴」より







靴が合わなくて、どれだけつらい思いをしたんだろう。。。。。。。。。。。。。。



たくさんのお金と

たくさんの時間と

たくさんの神経を

靴に使ってきたことが、短い文章のあいだからにじみ出ています。




それほどまでしても、足に合った靴が手に入ればむくわれるのですが・・・・・・・・



大変だったでしょう!!

苦労しましたね!!

直接、声をかけたいくらいです。





明日21日(月) あさって22日(火)  定休日につき

お休みさせていただきます。


この記事に

開く コメント(2)[NEW]

革靴に水分は大敵。

こんにちは。 http://www.fandl-chicago.shop-site.jp/ 
 
千葉市中央区で、足のサイズを計測する靴店を営業している、
 
F&Lシカゴの日原健一(ヒハラケンイチ)です。


千葉は午前中にゲリラ豪雨。

滝のように、たたきつけるように、雨が降りました。

雨は上がりましたが、湿度もいっしょに上がりました。

梅雨時のような、ムシムシした重たい空気です。


革靴で、出かけて、雨に降られて・・・・・

そのまま靴箱にしまうと・・・・・・

出してみたら、カビ!!

そんなこともあります。


革製の靴にとって、水分は大敵。

シューズボックスや靴箱にしまう前には、風に当てて乾燥させましょう。

雨や水に濡れることは、そんなに気にしなくても大丈夫ですが、

濡れたまましまって、風が当たらなくて、密封するのは心配です。


晴れた日の日陰で、乾いた風を当ててあげる陰干し。

これができると革靴にいいのですが・・・・・

しばらくおあずけのようです。




そろそろ夏の疲れが出るころです。

ひと息入れるのもいいかもしれません。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]


こんにちは。 http://www.fandl-chicago.shop-site.jp/ 
 
千葉市中央区で、足のサイズを計測する靴店を営業している、
 
F&Lシカゴの日原健一(ヒハラケンイチ)です。



今日17日から営業再開です。



先日のお客様。

パンプスのかかとがパクパクしてお困りでした。

指先がギュッとなって痛い・・・・

その割にはかかとがパクパクして、疲れるし、足が痛い。。。。。。。。。。。。。。


足のサイズを計測して、良さそうな靴を選んで、おすすめ。

試着していただきました。

  かかとがはがれない靴、初めて!!!

  気持ちいいかも!!!

そう言って相性のいいパンプスを選んでいかれました。



人の足には片足で26個の骨があります。

26個の骨、すべてが歩く為の役割があります。

中でも靴に関係が深いのが、かかとの骨・踵骨 ( しょうこつ )


足のかかとは、

頭のてっぺんからかかとまでにかかる垂直方向の体重や衝撃をすべて受け止めて、

水平方向に変換して、吸収します。

吸収した衝撃を、土ふまずのアーチを通じて、歩く力に変える大切なポイントです。

ここがグラグラしたり、すきまがあったりすると、スムーズに歩けません。

地味だけどとても大切な場所です。


イメージ 1



イメージ 2

こんな芯が入っています。

固くてしっかりしてるけど、痛くはない・・・・

メーカーさんの腕の見せ所ですね。



靴のかかとの芯がすきまなく足をサポートしてくれると、歩き心地がいいんです。

かかとの芯が広がらないように、

つぶれてやわらかくならないように・・・・

手助けしてくれるのが靴べらです。

特にヒールのパンプスでは大切です。


イメージ 3

かかとを後ろから見たところです。

上の方、足を入れる履き口が狭くすぼまっています。

すきまなくぴったりフィットするように、かくれた工夫です。


パンプスをはくときに、さっと履けるから靴べらは要らない・・・・

そんな方もいるかもしれません。

歩き出してちょうどいい靴、痛くならないパンプスは、

はくのがちょっと大変。

余分なすきまが靴と足の間にないので、靴ベラの助けが必要です。

靴べらなしでパンプスがさっと履けるということは、

歩き出すと指先がギュッとなったり、かかとがパクパしたり、

痛くなったり・・・・

楽なようでゆるすぎて、かえって足を傷めるかもしれません。

ゆるい靴で外反母趾になる方、増えています。


今はいてる靴がちょうどいいか気になったら、

お気軽にご相談ください。



この記事に

開く コメント(0)

こんにちは。 http://www.fandl-chicago.shop-site.jp/ 
 
千葉市中央区で、足のサイズを計測する靴店を営業している、
 
F&Lシカゴの日原健一(ヒハラケンイチ)です。


足と靴のお悩み相談・計測会にはたくさんの方にご来店いただきまして、

ありがとうございます。

お待たせしてしまった方、ごめんなさい。


計測だけなら機械で速くできるのですが、

お客様の困ってることをお聞きして、

サイズを計測して、

計測結果を分析して、

お悩みの原因や解消法をご説明して、

相性の良さそうな靴を選んで、

試着して、

はき比べて・・・・

どうしても時間がかかってしまいます。


また次の機会をご利用くださいませ。






8月13日から16日までお休みさせていただきます。

この記事に

開く コメント(0)

全348ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事