ここから本文です
ブログ始めました!

書庫全体表示

プーチン大統領は、北方領土を日本には返さない!と、始めから言っていていました!がそれは有り得ない!日本は天皇が全面降伏をした事で、太平洋戦争が終わり、サンフランシスコ条約で、「日本の領土は、太平洋戦争前に有った、全て元の通り、日本に返還される!」という条約が成立されました!アメリカも沖縄まで全て返してくれました!ロシアだけが未だに北方領土に居座って返してくれません!ロシア歴代大統領は返還したくないが、日本の要求に弱気で、徐々に返す行動をしてきました。でも、プーチンは急に強気になり、何年か前に騒ぎ立て始めました!プーチンが、自分にとって得な、欲深なアイディアを発見した、打ち出したのです!騒ぎ喜んだのです!「そうだ!国際的に太平洋戦争の終戦日はポツダムで敗戦を認め調印した9月2日だ!だから、8月15日の天皇の全面降伏を宣言した時に、我が国土、北方領土になだれ込んだのだから、まだ戦時中である。だから、ロシアの領土である!」とプーチンが力説始めたのです!本当は世界中のルールで、戦争に負けました!と宣言すれば、武器おさめなくてはいけないのです!それをロシアだけ、当時からヨーロッパの諸国がロシアをずるい国だ!と嫌っていた様に、日本が全面降伏を宣言した時に日本領土になだれ込んで、今声高く言い始めたのです。始め、世界に恥じて、歴代ロシア大統領は弱気だったのですが、少し前の年の打ち出した“プーチンのこの悪知恵アイディア”にロシア国民は乱痴気騒ぎをしたわけです!呆れた主張ですが、プーチンはさらに強行し始めました!ロシアの貧しい国民にただ同然で北方領土の土地を与え、施設まで用意して、越してくるロシア人に住まわせ、ロシア人民が住んでいる権利を造り力を入れて始めました。アメリカは、これを見て、日本をあい入れず、独自で、プーチンに何らかの脅しをかけて、プーチンに譲歩させ、アメリカに不利を与えぬ様、約束させ、帰って行きました。「日本は日本でやれ!」と言う交渉で、これでロシアは反則行為を引きずったまま、北方領土を我が物に強行したのです!日本の報道社会の中で、この時のアメリカに対し、“日本に冷たいアメリカ“という論評を出したりしてました。そのまま2万人も北方領土に移住させ、それに今回、日本企業も北方領土開発協力しようという事に、疑問を感じていました。はっきり日本に返さないと謳っているのだから、速やかに踵を返して、日本企業に負債を押し付けられないうちに、友情による交渉を撤回してほしいと願っていたのです。そして今日のロシアでの会議では、したたかな中国との蜜月振りを安倍首相の前でも見せ付けた映像を見せてくれてます。中国の一路一帯資金なら、こんなに甘い汁が出ないでしょう。日本は「ロシアよ、サンフランシスコ条約を厳守せよ!条約通り、戦争前の日本領土を返せ!サンフランシスコ条約を守れ!」とプーチンの解釈は違っています!!その隙に侵入して居座るとはズルくて許せません!」と国際法に守ってもらわないと、困ります!こうした、未だに国際法に違法行為を続行しているロシアを提訴して「ルール違反で居続けているこの地を、工事ストップさせ、正規領土の日本に返せ!」に変えてほしいです。

北方領土からパールハーバーに一直線で航海出来るポイントでもある地点なのです!るいるいと伝えてくれていたNHKスペシャルの或る特集では、日本のパールハーバーの宣戦布告状を渡した後に、日本の奇襲攻撃が始まるのを、ロシアも知らされていて、この北方領土から一直線でパールハーバーに寄港して始まるのを待っていた!というロシアの公文書館に航海記録が残っている出発ポイントでもあるのです。北方領土は…!

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事