智弘院ブログ

千葉九十九里浜のお寺です。お題目の信心によって、心も生活も立て直し

全体表示

[ リスト ]

合掌

合掌
 
神仏に合掌すれば信心となり 
父母に合掌すれば孝行となり 
お互いに合掌すれば平和となる
 
 

「合掌」してますか?

宗教っぽくて、恥ずかしいですか?
 


「ありがとう」と感謝の気持ちを込めて。
「ごめんなさい」と謝罪の気持ちを込めて。
「お願いします」と頼みごとなど。
相手の中の「こころ」に合掌。

 

「いただきます」「ごちそうさま」
食材の中に「いのち」に合掌。


相手の中に「仏さま」を見出し

生かされている「いのち」に手を合わせる。


お互いがお互いを敬い合い
いのちの尊さを感じ
社会を明るくする合掌
 
 
人前で堂々と合掌できるか?

 
イメージ 1

法華経に、人々を礼拝し続けた一人の菩薩「常不軽菩薩」が説かれます。
この方は、
この世に存在する皆が仏の子であり
一人ひとりのなかに仏がいるのだ
 
というお釈迦さまの教えを信じました。
そして、
どんな職業の人にでも
どのような地位や身分の人にでも
全て分け隔てなく
「あなたは仏になる人です」
と合掌をしたのです。
 
ときには、悪口を言われ、棒で打たれ、
石を投げつけられることもありました。
 
それでも、決して怒ることなく、
さらに強く「あなたは仏になる人です」
と合掌礼拝を続けられたといいます。
 
このようにどんなときにも、
全ての人に、敬いの気持ちを表し続けたことから、
「菩薩」と呼ばれるようになったのです。
 
 
人はもちろん、動物にも草木にも大地にも「いのち」があります。
この「いのち」を、
遥か昔から脈々と受け継がれてきたものと受け止め、
「ありがたい」と、敬いと感謝の思いを込めて手を合わせることが、
「合掌する」ということです。
 
 
考えてみますと、私たちが昔から使っている
「もったいない」
「ありがたい」
「おかげさま」
という言葉も、同じような心が込められたものだといえます。
 
全ての「いのち」に感謝と尊敬の思いを込めて合掌する。
ぜひこの心を忘れずに生きていきたいものです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事