智弘院ブログ

千葉九十九里浜のお寺です。お題目の信心によって、心も生活も立て直し

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全135ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

理想の夫婦

夫婦
 
夫婦とは運命共同体。
最も近くに生きる関係だからこそ難しいものですね。
 
日常の生活は
「どうして私ばかりが」
「疲れているんだよ」
「もっとこうしてよ」
「好きにさせてくれ」
というイライラや不満、思い通りにならないことばかり。
 
女性は
ゴミ出しや食事の片付けをしてくれるだけでも助かる
女性が家事・育児することが当たり前だと思わないでほしい
 
男性は
具体的に何をしたらよいのか分からない
帰宅時間が遅いから、協力できることが少ない
仕事に全力を注ぐのが男なんだ
 
と、それぞれの思いがあるようです。
お互い協力し合える関係が望まれます。
 
子育てを手伝う育児男子を「イクメン」と言うようですが、
育児をする男は「父親」と言うものです。
子として、親として、伴侶として、それぞれの顔があります。
 
 
イメージ 1

 
「理想の夫婦」って、どのようなものでしょうか? 
 
経典には、
お釈迦さまから「夫婦のお手本」と褒められた二人がいます。

ある国の長者の家系で、お互い年若くして結婚した夫婦がいました。
子供が生まれた後は、息子の名前にちなんでナクラマーター(ナクラの母)、ナクラピター(ナクラの父)と呼ばれていました。
 
二人は自宅にお釈迦さまを招き、そろってこう訴えたこともあります。
 
「私の伴侶がこんなにも素晴らしい人だとは思いませんでした」
「生まれ変わってもぜひまた一緒になりたいのですが、どうすればいいのでしょう」。
 
このような質問が出るほど、仲の良かった夫婦ですが、
あるときナクラピターが重い病にかかり、いよいよ危篤となりました。
 
しかしナクラマーターは取り乱すこともなく、気丈にも夫をこう励ましました。
 
「あなた、ほんの少しでも心配や憂いの心を抱えて死なないでください。思いを残さないで。そんな気持ちで逝くのは、一番惨めで苦しい死に方です」
 
「あなたは自分が亡くなったのち、私がちゃんと家を守れるか、子供を養えるか心配でしょう。でも私は綿を紡ぐのも、羊の毛を刈って編み物をするのも上手です。ちゃんとこの家を営んでみせます」
 
その後も、「私が他の人と再婚しないか心配ですか」
「私がちゃんと信心を保てるか、戒を守れるか心配ですか」
と、一つ一つ夫を思いやり、言葉を掛け続けました。
 
話を聞き終えるころ、ナクラピターは亡くなるどころかすっかり回復してしまったそうです。
 
後に、お釈迦さまはこのいきさつを聞いて感嘆します。
 
「ナクラピターは果報者だ。これほど慈しみが深く、心を健やかにさせるだけでなく、智慧をも授けることができる妻を得られたのだから」。
 
 『南伝大蔵経』より
 
夫を失うショックや嘆きより、
「安らかに逝かせてあげたい」という思いやり。
相手の苦しみを和らげたことで、
自分自身の苦しみをも和らげる結果を招きました。
 
夫婦和合
一緒に生きる時間の中で、
お互いに慈しみ、
苦悩を和らげ合い、
心を育み合うことができたら
なんと素晴らしいことでしょう。
 
日々の感謝の心。
ありがとうが大切ですね。

報恩

報恩謝徳(ほうおんしゃとく)
 
よく「御会式に参詣しない者は日蓮信徒ではない!」

「1年365日、寺院に参詣してもお会式に参詣しなければ何にもならない」 

などと、言われるほど日蓮聖人の信徒にとって大切な行事が御会式です。
 
イメージ 1

イメージ 2


御会式は、聖人の御命日弘安5年(1282年)10月13日頃を中心に行われる法要です。
 
特に東京都の池上本門寺は最大級の御会式で、夜通し行われます。

イメージ 3


供養の行事といっても堅苦しいものではなく、出店や太鼓、笛、纏が出たりするので、どんちゃん騒ぎをする行事です。

特に盛り上がるのは、1012日夜7時頃から万灯(まんどう)練供養です。

イメージ 4


池上駅から池上本門寺までの約2km間、100を超える講中が各地から、万灯と呼ばれる燈籠提灯を振りかざし、お囃子にあわせて練り歩きます。
 
 
冒頭の「報恩謝徳」ですが、
恩に報いることや、恩返し、恩徳に感謝することを意味する言葉です。
 
仏法では、
私たちが縁する一切のものに対して恩をしり、
恩を報(ほう)ずべきことを説いています。
 
 
私たちは「自己のものさし」を頼りとして、「こうありたい」「こうなるべきだ」という、のぞみのとおりになることが幸せであると思っています。
 
 
しかし、その「自己のものさし」によって、私たちはいのちの価値を自ら決めつけ、その価値に縛られ一喜一憂し、ときに争い、ときに人生の意味を見失い、いただいた大切ないのちを空しくすごしてしまうことがあります。
 
 
日蓮聖人は、人生の本当の依り所は、自己のものさしではなく、お釈迦さまの教えに触れ、自らの中にある仏心をあきらかにすることを教えてくださいました。
 
迷い、孤独、不安、絶望から、自己の仏心に気付き、自分を信じ、いのちあることを喜び、また互いにいのちを喜び合う生き方。
 
聖人によって生きる喜びを見出し、人生を蘇らせた人たちが、聖人の御苦労と御恩に報いずにはおられないという気持ちから、皆で集い、聖人の徳を讃嘆する場が御会式です。
 
そして一年で最も大切な行事として、全国各地で今日まで勤められてきました。
 
昨夜は池上にお参りしてきましたが、智弘院の御会式は11月の1718日です。
初めての方や、お一人でも、ご友人、ご家族とご一緒でも、どなたでもお参りいただけます。
 

他人のことより

イメージ 1



眉は近けれども見えず自らの禍(わざわい)を知らず

日蓮聖人
 

 棚上げしていませんか?
 
自分を棚に上げて他人の文句や悪口ばかり言ってはいないか。

「自分は違う」と思ったあなた。

知らないうちに、気がつかないうちに、
「あの人、他人の悪口ばかり言ってるよ」
なんて陰口を言われているかもしれません。
 
「棚上げ」
 

悪口、文句は「対象となっている人」がいて成立します。
「無視」出来れば悪口も文句も出ないわけです。

 
相手にしなくてよい人の相手をしてしまう感情。
無視すればいいのに、それができない。
そのために自分にストレスが溜り、文句となって出てきます。
困った人に悩まされるという方は、過去に家族などの中で心無い態度をとる人がいて、そのことで心を痛めてきているというトラウマ的な要因もあるのかもしれません。
 
不安から、同調してくれる仲間を作りたいという人もいます。
悪口や陰口を言いたいと思っている人は、共感してくれる人を欲しています。
「あいつのここが嫌い」という話をして「そうだそうだ」と。
一緒に盛り上がりたいと思っていますよね。
 
同調しないと不機嫌になって、今度はその人をターゲットにして周りに悪口を言ったりしだすので厄介ですよ。
 
他人の悪口や陰口をむやみやたらと口にする人の心理には、プライドが高い自分の事を褒めてほしいという欲求、願望があります。
 
普段から不満を抱えている人や失敗続きな人、将来に不安を持っている人などは悪口や愚痴などを言いやすくなります。
よく悪口を言う人は
、自分に自信が持てず、どちらか言えば劣等感に陥っていて、

なのにプライドは人並み以上、狭い世間の中で生きているが人が多いようです。

悪口や陰口を言う人は、めぐり巡って自分に返ってきます。
その人自身が嫌われます。
 
口は禍の元。
他人のことより、自分の行いを正しましょう。


先日の朝がゆ会の様子
イメージ 3

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8



【坐禅×ヨガ×薬膳朝がゆ会@大網白里】

今週の日曜日 
朝の3時間

美容と健康の朝がゆ会
お寺で朝活、デトックス!

休日の朝
非日常体験で心身を浄化しませんか?


画像に含まれている可能性があるもの:コーヒーカップ
家でお札やお仏壇を置く場所と方角について
 
イメージ 1


お仏壇というのは、仏さま(ご本尊)をお祀りするところです。
御本尊を祀るのは、信心をもって日々祈るためです。
 
何を祈るかといえば、ご先祖さまにご供養をして感謝し、仏さまの教えに触れ、家族の信仰を深めていき、家内安全や繁栄、無病息災などを祈ります。
 
どのように祀るかといえば、ご先祖さま、先祖代々の位牌を安置して、お線香、ろうそく(灯明)、お花、お水、お茶、ご飯、お菓子、果物などのお供物を適宜お供えして、御本尊に経典や題目を唱え祈ります。
 
場所は、家族のよく集まる所が良いと思います。

いつもきれいに掃除して、家族が毎日お参りすることが大切で、ご飯やお水、お茶を供えたりするのに便利なところがよいでしょう。

御本尊を拝む時に、目より高い位置にあるようお祀りするのが良いです。
 
お仏壇には、他の宗教のお札などを入れたり、仏壇の上にものを置いたりするのはよくありません。
 
方角は、東と南向きが良いとされています。
東と南は陽で、西と北は陰になります。
 
南は「夏・正午」であり、成育、地位、名誉、権威などを暗示し、東は「春・朝」で希望、理想、気力を暗示する方角であるとされます。
 
しかし、昨今の住宅事情もあるでしょう。
ふさわしくない場所、悪い方角は、祈祷やお札によって対応することもあります。

何より大切なのは、御本尊を心より信仰することです。
御本尊・ご先祖さまへお仕えする気持ちが、幸福、成仏への道です。

全135ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事