智弘院ブログ

千葉九十九里浜のお寺です。お題目の信心によって、心も生活も立て直し

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

七草がゆ

17日は、「人日の節句」。

七草がゆをいただきました。

イメージ 1


 
古代中国では7日は人を大切にし、刑罰を与えない日とされており、「七種菜羹」(7種の菜が入った吸い物)を食べていたことから、そこに平安時代の粥を食べる宮中行事が結びついたといわれています。
江戸時代に人日の節句が幕府の公式行事になり、庶民にも定着しました。
 
七草は「七草ばやし」の歌とともに大きな音を立てて刻みます。
鳥追いの行事が七草に結びついた呪詞です。
 
七草粥を作る時に家長や歳男が囲炉裏のそばで恵方に向かって、まな板の上に七草をそろえて、すりこぎ・金火ばし・包丁を持って交互にまな板を打ちながら
 
♪唐土(とうど)の鳥が 日本の土地に 渡らぬ先に ・・・♪
と、その地方地方によって歌詞が違いますがにぎやかに歌いながら、農作物を食い荒らす害鳥獣を追い払い、五穀豊穣を願う行事です。
 
「七草」の効能
■ 芹(せり)=「競り勝つ」

ビタミンCやミネラルが豊富。解熱効果や胃を丈夫にする効果、整腸作用、利尿作用、食欲増進、血圧降下作用など、様々な効果があります。

■ 薺(なずな)=「撫でて汚れを除く」

利尿作用や解毒作用、腎臓と肝臓を整えます。高血圧の予防に止血作用、胃腸障害やむくみに効果があります。

■ 御形(ごぎょう)=「仏体」
たんぱく質やミネラルが豊富。風邪予防や解熱効果、痰や咳に効果があります。

のどの痛みもやわらげてくれます。

■ 仏の座(ほとけのざ)=「仏の安座」
葉の丸い形が蓮の花に似ている。高血圧予防。胃を健康にし、食欲増進、歯痛にも効果があります。

食物繊維が豊富です。

■ 菘(すずな)=「神を呼ぶ鈴」

かぶのことで、葉はカルシウムやカリウム・ビタミンが豊富。胃腸を整え、消化を促進します。しもやけやそばかすにも効果があります。
 

■ 蘿蔔(すずしろ)=「汚れのない清白」

大根のこと。ビタミンC、鉄分、食物繊維が豊富。消化を助けて風邪予防。美肌効果にも優れています。
 

■ 繁縷(はこべら)=「反映がはびこる」
止血・利尿作用があり、歯痛・消炎効果があります。
 
 
 
おせち
 
お正月というのは、家々に訪れる年神様をお迎えし、昨年の実りと平穏に感謝して、新年の豊穣と平安を祈念する行事です。
 
おせち料理は、神様にお供えする食事で、正式には『節供(せちく)』といいます。
元旦から7日までが松の内で、年の暮れに松飾り(門松)を立ててお迎えした年神様に滞在していただく期間です。
 
 
おせち料理は、「めでたさを重ねる」という意味で重箱に詰められます。

各段ごとに詰める料理が異なり、素材や料理に込める意味があります。


一の重:祝い肴(ざかな)・口取り

重ねた時に1番上にくる「一の重」には、祝い事にふさわしい祝い肴と口取りを詰めます。口取りとは、かまぼこやきんとんなど酒の肴になる料理のことです。


数の子

二親(にしん)の子に通じ、卵の数が多いことから「子孫繁栄」を願う縁起物とされています。

田作り

片口イワシを農作物の肥料として使った田畑が豊作になったことにちなみ、五穀豊穣を願います。

黒豆

黒く日焼けするほどマメに、勤勉で健康に暮らせるようにとの願いが込められています。

たたきごぼう
地中深くに根が入っていく牛蒡のように、深く根をはり繁栄することを願います。
 
紅白かまぼこ

赤は魔除け、白は清浄の意味があります。

伊達巻

形が巻物に似ているため、知識が増えるようにとの願いが込められています。

昆布巻き

「こぶ」は「よろこぶ」に通ずるとして、縁起が良いとされています。

栗きんとん

栗は昔から「勝ち栗」と呼ばれる縁起もの。きんとんは「金団」と書き、黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願う料理です。

ちょろぎ

「長老喜」「千世呂木」と書き、長寿を願います。

錦玉子
黄身と白身が金と銀に例えられ、二色(にしき)が錦に通じます。
 
 
 
二の重:焼き物

「二の重」は、縁起のいい海の幸を中心に焼き物を詰めます。

ぶり

ぶりは大きさによって名前が変わる出世魚なので、出世を願います。

めでたいに通じます。赤い色が慶事にふさわしく、堂々とした姿で、傷みにくく味も格別な鯛は、ハレの食卓にふさわしい魚として好まれました。

海老
長生きの象徴です。えびのように腰が曲がるまで長生きすることを願います。
 
 
 
三の重:煮物

山の幸を中心に、家族が仲良く結ばれるように煮しめを入れる三の重。

れんこん

穴があいていることから、将来の見通しがきくようにと願います。

里芋

子芋がたくさんつくことから、子孫繁栄を願います。

八つ頭

頭となって出世をするように。また、子芋がたくさんつくので子孫繁栄を願います。

くわい

大きな芽が出てめでたい。また、子球がたくさんつくので子孫繁栄を願います。

ごぼう
根を深く張り、代々続くことを願います。
 
 
 
与の重:酢の物・和え物

忌み数字とされている「四」は使わず、「与の重」とします。日持ちのする酢の物などを詰めます。

紅白なます

紅白でめでたく、祝いの水引にも通じます。また、根菜のように深く根をはるようにと願います。

菊花かぶ

冬が旬のかぶを、おめでたい菊花のように飾り切りしたもの。紅く染めて、紅白の酢のものに仕立てることもあります。

小肌栗漬け
出世魚の小肌で、将来の出世を願います。粟はクチナシで黄色く染め、五穀豊穣を願っています。
 
 
 
五の重:空(好きなもの)
年神様から授かった福を詰める場所として空っぽにしておくか、家族の好物や予備の料理などを入れるそうです。
 
 
日本には行事があります。
日々の忙しさや生活、仕事で余裕がないという方も多くおられます。
しかし、身体、健康があってこその人生です。
疲れた胃腸を癒やす食材、古くから伝わる伝統に思いをよせつつ、日々の食事と向き合えたらと思うのです。

書初め凧

平成31年の始めの寺子屋は書初め

書き初め凧です。
イメージ 1


子供たちは何書くのでしょう?

それぞれに今年のテーマを1文字の込めました。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 5


お経をあげて1年間のご祈願です。

発育増進、身体健全、学業成就など。
子供たちの健やかな成長を祈りました。

加持祈祷

三が日、新年のご祈祷も無事終わりましたが、節分までは、本年度のご祈祷が続きます。

 
日蓮宗のお坊さんの修行に、百日荒行というものがあります。

イメージ 5




正中山遠壽院(千葉県市川市)では、三代住職日久上人が元禄年間(一六八八〜一七〇四)一千日の荒行を満行し、荒行満行者に伝授する「祈祷相伝書」を著し、「荒行堂」の結界の中に参籠して修行することを制定しました。

荒行僧は剃髪し、清浄衣(しょうじょうえ)という麻の袈裟衣(僧侶の死装束)を着して毎年十一月一日に荒行堂の瑞門(ずいもん)をくぐると翌年二月十日の満行まで、一切俗界との縁を断たねばなりません。


イメージ 2


 
日々の修行日課は厳格で、午前三時の水行に始まり、深夜十一時まで一日七度の水垢離をします。
その他の時間は鬼子母神を奉安する読経堂に端座して法華経読誦三昧に入ります。
イメージ 1


 
食事は一日二食で、五分搗()き粥と味噌汁といった精進食。睡眠時間は三時間弱。
 
修行僧は水行、読経と「行」に専心し、潔斎することにより体質が改善され、声道が鍛えられ念道が開発され諸霊気との感応が強化されるのです。 

イメージ 3




欲望の根幹である自己の肉体を死に至らしめるに近い「行」を課すことにより、懺悔滅罪の念が自生し、神仏との感応道交(どうきょう)を実現するに至ることが、荒行修行の重要な目的です。

 
「霊気」というものにも諸段階があります。
「怪病(けびょう)」という、人々に傷害をもたらしたり、憑依をなす邪霊気(邪気)と呼ばれるものがあります。
このような邪気を退散し、教化得道せしめるための加持祈祷を修することが日蓮宗の祈祷です。
 
祈祷法具に剣形の「木剱(ぼっけん)」と呼ばれるものがあります。
「剣形」に象徴される法具は日蓮宗祈祷に留まらず、修験道、神道行法を通じて重要な意味があり、行者の念力放射という加持祈祷を修する場面において、最も多く使用されるものです。

イメージ 4




 この木剱は、行者擁護、衆怨退散、衆生救済の法華経の加持要文が記されていて、独特な「九字」を切りながら加持祈祷を修します。


イメージ 6


 
荒行僧の加持祈祷 


非礼を享けず

明けましておめでとうございます。
 
初詣
イメージ 1
九十九里浜の初日の出


初詣といえば、神様にお願いごとでしょう。

「今年はいいことがありますように」
「理想の人と出会えますように」
「一年間、病気せず健康でありますように」
 
お願いすることで、自分自身が何を望むのか確認できます。
求める幸せも見えてきます。
 
それならば、初詣は心構えとして、一年の目標を定める日。
つまり、為すべきことへの確認であり、覚悟を決める日にしたいものです。
 
 
為せば成る
為さねば成らぬ何事も
成らぬは人の為さぬなりけり
 
 
天は自ら助くる者を助く
 
と言います。
天は、他人に頼らずにひとりで努力する者を助けて幸福を与えるといいます。
果報をまっているのはやめて、自分の人生、自分自身で切り開く努力をする。
 
そうしていれば、必ず助けてくれる人が現れるものです。
それが、神様のお使いです。
 
初詣は、依存心から決意にいたしましょう。
 
 
そして、神仏の前では「礼」が必要です。
 
【神は非礼を享けず】
(かみはひれいをうけず)
 
と言います。

礼にかなった正しいやり方でなければ、神は受け入れませんし、道にはずれたことを願っても聞き入れてくれないということです。

非礼とは「礼」に「あらざる」こと。
つまり、本来「礼」があるべきなのに礼儀に背いている状態で、神様は御立腹です。

 
「ボーっと生きてんじゃねーよ!」
と、チコちゃんに叱られてしまわぬように、神仏の御加護、本当の御利益というものをいただける生き方、振舞いを知りましょう。

言葉

「人は口の中に斧を持って生まれてくる」 

イメージ 1

言葉
 
心のバランスが悪い、崩れているとき、
仏教では、心では立て直せないと教えています。
 
意識の調子の悪さを、意識的にコントロールはできないということです。

では、どうやってバランスを取り戻すかと言えば、「言葉」と「呼吸」を教えています。

「呼吸」は、瞑想、坐禅などで心身を調えます。
 

「言葉」は、言葉をいかに使うか、どれほど自覚的に使うか、いつ使うか、誰に使うかなど、とても注意を払うように教えます。
 
 
お釈迦さまの説かれたお経の中には
「人は口の中に斧を持って生まれてくる」
とあります。
 
言葉というのは、簡単に「人を傷つけるもの」ということです。
 
言葉はよほど気をつけない限り整いません。
言葉が整わないということは、そこに「苦しみが生じる」ことになります。


言葉には力があります。

呪術性があります。
 
言葉を整えないと、自分で自分に呪いをかけてしまい、
自分で自分の首を絞めることになります。
 
 
愚痴や文句が多くなっていませんか?
 
マイナスの言葉を使っていればマイナスな気持ちに支配され、

マイナスな気持ちであればマイナスな言葉が出てきます。
どちらが先でどちらが後という事はありませんが、時に会話の相手の気分を害してしまうことがあります。

 
「何か面白い事ないかなぁ。何をやっても面白くない」
「仕事がつまらないなぁ。正当に評価してくれない」
「それなりに美味しいとは思うけど、この値段にしたら・・」
 
 
何かにつけて文句・不平・ケチが多い人の心の内側には。
 
 

悲観的気持ちがもとで、何処に行っても、誰といても、何をしていても、物事の負の面から一面的にアプローチしてしまう人がいます。

全ての事柄は表裏一体であって、長所は短所であり、短所は長所となり得ます。
年齢と経験を重ねれば理解できてくるはずの真理に気付く事が出来ず、物事の良い面にスポットを当てて考える事が出来ない状態です。

 
 
 

幼児性がある人は、何かにつけて文句を口にして、周りから人が居なくなっていきます。頭の良い事をアピールしたく、周囲がどのように感じつつ自分の言葉を聞いているのかには考えが及びません。
「文句が多い自分を受け入れて」「優しく甘えさせて」といった、甘えの気持ちが強くて、周囲にとっては迷惑なだけです。
「与えられるべきものが与えられない」「不当に扱われている」といった、自己愛の強さと主体性の無さもあります。幼児とは自己中心性です。

 
 
 
高い自己評価がある人は、冷静に客観的に自分を評価出来ず、自分の能力や可能性、潜在能力に具体的な裏づけのない高い評価を下しています。
「自分はこんな所にいるべき人間ではない」
「世が世なら・・」
「本当の自分を理解してくれる人が居ない」
「自分の能力を引き出せない周囲に問題がある」
 

自己肯定感が未来を拓くなどと言われますが、それは限られた場合の一時的な対処として必要なこともあるでしょう。
「あってしかるべき」と考える自分に対する周囲の態度と、実際の態度のギャップに納得がいかないと、不平や不満を募らせていきます。

 
 
「ありがとう」「幸せ」「美味しい」「嬉しい」「楽しい」といった、現状満足の言葉や、他者を想う思いやりの言葉、整えられた言葉によって、連鎖反応で心身も整っていきます。
 
「口は災いのもと」
今年一年の、煩悩、愚痴をキレイにお詫びして洗い流し、良い年を迎えましょうね。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事