智弘院ブログ

千葉九十九里浜のお寺です。お題目の信心によって、心も生活も立て直し

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

義理

へつらはず 
おごることなく 
争はず 
欲をはなれて 
義理をあんぜよ
 
烏丸光広『道徳問答』
 
「義理をあんぜよ」とは、義理を大切にせよ、という意味です。
 
 
年の瀬、お歳暮。
お寺の私も、お世話になっている方へのお礼の挨拶回りの師走です。
 
 
義理というのは、社会生活や対人関係において、ルールを正しく守ることです。
具体的には恩を受けた人には、必ずお返しをする、雇ってくれている会社には仕事で貢献し、住んでいる近所の自治会などに参加し、地域に還元する、家族や親戚の冠婚葬祭に参列するなどです。
そういうことをしっかりできる人を「義理堅い人」といいます。


イメージ 1


義理と人情を秤りにかけりゃ 義理が重たい 男の世界
これは唐獅子牡丹、任侠の世界を生きる主人公の言葉です。
 


しかし人によっては、しがらみや立場上、仕方なく行なうこともあるでしょう。

「義理で参加する」とか「義理チョコ」もありますね。
 
人情とは、読んで字のごとし人としての情けです。
義理とは違い、社会や立場やしがらみなどとは関係なく、自然な流れで心に湧き上がってくる感情のことです。

困っている人を見れば、誰でも助けてあげたいという気持ちはあるでしょう。しかしそれを実行することは、なかなか難しいことです。目の前に助けて欲しい人を見たときに、後先考える前に行動に移せる人は「人情に厚い人」「人情家」と呼ばれます。
 
 
江戸っ子といえば、義理と人情のイメージ。
落語で義理と人情の話は沢山ありますが、その中の一つ、文七元結(ぶんしちもっとい)をご紹介。
文七元結
職人の長兵衛は、仕事の腕は立つが、博打が大好きで借金を背負っています。
その日も博打に負けて帰ってくると娘のお久がおらず、女房は泣いています。
訳を聞くと、娘のお久は父に改心してもらいたく、自身を女郎屋に身売りしたというのです。


女郎屋の女将は、お久の心をくんで、長兵衛に1年間という約束で50両のお金を貸します。

しかし1日でも期限を過ぎたら、お久を女郎としてお店に出すという条件をつけました。
さすがの長兵衛も自分が情けなく、必ず改心して娘を迎えに行くと誓います。


その帰り道、橋のたもとで身投げをしようとしている男に出くわします。

訳を聞くと文七という名の奉公人で、使いを頼まれて集金したが、その大事なお金の50両をすられてしまいその責任をとって死ぬといいます。


長兵衛はこの金で命が助かるならと、断る文七に無理矢理50両を渡して逃げ帰ります。

長兵衛は自分の娘が体を売ってまで手に入れてくれたお金を、見ず知らずの人にポンとあげてしまいます。娘はこのままでは女郎になるが、死ぬことはない。しかしこの困った人を見捨てたら死んでしまいます。


死んでしまったらすべては終わりだよ、というのが長兵衛の考え方です。生きてさえいれば俺もお前も、娘やお店への義理は、いつか果たせばいいのだということです。

 
 
文七は店に戻り、集金した50両を差し出すと、旦那と番頭が顔を見合わせ・・・。
金の入った文七の財布は店に届けられていたのです。
 
というのは、碁が好きな文七は、集金に行った先で碁を囲む二人を見ていたら、ついつい見入ってしまい、財布を置いて慌てて帰ったというので、先方が先ほど届けてくれたというのです。
 
それじゃぁ、この50両はどうした?という旦那の問いに全てを白状する文七。
 
翌日、店の旦那は文七をお供に、長兵衛の元を訪れました。
事情を説明し、50両を返した旦那は、見ず知らずの若者の命を助ける為に大金を投げ出す長兵衛の心意気に惚れ、親類付き合いをと祝いの盃を交わし、お久の身請けもしたのでした。
自由の身となったお久。
その後、お久と文七は夫婦になり、麹町に元結屋の店を出したという話。
 
 
最近ではご近所の方の名前も顔もわからない方が多いでしょう。
終身雇用制も絶対ではなくなり、一つの会社に固執する必要はなくなりつつあります。
インターネットの普及により、人と人が会わなくてもよい時代になりました。
そんな現代日本人にこそ必要なのが、義理と人情の心。

恩を忘れずに人としての正しい道を進み、損得勘定せずに困った人には手助けをする。
日本人ならば誰もが持っていた昔からの心意気こそ義理と人情です。
 
グローバル社会でも、世界に通用する素晴らしい心持ちです。

クリスマスケーキ

食べ物は大事です。
食欲もあってこそ、活動できるというもの。
 
 
イメージ 1

昨日はクリスマス。
そして、いつものように今日は大量廃棄です。
 
 
チキンやケーキ、ご馳走が捨てられます。
節分の恵方巻も、土曜のウナギも、行事があるたびに命を無駄にしています。
これが資本主義経済、市場ということでしょう。
 
 
まだ食べられるのに捨てられている食べ物が日本では年間約632万トンです。
私たちは多くの食べ物を輸入しながら、大量に捨てています。
 
 
これも餓鬼道の世界。
結果として、災害は増え続けることでしょう。
人の心と行いは自然と一体です。
人の心の「貪り」の表れが現在となります。
 
 
荒廃していく社会の流れに気付く人を増やすためにも

お寺は、教えを護り伝えるために精進あるのみです。

 

苦しみは、自己の幸せを追い求めることから生まれ
悟りは、他者のためを思うことから生まれます

 

信仰とは、ありがたいものです
神仏とつながることです。


私たちは日々、社会生活を営んでいます。

貨幣経済は、モノやサービスとお金の交換によって、生活が成り立っています。
 
 
神仏は、何かと何かを交換するという感覚はありません。
神仏は、完全に神聖清浄なるものです。
人の物欲、金銭欲などの私利私欲とは、正反対で、反比例して存在しています。
 
 
あるのは、人の想いがどれほど「清浄」であるか。
常に心の中をお見透しで、そのような人を神仏は、お守りになります。
 
 
信じるとは、常に神仏とつながっているということです。
ですから、正しく信仰に進んでいる人は、私利私欲が少なく、喜びに満ちています。
 
 

仏教は、欲望が小さくなると、幸福は大きくなると教えます。


「一度きりの人生だから、自分の好きな道を進もう」

と、多くの人々は思っていることでしょう。

 
この「自分の好きな道」という言葉は時として、「自分の欲望が向かう方向へ」という意味が含まれます。
 
 
やはり、自分の好きな道の前に、まずは、私利私欲を小さくして、執着から離れてこそ、自由自在な幸福を得られるのだと思います。

マントラ太陽礼拝108回

2018年度のマントラ太陽礼拝108回が開催されました。
めぐみ先生
きみよ先生
こずえ先生
お疲れ様でした!

皆様が一緒になり、汗だくになりながら、あっという間の108回
一時間半のチャレンジです

本堂のなかは、熱気とパワーに満ちていく
今年最後のヨガイベント達成お疲れ様でした

厄落としで来年も素晴らしい年になりますように。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7



厄除開運講座

12月22日は冬至。

冬至である一陽来復の縁起の良い日にお寺で開運招福の講座
一年で一番昼間の時間が短い"冬至の日"を境に、日が一日一日と長くなっていくことを、「一陽来復(いちようらいふく)」と言います。

一陽来復は、
 「陰極まって一陽を生ずる」
  「よくない事の続いた後に、
良い事がめぐって来る」
と言う意味の言葉です。
                                 

新たな始まり、開運の日に厄災を祓い、福を招くお正月のお飾りを手作りして新しい年を迎える準備をしました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

参加の皆さん、それぞれ手作りのしめ縄、匂い袋にご満足な様子でした。

因果

三世因果(さんぜいんが)

イメージ 1


 
仏教は、因果と三世を説きます。
西洋宗教と大きく違うところです。
 
因果とは原因と結果のことで、物事には必ず因果があると教えます。

つまり、偶然ということは決してなく、全ては必然で起こります。

 
また、仏教では、全ての生きとし生けるものは生まれ変わると説きます。
今の自分も生まれ変わった過去があり、亡くなった後、生まれ変わる未来があると説きます。
過去世(前世)・現在世(現世)・未来世(来世)の三つで、これを三世と言います。
 
生きるということは、毎日、業(ごう)を積んでいます。
業とは、
身業(しんごう)身でおこす業
口業(くごう)口でおこす業
意業(いごう)心でおこす業
この三つで三業(さんごう)と言います。
 
身業は行動
口業は言葉
意業は心の働きです。
 
私達は毎日、何かを思い、何かを話し、何か行動しています。
それが、生きるという事です。
 
善き心で、善き言葉で、善き行いを成すことを善業(ぜんごう)と言い、
悪しき心で、悪しき言葉で、悪しき行いを成すことを悪業(あくごう)と言います。
 
この因果と三世と業が関連して私達の人生を形成しているのです。
生まれた環境(親・地域・社会・性別)も業によるもので、生きていく中での出会い(友人・婚姻・隣人・病気・事故・事件・災害等)も同じです。
 
全てのものに因果があるという事は、生まれるべくしてその環境に生まれ、会うべくして人々と出会い、なるべくして病気になったり、災難に会う場合もあります。それは、好むと好まざるによりません。
 
世の中で、同じ業を持った者同士が親子になり、夫婦となります。
その同じ業のことを共業(ぐうごう)と言います。
 
子供は生まれる前に共業の親を探し、見つかるとその親の元へ生まれます。
これは過去世の業に応じたところに生まれるのです。
これが因果です。
 
婚姻も同じで、この世で似た業を持った者同士が結婚するのです。
人生の中で起こる様々な事も共業によるものと教えています。
 
自ら積んだ業を自業といい、それは必ず自らに返ります。
これを自業自得と言います。
 
原因と結果は必ずイコールで、因果に応じた報いとなり、これを因果応報と言うのです。
 
現在は、過去の原因により、未来世への原因となります。
 

日蓮聖人は『開目抄』に
心地観経(しんじかんぎょう)に云く

 「過去の因を知らんと欲せば、その現在の果を見よ。未来の果を知らんと欲せば、その現在の因を見よ」
と示されています。

 
仏教は今をどう生きるかを説かれた教えです。
今が変われば、未来が変わります。
 


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事