智弘院ブログ

千葉九十九里浜のお寺です。お題目の信心によって、心も生活も立て直し

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

満月に想う

イメージ 1

お釈迦さまの過去世の修行
 
月とウサギ
 

仲良く暮らす、「うさぎ」と「きつね」と「さる」がいました。

3匹は、いつも
「自分達が獣の姿なのはなぜだろう?」
「前世で何か悪いことをしたからではないだろうか?」
「それならば、せめて今から人の役に立つことをしよう!」
ということを話し合っていました。

 
この話を天上界で聞いていた帝釈天は、何か良いことをさせてあげようと思い、老人に姿を変えて3匹の前に現れます。
 

何も知らない3匹は、目の前の疲れ果てた老人が
「おなかがすいて動けない。何か食べ物を恵んでほしい。」
と、話すと、やっと人の役に立つことができる!と喜んで老人のために食べ物を集めに行きました。

「さる」は木に登って木の実や果物を、「きつね」は魚を採ってきました。

ところが、「うさぎ」だけは一生懸命頑張っても何も持ってくることができません。

 
 

「うさぎ」は、
「もう一度探しに行ってくるから火を焚いて待っていて欲しい。」
と、「きつね」と「さる」に話して出かけていきました。

 

暫くすると、「うさぎ」は手ぶらで戻ってきました。
そんな「うさぎ」を、「きつね」と「さる」は嘘つきだと攻め立てます。

すると、「うさぎ」は、
「私には、食べ物を採る力がありません。どうぞ私を食べてください。」
と言って火の中に飛び込み、自分の身を老人に捧げました。

 
 

これを見た老人は、すぐに帝釈天の姿に戻り、
「お前たち三匹はとても感心なもの達だ。きっとこの次に生まれ変わったときには、人間として生まれてくるようにしてあげよう。

とくに、うさぎの心がけは立派なものだ。この黒こげになった姿は永遠に月の中に置いてあげることにしよう」
といったそうであります。
 


こうして、月には「うさぎ」の姿が今でも残っているのです。

 
猿は智慧
狐は力、能力。
ウサギの真心
 
布施の修行の大切さを教えています。
捨身のという執着を離れたおこない。
思いやりの心が一番大切です。


今日は満月
ナイトヨガ開催
イメージ 2



恵みに感謝

新嘗祭(にいなめさい)
毎年1123日に行われる宮中祭祀で、収穫された初穂を天照大御神はじめ天神地祇にお供えし、五穀豊穣(米、麦、粟、豆、黍)を感謝したあと天皇陛下も初穂を召し上がります。

 
イメージ 1


 

宮中恒例祭典の中でも最も重要なものとされています。
天皇陛下が神さまにその年の新米をお供えになり祝詞をあげ神さまのエネルギーのこもったお供物を神さまといっしょに食されるお祭りです。



イメージ 2


 
それは古事記の神話にも見られ、一番古い歴史上の記録に至っては日本書紀に書かれた皇極天皇元年11月16日(西暦642年12月12日)に日付まではっきりと記されています。
 


日本書紀には、天孫降臨のときに、天照大神が「斎庭の稲穂」をニニギノミコトに渡されました。

 
「国民を飢えさせてはなりませんよ。
これで民の命をつなぐのですよ。任せましたよ。」
 
これが、日本の農業の原点でもあるといいます。

神話の時代からお米を大切にし、国民の命を保ち、国民の幸せを祈ってきた日本。
初穂(新米)の収穫を祝い感謝する「収穫祭」、各地の神社では「秋季大祭」が行われています。

 
ありがたく食事をいただけることに、心から感謝します。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事