ここから本文です
ちー坊の放浪記
気ままに食べ歩いて放浪中〜♪

書庫全体表示

記事検索
検索

案山子(カカシ)@御徒町

案山子(カカシ)@御徒町

買い物ついでに上野をぶらぶらしていると、

御徒町駅に近い路地に新しいラーメン店が。

屋号は『案山子』

調べてみれば4/30オープンとなっており、

半年間も全く気が付きませんでした(^^;

案山子
イメージ 1

外観もそうですが、店内もお洒落な木のカウンターでスタイリッシュ。

2階には10席ほどのテーブル席があるらしい。


イメージ 2


イメージ 3

注文はメニュー先頭左上の「淡麗しょうゆ」を味玉付きで。


イメージ 5

麺は浅草開化楼製で「全粒粉入りの細麺」「タピオカ入りの太麺」「開花楼推奨の中太麺」から選択するシステムでしたので、「浅草開花楼」の推奨とという中太麺をチョイス。

「淡麗しょうゆ(味玉)(中太麺) 950円」
イメージ 4

登場した「淡麗しょうゆ」

サラリとした醤油スープは比内地鶏を丸ごと煮込んだ出汁に広島醤油をベースに魚介の旨味を凝縮したカエシを使用。

カエシから出る魚介の旨みがしっかりと感じられる。

しかしその分、比内地鶏の出汁感がやや負けているかな?

それでも昔ながらの懐かしさを感じる味があり、

ナチュラルで分かりやすい美味しさ。


イメージ 6

浅草開花楼推奨という中太麺。

滑らかな麺肌に程よいプリッとした食感。

小麦の風味と味も楽しめスープとの相性もいい。

このスープだったら全粒粉入りの細麺でも合うでしょうね。 


チャーシューも肩ロースとバラの2種類。

素材の拘った彩り豊かな野菜のトッピングなど、

発想と研究心が感じられた1杯でした。

アサリとアゴ出汁の旨味が楽しめるという「淡麗塩」も気になります。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『案山子』@
[住所] 東京都台東区上野6-2-11
[営業時間] 11:00〜23:00(Lo22:30)
[定休日] 無休
[最寄駅] JR線「御徒町」

長尾中華そば 神田店@小川町・淡路町

煮干しラーメンが人気の青森県。

津軽ラーメンの代表格で青森煮干しラーメンの雄『長尾中華そば』がついに満を持して東京進出店を7月に開店。

東京でも期間限定店や百貨店の催事などで何回か食べた事はありますが、

正式な路面店となるお店の訪問は初めて。

長尾中華そば 神田店
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

催事などで「こく煮干し」「ごく煮干し」などは食べたのですが、

津軽らーめんの基本となる「あっさり」が実は未食(^^;

そこで今回は「あっさり」を味玉付きで注文。

「津軽ラーメン(あっさり) 700円+味玉 100円」
イメージ 4

煮干と水だけで採ったという綺麗に澄んだ醤油スープ。

煮干しの味を出しつつ油は一切なくシンプルでスッキリ美味しい。

あ〜何て優しくて沁みるスープなんだろ〜


イメージ 5

色白の麺は無かん水の優しいツルツル中太ストレート。

茹で加減が柔らかめで少しうどんのような雰囲気を持ち、

好みは分かれるが独特のモッチリ感がイイ感じ♪


しっかりした肉質のモモ肉のチャーシュー、

味の染みたメンマに味玉と一切無駄がない。

これが津軽ラーメンの王道スタイルなんだなぁ〜

未食の「まぜそば」や「味噌」なども食べに来ないとな

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『長尾中華そば 神田店』@
[住所] 東京都千代田区神田小川町1-7
[営業時間] 11:00〜20:30(売切れ次第終了)
[定休日] 日祝、第1・3土曜
[最寄駅] 都営新宿線「小川町」東京メトロ丸の内線「淡路町」

洋食や 三代目 たいめいけん@上野

JR上野駅構内の3階にある『洋食や 三代目 たいめいけん』で朝食。

昭和6年創業の日本橋老舗洋食店『たいめいけん』のエキナカ店。

洋食や 三代目 たいめいけん
イメージ 1

店頭には松崎しげるにも負けないくらい日焼けした「たいめいけん三代目・茂出木浩司シェフ」のパネルがお出迎え(^^;


イメージ 2

こちら「三代目 たいめいけん」ではモーニングがとてもお得。

「日本橋 たいめいけん」の看板料理といえばオムライスですが、

モーニングではオムレツorスクランブルエッグが頂ける。


4種類の朝食メニューから「たいめいけんの朝食セット 600円」を卵料理はオムレツで注文し、プラス150円でアイスコーヒーもお願いしました。

「たいめいけんの朝食セット(オムレツ) 600円+アイスコーヒー」
イメージ 3

運ばれてきた朝食セットのオムレツはとても美しい出来栄え。

バターの香りが心地好いプレーンオムレツ。

卵の外側はプリっと張りがあり、

そして内側はとろとろ&ふわふわ♪

イメージ 4


名物料理のひとつ絶品のボルシチ。

具だくさんで起きたての朝の体に染み渡る〜

イメージ 5


ほのかに温かい石窯パンは外はパリッと中はモッチリ。

パンにオムレツをのせて食べれば至福の美味さ

なんて贅沢な朝食なんだろう〜しかもお得

改札を出ずに食べられるのもいいですね。

90年近く愛され続ける老舗の味を楽しみました。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『洋食や 三代目 たいめいけん』@
[住所] 東京都台東区上野7-1-1 上野駅構内 エキュート上野 3F
[営業時間] 7:00〜23:00(月〜土)/7:00〜22:30(日・祝)
     (モーニングタイム 7:00〜10:00)
[定休日] 無休
[最寄駅] JR線「上野」

きぬそば@末広町

きぬそば@末広町

この日の朝食は末広町駅近くの『きぬそば』で。

きぬそば
イメージ 1

一見はごく普通の立ち食いそば屋さんですが、

看板に「そば・うどん・カツカレー」とあるように、

店主は神保町の有名洋食店『キッチン南海』出身の方。

修行後1960年にここで「キッチン南海」を開業し、

数年間営業したのちに立ち食いそば屋へと業態チェンジしたそう。

イメージ 2

「キッチン南海」の流れがあるとなれば注文は必然的にカツカレー。

「カツカレー 580円」
イメージ 3


イメージ 4


登場したカツカレー。

さすがに「キッチン南海」のような黒いカレールーではありませんが、

何処か洋食屋のカレー的な要素を感じる味わい。

カツはやや薄めですがカリッとクリスピー。

辛さが控えめなので卓上の刻み唐辛子をかけてみるとコレが意外とイケる。


立ち食いそば屋で味わう和と洋が融合したカツカレー。

修業先のDNAを感じた美味しい1杯でした。

「カツカレーそば」とか面白そうだな。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『きぬそば』@
[住所] 東京都千代田区外神田6-10-11
[営業時間] 7:30〜17:30
[定休日] 土・日・祝
[最寄駅] 東京メトロ銀座線「末広町」

南天@椎名町

南天@椎名町

私用の前に椎名町で途中下車し、

駅前にある『肉そば・肉うどんのお店 南天』で朝食。

南天
イメージ 1

西武池袋線の椎名町駅北口を出てすぐにある『南天』

店名の通りこちらの名物は「肉そば」

朝10時までは生玉子か温泉玉子がサービス。

イメージ 2


イメージ 3

注文は名物の「肉そば」にサービス玉子は温泉玉子を。

一緒におにぎり(ゆかり)も追加発注。

「肉そば 430円+温泉玉子 0円+おにぎり 120円」
イメージ 4


イメージ 5

素早く登場した「肉そば」

温泉玉子とネギの下には麺を覆い尽くすほど豚肉がドカッと鎮座。

大きく斜め切りされたネギもタップリでイイですなぁ〜。

つゆはタマネギで甘みを増しておりアッサリ仕立て。

そこに昆布等からとった出汁で煮込まれた豚肉。

甘辛で柔らかく肉の旨味が溶け出して・・・いや〜美味い!

つゆが軽めなので肉の美味しさがしっかりと味わえる。

この肉で白飯をかき込みたいですなぁ〜


イメージ 6

とろろを練り込んだ蕎麦は太めの平打ち麺。

モッチリ感があり食べ応えもあり蕎麦?うどん?と思うくらい。

この肉そばに、なめこ・かき揚げ・わかめ・キャベツ・めかぶ・カレーなど、追加トッピングもOKなので、自分好みにカスタマイズ出来るし、揚げ玉が無料で入れ放題なのも嬉しい。

イメージ 7


食べ応えのある肉が所狭しと盛りつけられた肉そば。

ボリュームがあり温泉玉子まで付いて430円は素晴らしいCP。

近くに住んでいたら確実に通っちゃうでしょうね。

次回は「肉そば」にカレートッピングか、

お肉2倍の「肉そばダブル」だな。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『南天』@
[住所] 東京都豊島区長崎1-2-2
[営業時間] 5:30〜翌1:30
[定休日] 無休
[最寄駅] 西武池袋線「椎名町

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事