ここから本文です
ちー坊の放浪記
気ままに食べ歩いて放浪中〜♪

書庫全体表示

記事検索
検索
御食事 いわさき@日比谷

この日の昼食は日比谷の『御食事 いわさき』に訪問。

御食事 いわさき
イメージ 1

日比谷の「TOHOシネマズ シャンテ」横の路地にある『御食事 いわさき』は、1920年(大正9年)に24時間の営業おでん屋として創業し、日本初のガード下飲食店とも言われている。

終戦後に2代目が現在の場所に移って日本食屋として再開し、今現在は3代目のご主人が腕を振るう食堂として賑わっている。

イメージ 2


イメージ 3


店内に入ればレトロ感が満載で、一気に昭和の時代にタイムスリップ。

注文は裏メニューの「ワカレ 950円」

「ワカレ」とはカツ丼のご飯とカツを別々に提供するメニューで、

常連さんのリクエストから生まれたメニュー。

まぁ〜簡単に言うと「カツ煮定食」ですね(^^;

「ワカレ 950円」
イメージ 4


イメージ 6


ほどなくして登場した「ワカレ」

70年間も継ぎ足しながら大切に守られてきた出汁を使い、醤油・砂糖・水だけで作られた割り下で煮込まれたカツ煮。

決して肉厚とは言えないが、甘辛い割り下が染みた濃厚な味とトロ〜リ玉子が絶妙にマッチして、こりゃ〜ご飯が進みますね〜!(^^)!

ご飯大盛でも良かったな〜(≧▽≦)

イメージ 5


昭和風情漂う食堂での優しいひと時、

温もりを感じ癒された美味しい昼食でした。

次回はカミさんも誘って「豚生姜焼き定食」だな〜♪

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『御食事 いわさき』@
[住所] 東京都千代田区有楽町1-6-9
[営業時間] 11:00〜14:30 17:00〜20:00
[定休日] 土・日・祝日
[最寄駅] 各線「日比谷」
共楽@銀座一丁目・東銀座

2016年3月にビル建て替えのため閉店した銀座の名店『中華そば 共楽』が約3年の時を経て復活! 

自分自身も約9年ぶりの訪問です。

イメージ 1

1956年(昭和31)創業の『共楽』

現在も厨房に立つ2代目ご主人ですが、

今回の復活を機に次男さんも厨房に立ち3代目を継承。

この日も麺茹でから麺上げを3代目が行い、

盛り付けなどを2代目がフォローされていました。


イメージ 2

注文は「ワンタンメン」に「竹の子」をトッピング。

「ワンタンメン 1000円+竹の子 150円」
イメージ 3

動物系の旨味にフワっと節系が香る醤油スープ。

塩気は控えめで表層に浮かぶ背脂がアクセントに。

味わいは改装前とほぼ変わらない印象ですが、

以前はもう少しワイルドだったような気がします。


イメージ 4

中太ストレート麺は3代目が打つ自家製麺に変更。

少し柔らかめの茹で加減がスープにマッチする。

ちなみにワンタンの皮も自家製に切り替えたそうで、

以前よりもモッチリ感が増した食感に。

柔らかで出汁の染み込んだチャーシューも美味い!


以前よりはやや控えめで上品さが加わり、

「以前と味が変わった」という声もあるようですが、

2代目が守ってきた味と3代目がアップデートした味が融合し、

新しい『共楽』としてブラッシュアップして行くのでしょうね。

時代と共に進化する老舗の美味しい1杯でした。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『共楽』@
[住所] 東京都中央区銀座2-10-12
[営業時間] 11:00〜20:00 土 11:00〜17:00
[定休日] 日祝
[最寄駅] 各線「銀座一丁目」「東銀座」

東武ラーメン@春日部

東武ラーメン@春日部

ちょいと野暮用で春日部まで。

朝食は春日部駅構内、東武アーバンパークライン(野田線)のホームにある立ち食いラーメン屋『東武ラーメン』で朝ラーと決めておりました。

イメージ 1


イメージ 2

駅ホームの立ち食いですが蕎麦やうどんは無くラーメンのみ。

味も醤油と塩のみだがバリエーションが豊富。

注文は名物?とされる「コロッケラーメン」の玉子付きをチョイス。

「コロッケ玉子ラーメン 670円」
イメージ 3

クラシカルで綺麗な鶏ガラ醤油スープ。

しっかりと出汁がとられ旨味十分。

サッパリとした味わいが朝の胃袋にジワ〜と沁みる。

このタイプのスープはついつい飲み干してしまうヤツだなぁ〜


イメージ 4

中細の縮れ麺もどこか懐かしさを感じるタイプ。

コシもあり優しいスープがよく絡み相性もバッチリ。


イメージ 5

コロッケは冷凍ポイが大ぶりで芋もギッシリ詰まり甘みも十分。

醤油スープとの相性も良くライスが欲しい。

「コロッケラーメン」結構クセになる美味さでした。


もう一つの名物?とされる「天ぷらラーメン」も試してみたいし、

塩やつけ麺、冷し中華も気になるなぁ〜

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『東武ラーメン』@
[住所] 埼玉県春日部市粕壁1-10-1「春日部駅 野田線7.8番線ホーム」
[営業時間] 7:45〜22:00
[定休日] 無休
[最寄駅] 東武鉄道「春日部」
ロメスパ バルボア 御徒町アメ横店@御徒町

アメ横での買い物を済ませランチで立ち寄ったのは、

『ロメスパバルボア 御徒町アメ横店』

都内で5店舗展開する焼スパゲティ専門店。

ロメスパ バルボア 御徒町アメ横店
イメージ 1


イメージ 2

6種類の基本メニューの他にも店舗で限定メニューがあるようで、

麺量も並盛り(350g)〜メガ盛り(1000g)まで可能。

注文は「ナポリタン(大盛り500g) 690円」

「ナポリタン(大盛り500g) 690円」
イメージ 3

茹で置きの極太麺をフライパンで豪快に炒め、

自家製のナポリタンソースで濃いめに味付けされたナポリタンは、

炒めたケチャップの香ばしい香りが食欲をそそる。


イメージ 4

モチモチで歯応えのある極太麺。

甘さをおさえた自家製ナポリタンソースがよく絡み、

昔懐かしい味わいも感じられる。

ただ個人的にはケチャップもう少しベチャっとしている方が好みかな〜

具の小松菜・玉ねぎ・豚肉はかなり少なめ

ですが、この価格でこのボリュームなら納得しないとネ

東京では耳慣れない神戸発祥の牛スジとコンニャクの甘辛煮がのった「ぼっかけ」スパも気になるメニューだな。

そして久しぶりに有楽町のロメスパ聖地にも行きたくなった。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。
 
 
 @『ロメスパ バルボア 御徒町アメ横店』@
[住所] 東京都台東区上野4-2-1  B1F
[営業時間] 11:00〜22:00
[定休日] 年中無休
[最寄駅] 各線「御徒町」「上野広小路」他

らぁ麺 鳳仙花@新宿

らぁ麺 鳳仙花@新宿

新宿の『らぁ麺 鳳仙花』訪問。

こちらは2018年7月にオープンした『煮干中華そば鈴蘭』の系列店で、

高級魚「金目鯛」のアラ出汁を使用したラーメンを提供。

らぁ麺 鳳仙花
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 5


注文は「らぁ麺 800円」と「金目鯛茶漬け 200円」

「らぁ麺 800円」
イメージ 4

金目鯛のアラをメインに炊き出された塩味の清湯スープ。

口に含んだ瞬間から金目鯛の旨味と風味が押し寄せてくる。

同じ鯛でも真鯛とは違った個性的な味わいで、

濃密で品があり生臭さなどもありません。


イメージ 6

麺は菅野製麺製の全粒粉入り細麺。

しなやかな多加水麺で喉越しも良く、

小麦の風味も豊かでスープとの相性もバッチリ。

低温調理された豚肩ロースのレアチャーシューはしっとり柔らかで、

トッピングの炙った鯛のほぐし身の香ばしさが心地好いアクセントに。

そして頃合いをみて「金目鯛茶漬け」を注文。

「金目鯛茶漬け 200円」
イメージ 7


「金目鯛茶漬け」はあらかじめ蛤の出汁が注がれており、ご飯の上には炙られた金目鯛の切り身がトッピング。

そこにラーメンの金目鯛スープを加えれば完成。

イメージ 8

蛤と金目鯛の出汁が調和してコリャ〜美味い!

茎ワサビの爽やかな辛味もクセになる。

最後の1滴までスープを堪能して完食。

ラーメンの後でもサラリと入る〆の「金目鯛茶漬け」はお勧めです。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『らぁ麺 鳳仙花』@
[住所] 東京都新宿区歌舞伎町1-24-6
[営業時間] 11:30〜23:30
[定休日] 無休
[最寄駅] 各線「新宿」

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事