ここから本文です
ちー坊の放浪記
気ままに食べ歩いて放浪中〜♪

書庫全体表示

記事検索
検索
裏庭ラーメン (庭〜garden of four seasons)@新橋

とある記事を読んで気になり、銀座8丁目の『裏庭ラーメン (庭〜garden of four seasons)』に訪問。

夜は会員制の和フレンチ『庭 garden of four seasons』という店名で営業。

今年の1〜2月にかけてランチ営業限定で提供したラーメンが好評だったらしく、継続して30食限定で提供しているようです。

ちなみに店へと降りる階段入口の看板には『裏庭ラーメン』と書かれており、ランチ時の店名はこちらなのでしょうか?

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


基本メニューの「裏庭ラーメン」を考えていましたが、

せっかくなのでトッピング全部のせ「特選ラーメン」を注文。

「特選ラーメン 1300円」
イメージ 4

スープは鰹・鶏・貝などから出汁を取った清湯醤油。

三位一体のスープはやや甘めの醤油味で、

特に貝出汁の旨味がやや強めに出ています。

トリュフオイルとされる油の風味も良く、

スッキリながらもコクがあって美味しいですね〜♪


イメージ 5

麺は北海道産小麦「春よ恋」を使用した細ストレート麺。

しなやかで少し硬めに茹でられ歯応えも楽しめる。

低温調理された鶏チャーシューのしっとり感も心地好く、

濃厚な黄身が特徴の味玉もイイ出来栄え。

限定30杯と敷居は高いが、

レベルの高さを感じた美味しい1杯でした。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『裏庭ラーメン (庭〜garden of four seasons)』@
[住所] 東京都中央区銀座8-10-8 銀座8丁目10番ビル B1F
[営業時間] 11:00〜14:00 ※限定30食売切終了
[定休日] 土日
[最寄駅] 各線「新橋」

丸鶴@大山

丸鶴@大山

大山の『丸鶴』に訪問。

駅から少し外れた裏通りにある創業50年を超える老舗の中華料理店で、

かつて「カリスマNo1ホスト」として人気を博したS氏のご実家でもある。

丸鶴
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

こちら『丸鶴』はチャーハンとチャーシューが有名で、

その両方が楽しめる「チャーシューチャーハン」を注文。

「チャーシューチャーハン 850円」
イメージ 4


イメージ 5

登場した「チャーシューチャーハン」

自慢のチャーシューが溢れんばかりにゴロゴロと惜しげもなく盛られ、

米よりもチャーシューの方が多いのでは?

と思うくらい次々とチャーシューが現れる。

チャーシューの美味しさは言わずもがな。

米はしっとりで味付けには塩を使わず、

ジューシーなチャーシューの旨みで全体にコクと深みを加えている。

一心不乱に食べ進め大満足で完食。


米の甘みと自家製チャーシューが渾然一体となったパワフルな「しっとり系チャーハン」は、町中華の素晴らしさを再認識させてくれる逸品でした。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。
 
 
 @『丸鶴』@
[住所] 東京都板橋区大山西町2-2
[営業時間] 月火木 11:00〜14:50 
水金土 11:00〜14:50 17:00〜21:20
[定休日] 日
[最寄駅] 東武東上線「大山」

三河屋@堀切菖蒲園

三河屋@堀切菖蒲園

この日のランチは二人のお供を連れて堀切菖蒲園駅前の『三河屋』へ訪問。

堀切での創業が1928年(昭和3年)という老舗中華料理店。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


注文はカミさんが人気のメニューとされる、エビチリ・唐揚げ・チンジャオロースなどが盛られた「ワンプレート中華」、もう一人の連れが「焼肉定食」、自分は「豚肉・ナスの味噌炒め定食」にしました。

「ワンプレート中華 1000円」
イメージ 4


「焼肉定食 750円」
イメージ 5


「豚肉・ナスの味噌炒め定食 800円」
イメージ 6

それぞれの定食がボリューム満点で食べ応え十分。

スープが味噌汁なのがまたイイですなぁ〜

デザートの杏仁豆腐、食後のコーヒーもサービスされ、

素朴な味と店の雰囲気にホッとする。

老舗の街中華に癒されました。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。
 
 
 @『三河屋』@
[住所] 東京都葛飾区堀切4-57-15
[営業時間] 
11:30〜14:00  17:00〜21:00 
[定休日] 木曜
[最寄駅] 京成本線「堀切菖蒲園」

初代葱寅 御茶ノ水店@新御茶ノ水

今年1月7日オープンの『初代葱寅 御茶ノ水店』に訪問。

山形県天童市にある「ねぎびとカンパニー」が運営するラーメン店で、

社長は最高糖度21.6度を記録したというフルーツよりも甘い高級葱を創り出した「葱師」の方。

初代葱寅 御茶ノ水店
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


中華蕎麦のしお味を極上海老ワンタン葱増しで注文。

一緒に初代葱虎肉饅頭もお願いしました。

中華蕎麦(しお)極上海老ワンタン葱増し 1000円
イメージ 4

出てきたラーメンには別皿でカット柚子付き。

透明感のある塩味の清湯スープを飲むと、まずは牛がググッとやってきて、
利尻昆布・広島産牡蠣・鯛煮干しなどの旨味が追いかけてくる。

繊細でスッキリした味わいですが少し大人しめに感じるかな・・・


イメージ 5

麺は特注の極細熟成麺。

かなり細めですが風味・食感ともに良く、スープが優しいのでこのくらいの細さで丁度いいのかも。

イメージ 6

海老ワンタンも大きめでエビもプリップリで香り付けの生姜もイイ感じ。

自慢の葱は辛みを感じず甘みがあって本当に美味しい。

初代葱虎肉饅頭 250円
イメージ 7


イメージ 8

ふんわり生地の肉饅頭。

トロトロの餡には大きめにカットされた葱とお肉がタップリ。

辛味はなく葱の旨味と甘みが口いっぱいに広がる。

コレはビールのアテにもバッチリでしょうなぁ〜♪

こだわり葱の美味さが際立ったラーメン&肉饅頭でした。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『初代葱寅 御茶ノ水店』@
[住所] 東京都千代田区神田駿河台3-3-3
[営業時間] 11:00〜14:30 17:30〜22:30
[定休日] 日曜
[最寄駅] 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」

なんでんかんでん@高円寺

昨年9月に復活オープンした『なんでんかんでん』に訪問。

環七通りで大行列を作った伝説のとんこつラーメン店で、

海苔にカルシウムで白文字を書く「プリント海苔」も開発しました。

なんでんかんでん
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


注文は基本のラーメンにうずら味玉をトッピングし、

麺の硬さは「ジャスト(普通)でお願いしました。

「ラーメン(麺普通) 770円+うずら味玉 150円」
イメージ 4


イメージ 7

スープはクリーミーな白濁豚骨醤油味。

往年時に比べ豚骨臭と油感が控えめで、

サラリとしてやや上品に仕上がっている。

それでいてパンチがあり本格的な長浜ラーメンの美味さです。


イメージ 5


麺は復活に当たって導入したという自家製ストレート細麺。

粉っぽい低加水麺のボソリとした食感が正統派とんこつスープに合う。

ただ普通にした割には麺が硬い。

そこで替え玉は「ずんだれ(やわらかめ)」を注文・・・

それでもやや硬めでした(^^;

イメージ 6


紅生姜・辛子高菜・胡麻などを投入し味変化を楽しんで完食。

卓上の薬味&調味料が豊富なのはいいですね。

麺の硬さは残念でしたが伝説の片鱗を味わいました。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『なんでんかんでん』@
[住所] 東京都杉並区高円寺南4-25-9
[営業時間] 月〜木 11:00〜23:00(L.O)
     金土祝前日 〜23:30(L.O) 日祝 〜22:00(L.O)
[定休日]  
[最寄駅] JR線「高円寺」

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事