ここから本文です
ちー坊の放浪記
気ままに食べ歩いて放浪中〜♪

書庫全体表示

記事検索
検索
古典札幌柳麺 芳蘭@日比谷

日比谷の『古典札幌柳麺 芳蘭』に訪問。

イメージ 1

こちらは札幌にある『芳蘭』の姉妹店で、

日比谷の創業は1974年(昭和49)という老舗店。

店内には様々な著名人のサイン色紙が壁一面にたくさん並んでいる。


イメージ 2


イメージ 3


注文は「味噌らーめん 1150円」にしました。

「味噌らーめん 1150円」
イメージ 4

洗面器ほどもある大きな器で供される昔ながらの札幌味噌ラーメン。

スープは豚骨鶏ガラベースに、北海道産白味噌に生姜や胡麻を練り込み2日間寝かせた味噌を合わせた濃厚で深みある味わい。

昆布や野菜などの旨味が溶け込み、濃厚な味の中にもまろやかさがある。


イメージ 5

麺は札幌から空輸する中太縮れ麺。

濃厚スープをしっかりと持ち上げ胃袋に収まっていく。

バターを溶かしてコクを加えれば更に美味いに違いない。

同料金の「味噌バターらーめん」にすれば良かったなと後悔・・・


醤油や塩も試してみたいし、

特に「特製カレーライス」が気になるなぁ〜

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『古典札幌柳麺 芳蘭』@
[住所] 東京都千代田区有楽町1-2-9 TS日比谷ビル B1F
[営業時間] 11:00〜翌2:00 日祝 11:00〜24:00
[定休日] 無休
[最寄駅] 各線「日比谷」

好養軒@御徒町

好養軒@御徒町

この日は所要の為、カミさんと上野まで外出。

ランチは久しぶりに『好養軒』に訪問。

イメージ 1

創業が1923年(大正12)ですから100年近くの歴史がある老舗店。

店内はテーブル席が6卓ほどで「昭和の食堂」といった落ち着く雰囲気。


イメージ 2


イメージ 3

主に揚げ物とカレーが中心のメニューから、

自分は「かつカレー定食」カミさんは「ヒレかつ定食」を注文。


「かつカレー定食 790円」
イメージ 4


イメージ 5

まずは自分が発注した「かつカレー定食」

平皿からはみ出るほどの大きいロースカツは、

粗めのパン粉でカリッと揚げられ、

肉の厚さも素晴らしく食べ応え十分。

カレーは辛さはないがドロっと濃口で肉や野菜の旨味が溶け込んでいる。


何処か家庭的な味わいも感じられホッとする。



「ヒレかつ定食 800円」
イメージ 6


イメージ 7

そしてカミさんが発注した「ヒレかつ定食」


柔らかでジューシーな肉厚のヒレかつが3個もついてボリューム満点。


さすがにカミさんには多すぎたようで2切れは自分が助け舟。


付け合せのマカロニサラダもタップリで、

キャベツ・モヤシ・油揚げと具沢山の味噌汁にも満足し、

2人ともお腹いっぱいになりました。


ボリュームがあって価格もリーズナブル。

家庭的な雰囲気も良くて下町のお店は本当に落ち着きます。

機会を見てまた訪問したいと思います。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。
 
 
 @『好養軒』@
[住所] 東京都台東区上野6-5-1
[営業時間] 月〜金 11:00〜14:00
(L.O.13:50) 17:00〜19:30(L.O.19:10)
[定休日] 不定休(日祝?)
[最寄駅] JR線「御徒町」

迂直@荻窪

迂直(うちょく)@荻窪

昨年12月22日にオープンした荻窪の新店『迂直(うちょく)』に訪問。

店主は本人の希望により修業先等は非公開ですが、

続々と優良店を輩出している名店出身の方。

迂直
イメージ 1


イメージ 2

注文は店主のお勧めという「鰹昆布出汁 醤油つけ麺」を特製&大盛仕様で。

「鰹昆布出汁 特製醤油つけ麺(大盛) 1180円」
イメージ 3


イメージ 4


まずは鰹昆布出汁に浸かった自家製の平打ち中太麺をそのまま頂いてみると、少し粘度のある昆布出汁の旨味と風味が広がり、滑らかで優しい口当たりの自家製麺も喉越しが良く小麦の香り高いイイ〜麺です。

イメージ 5


次に深みのある醤油味のつけ汁に潜らせて頂いてみると、
「にいがた地鶏」を主体に鰹・煮干・昆布・干し椎茸などから抽出した芳醇な旨味が堪能でき、特に節感が凄く日本蕎麦店で使用される鰹本枯れ節のような上質な旨味と風味が感じられた。

イメージ 6


2種のチャーシューは吊るし焼らしくスモーキー。

弾力があり噛む度に旨味が感じられ美味。

最後はつけ汁に残った昆布出汁でスープ割り。


出汁・麺ともクオリティーが高くオープン直後から話題なのも頷けます。

「醤油らぁめん」も食べてみたいし、

未提供の「豚出汁つけ麺」も気になります。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『迂直』@
[住所] 東京都杉並区天沼3-10-16
[営業時間] 11:30〜15:00 土日祝 11:30〜16:00
[定休日] 不定休 ※Twitterにて告知
[最寄駅] 各線「荻窪」

新華@柴又

新華@柴又

柴又駅前の立ち食いそば屋『新華』に訪問。

イメージ 1


映画「男はつらいよ」シリーズの撮影地として有名な葛飾柴又。

駅の改札を抜けた駅前広場には「寅さん」と「さくら」の銅像が立ち並ぶ。

イメージ 2


そんな駅前にある創業45年になる『新華』が、柴又駅前の美化整備開発の為に2月いっぱいで一旦閉店する事になり、時期は未定ながらも再開発後に屋号を『三松』に変更しリニューアルするオープンとの事。

イメージ 3


イメージ 4

イメージ 5


「ラーメン・小カレーセット 650円」
イメージ 6


イメージ 7

穏やかな表情をした醤油スープ。

優しくアッサリながらも鶏ガラ出汁がしっかり出ており美味しい。


イメージ 8

ツルツルと啜れる細麺はサクリとした歯切れ感が心地いい。

チャーシューは肉厚のしっかりで、

コリコリのメンマもタップリ。


イメージ 9

「小カレー」と言え結構な分量があり食べ応えがある。

鶏ガラスープを使用しているようで、

出汁の効いたマイルドな味わいに仕上がっており美味しい。


ラーメン・カレーともにシンプルで心に沁みる昭和の味。

また一つ消えゆく昭和の姿を目に焼きつけて、

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『新華』@
[住所] 東京都葛飾区柴又4-8-15
[営業時間] 6:30〜20:30 日祝 6:30〜18:00
[定休日] 無休
[最寄駅] 京成金町線「柴又」

札幌軒@茗荷谷

札幌軒@茗荷谷

茗荷谷駅前の『札幌軒』に訪問。

イメージ 1


見た目は普通のラーメン店だが、「全国丼グランプリ(東日本肉丼部門)」で4年連続金賞を受賞している「肉丼」が看板メニュー。

イメージ 2


イメージ 3


注文は迷うことなく「肉丼」を生卵付きで。

「肉丼+生卵 790円」
イメージ 4


イメージ 5

ご飯の上に特製の甘じょっぱいタレで炒められた豚肉・玉ねぎ・ニラが豪快に盛られた「肉丼」は、チャーシューを煮込んだ醤油タレを使用するのがポイントらしく、濃いめの味付けで肉の量も申し分なし。

ツユだくでタレが染み込んだご飯との相性もバッチリ!

生卵を投入すればコレまた美味しさ倍増

イメージ 6


極めてシンプルで庶民的な「肉丼」ですが、

真似できない複雑な味わいがあり、

魅力的なB級グルメでした。

ニンニクがたっぷりの「男の肉丼」も食べてみたいですね〜

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『札幌軒』@
[住所] 東京都文京区大塚1-4-10 2F
[営業時間] 11:30〜24:00
[定休日] 日曜
[最寄駅] 東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」

開くトラックバック(1)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事