ここから本文です
ちー坊の放浪記
気ままに食べ歩いて放浪中〜♪

書庫全体表示

記事検索
検索

天茂@赤坂

天茂@赤坂

この日のランチは赤坂の『天茂』に訪問。

「知る人知る名店」と言われる天ぷら専門店『天茂』の創業は1964年。

名職人として知られた先代の父が病気になり、

教師をしていた一人娘の現店主が店を継ぐため退職し、

先代から直接指導を仰ぎ修業して2代目に就任。

天茂
イメージ 1


夜はおまかせコースのみですが、

気軽に頂けるランチは潔く「かき揚丼」と「天丼」の2種類。

イメージ 2


注文は「かき揚げ丼」と「味噌汁(赤だし)」


カウンターからは揚げ場が一望。

目の前で女主人によって小気味良く纏められるかき揚げ。

そして揚げたてのかき揚げは隣に立つ母親の大女将にゆだねられ、

温められた丼つゆの鍋にザブ〜ンと投入。

気泡と湯気が湧き立つと食欲をそそる丼つゆの香りが広がり、

丼で待機する白飯の上に載せ柚子皮を添えれば「かき揚げ丼」の完成。

「かき揚げ丼 1400円・味噌汁(赤だし) 100円」
イメージ 3


イメージ 4

丼つゆに通されたかき揚げは、

油感も軽くふんわり&しっとりとした柔らかな食感。

丼つゆは甘辛と言うよりはやや辛口でかき揚げ&白飯との相性もバッチリ!

具の小海老・小柱も大きさ・量ともにしっかりで、

柚子の皮の清涼感もイイですね〜

蜆入りの赤だし味噌汁も身体に染み渡る。


名職人の味と技を受け継ぐ女性店主、

鼻孔をくすぐる香ばしい油が匂う店内、

古き良き時代の名残を留める心和むお店でした。

機会を見て「天丼」も食べに来たいですね。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。
 

 
 @『天茂』@

[住所] 東京都港区赤坂3-6-10 第3セイコービル 2F
[営業時間] 11:30〜14:00(L.O.)18:30〜22:00(L.O.20:30)
[定休日] 土日祝
[最寄駅] 東京メトロ千代田線「赤坂」

玉屋@十条

玉屋@十条

この日のランチは十条の『玉屋』に訪問。

昭和32(1957)年に創業した老舗店。

モルタル仕上げの外壁に文字の薄れた暖簾、

この古い佇まいを見るだけで「癒し」感じる。

玉屋
イメージ 1

今は亡き創業者の店主は88歳まで厨房に立っていたという『玉屋』

現在は店を継いだ奥様と娘の二人が味を守り続けている


磨りガラスの木製引き戸を開けて店内へ入れば、

昭和の静かな癒し空間へとタイムスリップ。


イメージ 2


注文は訪問前から決めていた「ラーメン・カレーセット」

運転がなければ1杯やるには最高の雰囲気なんですがね〜


「ラーメン・カレーセット 880円」
イメージ 3

提供されたラーメンは見た瞬間に間違いなし!

と思わせる安心のビジュアル。

スープは豚骨鶏ガラベースに煮干しやカツオ節などを合わせる「Wスープ」

動物系と旨味とコク、ふんわりと節系の穏やかな風味、

醤油や塩気は控えめで優しくて懐かしい味わいにホッとする。


イメージ 4

やや細めのストレート麺はツルツルと滑らかで、

程よい歯応えと心地好い喉越し。


イメージ 5


イメージ 6

そしてカレーライスはと言うと、

小麦粉を炒めた香ばしさがあり、

辛さはありませんがスパイシーでコクもあり、

推測ですが豚骨鶏ガラスープを使用しているのでは?



懐かしき東京醤油ラーメンとレトロな味わいの町中華カレーライス。

御主人の亡き後、母娘で頑張る「昭和生まれの味と技」に癒されました。

この味がいつまでも楽しめますように。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『玉屋』@
[住所] 東京都北区十条仲原2-3-8
[営業時間] 11:30〜15:00 
[定休日] 木曜 ※臨時休業あり
[最寄駅] JR線「十条」

麺や 太華@戸塚

麺や 太華@戸塚

『自家製麺 カミカゼ』で素晴らしい1杯を堪能した後、

2軒目を目指して戸塚駅までは約30分ほど食後のウォーキング。

訪問したのは約5年半ぶりの『麺や 太華』

広島県竹原市の老舗名店『太華園』出身の店主が営む尾道ラーメン専門店。

麺や 太華
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


基本メニューの「中華そば」を注文し、

残念ながら大好きな「ネギ増し」は泣く泣く自粛

「中華そば 700円」
イメージ 4

じっくり煮込まれた鶏ガラベースの背脂醤油スープ。

やや強めに効いた奥深く芳醇な醤油味、

スープに浮かぶ大粒の背脂からは独特の甘味広がり、

う〜ん相変らず美味さですね〜


イメージ 5

加水が低めの自家製平打ちストレート麺。

茹で加減がやや柔らかめですがモッチリ感もあり、

スープをしっかりと吸い込んで相性バッチリ。

広島NO1ブランド倉橋島産の青ネギ、

シャキシャキの食感が心地良くてたまらない。

やっぱりネギ増しにしとけば良かったなぁ〜

大ぶりな自家製チャーシュー、

白飯に合わせたら美味いでしょうな〜

未食の炒飯も食べてみたいし、

次回は必ずネギ増しです。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『麺や 太華』@
[住所] 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町16-1 トツカーナモール 5F
[営業時間] 11:00〜21:00
[定休日] 年中無休
[最寄駅] 各線「戸塚」

鯛塩そば 灯花@曙橋・四谷三丁目

1月2日。

2019年の食べ始めは「めで"鯛"新年」にかけて、

『鯛塩そば 灯花』に3年半ぶりの訪問。

イメージ 1


イメージ 2

注文は「宇和島鯛塩そば+半熟玉子」の「鯛茶漬けセット」

「宇和島鯛塩そば+半熟玉子・鯛茶漬けセット 1290円」
イメージ 3


イメージ 4


まずは「宇和島鯛塩そば」

黄金色に輝く真鯛100%の淡麗塩スープ。

出汁に宇和島産真鯛を贅沢に使用、

濃縮された鯛の旨味と風味が広がり、

角のない優しい塩味の上品なスープ。


イメージ 5

麺は「三河屋製麺」の中細ストレート麺。

しなやかで啜り心地も良く、

鯛スープとの相性もバッチリ


イメージ 6

そしてセットの「鯛茶漬け」

「鯛めし」の上に胡麻だれで和えた「鯛の刺身」を乗せ、

そこへ鯛塩そばのスープを注ぎ「炒り玄米」を振りかけ完成。

鯛のエキスが溢れる鯛茶漬け。

胡麻ダレで味付けされた鯛もプリプリ、

炒り玄米も香ばしさもイイですなぁ〜

大満足で完食です。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『鯛塩そば 灯花』@
[住所] 東京都新宿区舟町12-13
[営業時間] 11:00〜23:00
[定休日] 年中無休
[最寄駅] 各線「曙橋」「四谷三丁目」

自家製麺 カミカゼ@戸塚

宿題店だった『自家製麺 カミカゼ』にようやく訪問。

場所は国道1号バイパス下りの箱根駅伝(往路)戸塚中継所内にあります。

自家製麺 カミカゼ
イメージ 1


イメージ 2


神奈川淡麗系の名店とも呼ばれる『カミカゼ』は、

2001年7月に泉区の立場にて開業。

以後、数回の移転を経て2016年7月に現在地で復活オープン。


イメージ 3


注文はメニュー先頭の「塩ラーメン」

一緒に「チャーシューライス」も考えましたが、

この後もう1軒予定していたので自粛。

「塩ラーメン 750円」
イメージ 4


鶏ガラベースの魚介清湯スープ。

綺麗に出た曇りのない魚介出汁、

しっかりと支える動物系のコク、

淡麗なのに素晴らしい芳醇さ、

ん〜美味い!


イメージ 5


自家製のストレート細麺。

しなやかで小気味よい歯切れ感、

小麦の風味も楽しめて、

最後までダレる事もなくイイ麺ですね〜

肉感溢れるチャーシューも柔らかくて美味。

やはり「チャーシューライス」を頼めば良かったな


気が付けばスープまで完飲。

想像以上の美味さに脱帽でした。

こうなると醤油も食べてみたいし、

もちろん「チャーシューライス」も。

ぜひ再訪したいですね。

さてもう1軒。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『自家製麺 カミカゼ』@
[住所] 神奈川県横浜市戸塚区汲沢町1201
[営業時間] 11:00〜15:45 
[定休日] 火曜
[最寄駅] JR線「戸塚」

[公式アカウント]
         

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事