ここから本文です
ちー坊の放浪記
気ままに食べ歩いて放浪中〜♪

書庫食べ歩き@葛飾区

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

麺匠 八雲 本店

麺匠 八雲 本店

昨年10月オープンの『麺匠 八雲 本店』に訪問。

イメージ 1


22歳の女性店主は元バイトAKBとしてアイドル活動をしていた方で、

AKB48ともにステージで踊っていたという経歴を持つ。

2017年(当時20歳)で神奈川県の大和市に開業し、

現在ではフランチャイズも含めると4店舗あり、

こちらの堀切菖蒲園の店舗を本店として営業。


イメージ 2


イメージ 3


注文は『八雲』の‷真骨頂‴と記された「味噌ラーメン」を特製で。

更にメニューを見て気になった「北の白ごはん」も追加。


「八雲特製味噌ラーメン 1100円」
イメージ 4

北海道味噌と信州味噌を合わせた熱々のスープ。

飲めば味噌の芳醇な香りがふんわりと鼻から抜け旨味が広がる。

店側では濃厚と謳っていますが、中華鍋を振るう札幌式の味噌としてはライトな味わいで、口当たりも優しく後味もスッキリ。

ひと昔で言うと「えぞ菊」「どさんこラーメン」のような懐かしい味わい。



イメージ 5

自家製の中太麺は小麦の風味をしっかり感じ、

モチモチツルっとした食感も良くスープとの相性もGood!

噛むほどに旨味が広がるレアチャーシュー、

プリプリの海老ワンタンに煮卵も申し分なし。


「北の白ごはん 250円」
イメージ 6

そして気になり追加し注文した「北の白ごはん」は、

ご飯とホクホクのジャガイモと合わせ、

北海道産の白わさび醤油をかけていただくスタイル。

ジャガイモの甘みとバターのコク、白わさび入り醤油のピリッと感が噛み合い、想像以上に美味いですなぁ〜♪


スープ・麺・具ともにハイクオリティ。

こうなると塩・醤油も気になりますし、

「ざんぎ」で1杯やるのもイイなぁ〜

娘やカミさんを誘ってまた来ます。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。
 
 
 @『麺匠 八雲 本店』@
[住所] 東京都葛飾区堀切3-4-13
[営業時間] 11:00〜15:00 17:00〜22:00
[定休日] 月曜
[最寄駅] 京成本線「堀切菖蒲園」

三河屋@堀切菖蒲園

三河屋@堀切菖蒲園

この日のランチは二人のお供を連れて堀切菖蒲園駅前の『三河屋』へ訪問。

堀切での創業が1928年(昭和3年)という老舗中華料理店。


イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


注文はカミさんが人気のメニューとされる、エビチリ・唐揚げ・チンジャオロースなどが盛られた「ワンプレート中華」、もう一人の連れが「焼肉定食」、自分は「豚肉・ナスの味噌炒め定食」にしました。

「ワンプレート中華 1000円」
イメージ 4


「焼肉定食 750円」
イメージ 5


「豚肉・ナスの味噌炒め定食 800円」
イメージ 6

それぞれの定食がボリューム満点で食べ応え十分。

スープが味噌汁なのがまたイイですなぁ〜

デザートの杏仁豆腐、食後のコーヒーもサービスされ、

素朴な味と店の雰囲気にホッとする。

老舗の街中華に癒されました。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。
 
 
 @『三河屋』@
[住所] 東京都葛飾区堀切4-57-15
[営業時間] 
11:30〜14:00  17:00〜21:00 
[定休日] 木曜
[最寄駅] 京成本線「堀切菖蒲園」

新華@柴又

新華@柴又

柴又駅前の立ち食いそば屋『新華』に訪問。

イメージ 1


映画「男はつらいよ」シリーズの撮影地として有名な葛飾柴又。

駅の改札を抜けた駅前広場には「寅さん」と「さくら」の銅像が立ち並ぶ。

イメージ 2


そんな駅前にある創業45年になる『新華』が、柴又駅前の美化整備開発の為に2月いっぱいで一旦閉店する事になり、時期は未定ながらも再開発後に屋号を『三松』に変更しリニューアルするオープンとの事。

イメージ 3


イメージ 4

イメージ 5


「ラーメン・小カレーセット 650円」
イメージ 6


イメージ 7

穏やかな表情をした醤油スープ。

優しくアッサリながらも鶏ガラ出汁がしっかり出ており美味しい。


イメージ 8

ツルツルと啜れる細麺はサクリとした歯切れ感が心地いい。

チャーシューは肉厚のしっかりで、

コリコリのメンマもタップリ。


イメージ 9

「小カレー」と言え結構な分量があり食べ応えがある。

鶏ガラスープを使用しているようで、

出汁の効いたマイルドな味わいに仕上がっており美味しい。


ラーメン・カレーともにシンプルで心に沁みる昭和の味。

また一つ消えゆく昭和の姿を目に焼きつけて、

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『新華』@
[住所] 東京都葛飾区柴又4-8-15
[営業時間] 6:30〜20:30 日祝 6:30〜18:00
[定休日] 無休
[最寄駅] 京成金町線「柴又」

手打式超多加水麺 ののくら@亀有

昨年12月にしたオープン亀有の『手打式超多加水麺 ののくら』に訪問。

店主は『九段 斑鳩』の出身の方。

オープン当初から話題になり、行列も凄く連日の早仕舞い。

近場でもあるし少し様子をみてから訪問しよう・・・

なんて思っていたらズルズルと(^^;

手打式超多加水麺 ののくら
イメージ 1

平日の13時到着で中3名+外1名の待ち。

その後、自分の後ろに3人並んだ時点で何と売切れ終了。

いや〜危なかった

平日でも相変わらず人気なんですね〜

カウンター7席の店内にはガラス張りの製麺室があり、

手打ちと製麺機を併用する製麺方法のようですね。

製麺室を見ただけで期待値が上昇

イメージ 5


イメージ 2


イメージ 3

オープンから数か月経過していますが、

メニューは未だに潔く「中華そば(塩・醤油)」のみ。

塩が先に表記されている事から塩推しと思われ、

今回は「特製中華そば(塩)」を注文。

「特製中華そば(塩) 980円」
イメージ 4

表面に黄金色の鶏油がキラキラと輝く清湯系塩スープ。

一言で表現してしまうと凄い出汁感。

鶏と魚介の芳醇な旨味とコク深さ、

じんわりと優しい塩の味わいも素晴らしい。

ほのかに香る柚子の風味も加わり、

心地好い余韻がいつまでも楽しめる♪

美味しい〜


イメージ 6

国産小麦を中心にブレンドされた自家製の太縮れ麺。

茹でる前には丁寧に手揉みされます。

加水率55%という店名通りの超多加水麺は、

みずみずしくてプリプリ&モッチモチ、

縮れ麺のピロピロ感もたまりません。

この麺なら「つけ麺」「まぜそば」でもイケるでしょうね〜


低温調理されたチャーシューはも美味。

ピンク色の豚肩ロースは肉々しく、

ハムのような鶏むね肉はしっとり。

モッチリしたワンタンの皮も麺同様に手打ちなのかな?

煮玉子も濃厚で美味しいですね〜

イメージ 7


分厚い出汁感がダイレクトに味わえる塩スープ。

出身店とは多少違う感じですが、

オリジナリティさもあり間違いなくハイレベル。

こうなると醤油を食べに再訪問ですね。

塩好きのカミさんも連れて来るかな。

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。


@『手打式超多加水麺 ののくら』@
[住所] 東京都葛飾区亀有3-11-11
[営業時間] 11:30〜14:00 18:30〜21:00 ※昼夜とも売切れ次第終了
[定休日] 日・月
[最寄駅] JR線「亀有

ラーメン大 堀切店@堀切菖蒲園

久しぶりの二郎系。

数年ぶりに『ラーメン大 堀切店』に訪問。

イメージ 1


イメージ 2


「らーめん並 680円+にんにく」
イメージ 3

ん・・・

野菜の盛り具合がイマイチ・・・

そう言えば作り手によって盛り具合が結構違うんだよなぁ〜

野菜を増しておけば良かった


スープは『二郎』特有の乳化スープではなく非乳化の豚骨醤油。

なので背脂があっても飲みやすい仕立て。


イメージ 4

適度にゴワゴワ感のある太麺も食べやすい茹で加減。


イメージ 5

肩肉の豚も程好く嚙み応えがある。


どうしても『二郎』と比較してしまうと物足りませんが、

気軽に食べやすい二郎インスパイア。

でもコレはこれで美味しいんですけどね(^^;

ここは次女が食べに来たいようなので次回は連れてこようっと。


自分は久しぶりに聖地『ラーメン二郎 三田本店』に訪問してみようかな♪

ごちそうさま。
※あくまでも個人的な味覚表現ですのでご容赦下さい。
 
 
@『ラーメン大 堀切店』@
[住所] 東京都葛飾区堀切4-57-14
[営業時間]
 11:30〜15:00 17:00〜25:00(LO24:45)
[定休日] 無休
[最寄駅] 京成電鉄「堀切菖蒲園」

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事