マンガとアニメの感想録とか

仕事でストレスがたまりまくり・・・(*´Д`)=з

全体表示

[ リスト ]

絶対可憐チルドレン

第三十二話「珍味佳肴!タッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」

皆本と葵が京都に行っている間、薫と紫穂の面倒を見ることになった賢木。しかし、同じサイコメトラーの紫穂の子供らしくない態度に、大人げなくムキになって勝負を挑むことに・・・


賢木と紫穂、ゲーム対決

「レベル7がなんだ!レベルの差なんか人生経験で埋めておまえを倒す!」

イメージ 1

「いきなり高等テクの裏技!?紫穂、貴様このゲームやりこんでるな!」

「気を散らそうったってダメよ。ってゆーか、先生の人生経験ってその程度?」

イメージ 2


対戦ゲームだと相手の真理を読んで100%勝ってしまうという紫穂。賢木はサイコメトラーとして時には知らないフリをしてやれと諭しますが、紫穂は賢木の言をスルー。そこに薫がサイコメトラー同士の勝負が見たいと言ってきたものだから、マジになった賢木と紫穂が勝負。

賢木が出てくるとジャンプ系のパロが多いんだよねえ。JOJOの他にもデスノートとかもやってるしw まあそれだけ動かし易いキャラなんでしょうねえ。確かにギャグもシリアスもいけるキャラだしねw

個人的にはこのすぐにムキになる性格が最も愛すべき点なんで、今回の紫穂との大人げない勝負は結構好きな回なんですw


レースゲームで完敗した賢木はムキになり、今度は自分の得意な釣り勝負をしようとわざわざ海に出かけます。

大人げない釣り勝負

「今度こそ俺が絶対に勝つ!これが得点評だ!この図にない魚は0点とする!制限時間は原子時計で正確に出すからな!」

「・・・・・・どこまで大人げないのよ」

イメージ 3


点数表まで作って10歳の子供と勝負する20過ぎの大人の構図が面白いんですよw ムキになる賢木とは裏腹に、次第に冷めてゆく紫穂の対比もいいんですけどねw

でもこれは賢木が子供時代に理解してくれる大人がいなかった反動なのでしょうね。子供のままだと耐えきれなかった彼は、早く大人になって一人前と認められる必要があったんでしょう。
紫穂たちのように、皆本のような理解して保護してくれる大人がいるということが、賢木には羨ましくてたまらず、それを分かっていない紫穂たちの態度にムキになっているということですが、基本的に賢木は精神的には子供の部分が多いから面白いんですけどねw


勝負を始めた二人ですが、その直後に賢木の古い知り合いの医師連中も釣りにやってきました。権威と出世欲に凝り固まった大学病院の医師たちを毛嫌いして日本を飛び出した賢木にとっては嫌悪の対象ですが、相手にとっても権威に屈服しない人間は目の上のたんこぶ。
お互い牽制し合いますが、その途中で相手のお偉いさんが動脈瘤破裂で昏倒してしまいます。
賢木は憎らしい相手だが見殺しにはできないと、船上で執刀することに。その助手に紫穂を指名します。

船上での執刀

「透視とナマで見るのは違うだろ? 透視で全てを見知ったつもりになるのがいかに甘いか分かるよな? 歳を経て培っていく本物の知識や経験には叶わないんだ」

「なんでそういちいち突っかかってくるのよ!」

「俺はさ、羨ましいんだよ。10歳で皆本や仲間に出会えたおまえが。俺なんて守ってくれるヤツなんて誰もいなかった。ずっと・・・・。分かるか?おまえは皆本たちに守ってもらえてガキでいられるんだ。それがどんな幸せなことか・・・・」

イメージ 4


賢木にとっても紫穂にとっても、ノーマルで初めて心を開いてくれたのが皆本だけ。そんな希少な人物と小さい頃に出会えた紫穂たちを羨ましく思うと同時に、きっと心の中では彼女たちの幸せを喜んでいるんでしょうね。

そして手術は成功。
分かり合えたと思った賢木と紫穂だけど、結局、生意気なクソガキと大人げない大人という二人の印象は変わりませんでしたということで終わり。
原作の方は二人が表立って突っかかり合うのをヤメてテレパシーで裏で悪口を言い合うという締めだったのに、アニメ版はスルーだったんで何とも中途半端な終わり方。まあ、これがアニメ版の限界ですかねw

原作だとテンポがあって面白かったし、〆方もキレイに終わったのに、アニメ版でよく出来ていたのはレースゲームの描写くらいですかね。
「のだめ」と違って取捨選択が巧くないのはこの作品らしいというべきか・・・

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事