地平線犬倶楽部

世界各地の犬を紹介しています

全体表示

[ リスト ]

 タイから戻りました。
 バンコクでは12月5日のプミポン国王の誕生日を祝う祭りが13日まで続いていて、とてもにぎやかだったし、アユタヤでも世界遺産フェスティバルが開催され、国中お祭りムードでした。乾季のベストシーズンだからでしょう。

イメージ 1

プミポン国王の著書。左は日本語版の「奇跡の名犬物語」(世界文化社)、真ん中がタイで入手したオリジナル版、右が国王とトーンデーンが表紙になったタイのペット雑誌


 今回の目的のひとつは、プミポン国王のロイヤルドック、トーンデーンの生まれ故郷を見ること。

 トーンデーンのことは著書を読んでいただければわかりますが、ラッキーにも処分される寸前に戻された野良犬デーンが産んだ子犬の一匹で、縁があってプミポン国王が引き取って育てています。国王はほかにもたくさんの犬を保護していて、本では20匹ほどいるとのこと。その中でもとにかく賢くて国王のお気に入りが「トーンデーン」なのです。


 プミポン国王の著書に「バンコクのワントーンラン区、医療開発センターの裏通り。現在はゴールデンプレイスというショッピングセンターになっている」と書かれていたので、それを頼りに訪ねてみることにしました。その通りは残ってなくても、野良犬くらいはいるだろうし、トーンデーンの痕跡があるかも、くらいの気持ちでした。

 観光名所でもなんでもないし、ショッピングセンターも小規模なものらしく、誰に聞いても場所を特定できなかったのですが、バンコクのインフォメーションセンターで聞いたら、ネットで調べてくれて、公共バスでの行き方を教えてくれました。

「このあたりでバスを降りて、あとはタクシーで行ける」
  

 そのとおりに171番のバスで向かったのですが、車掌に地図で降りる場所を示してもよくわからない様子。車掌は英語がまったくできず、面倒くさいのか、あとは知らん顔して料金も徴収せず。
 その様子を見て、後ろの人や横の人が親切に英語で教えてくれました。タイの人はわりと控えめで向こうからしつこく寄ってくることはないけれど、聞けば親切に教えてくれるし、チップなどを求めることも決してありません。なんとなく、日本人の感覚に近くて親しみを覚えます。

 そんなふうに、タイの人々のおかげでたどりついた「ゴールデンプレイス」。
 ローカルなスーパーマーケットと専門店があり、隣には大きな病院がありました。
 その病院のほうへ歩いて行ってみると、入口にいた守衛さんの周囲に犬が何匹かいたので写真を撮り、トーンデーンの本を出してみると、
 
 「犬はあっちにいるぞ」と、病院の敷地内にある一画を指差します。英語が通じずタイ語オンリーなので身振り手振りと推測ですが、そこには数軒の家が並んでいて、どうやらそこでも犬が飼われている様子。許可を得てそこへ潜入。

 通りで掃除していたタイ人の男性に聞くと、その家の人を呼び出してくれました。2匹の家に続いて出てきたのは、上品そうな初老の婦人。
 私がトーンデーンの本を見せると、納得したように家の中からもう一匹の犬を呼び出してくれました。

 それが、トーンデーンの母犬、デーンでした。
 
 まさか、まだ生きているとは思ってなかったし、何より生まれ故郷の路地はショッピングセンターのための再開発で住民は立ち退きに遭い残ってないと思い込んでいたので、びっくり。しかもかなり立派な家ばかりで、勝手に貧しい家々を想像していて失礼だったな、と心の中で恐縮してました。


イメージ 2

トーンデーンの母犬、デーンを飼っているカンダさんの家。ここには王様から譲り受けたタイ・バセンジーの兄弟2匹と、デーンの3匹がいます


イメージ 3

母犬のデーン。トーンデーンが11歳なので、少なくとも12歳以上だということは間違いないけれど、出自が明らかでないので正確には不明


イメージ 4

カンダさんが近所で飼われているトーンデーンの姉妹犬も紹介してくれました。他の兄弟姉妹は死んでしまったそう


イメージ 5

「そこで、デーンが子犬を産んだの」とカンダさんが教えてくれました。この路上にはかつて何匹かの犬が近所の人々の世話になりながら暮らしていたのですが、今では家の敷地内で飼われています


イメージ 6

病院の入口付近にはかつてのデーンたちのような、野良犬が数匹居て、みんなに面倒みてもらいながら暮らしていました。特にかわいがっているのは、ここで待機しているタクシードライバーのお兄さんのようです


 王宮に居るトーンデーンには会うことはかないませんが、きっと幸せにしていることでしょう。
 カンダさんによると、王様は今では100匹の犬を保護しているそうです。

 次回はタイの普通の犬猫を紹介します。

この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事