水中スケッチ画家CHIHIRO:楽園南国・癒しの世界

あなたと出逢うために、笑顔のために、描き続けていきますね。

全体表示

[ リスト ]

立て続けの個展が終了し、やっと少しずつ片付け始めているのですが、次も動き始めていることに感謝です。

思うと、このブログを立ち上げ始めた頃は、とってもとっても時間がありあまっていて、日々が長かった〜
みなさんが「あっという間に1年が」「もう○月が終わる」って言葉が実はわからなかったんです。
それは、暇すぎて。1年がすっごく長かった。1ヶ月がとんでもなく長くて。もちろん1日も長い。

描いても描いても発表する場所がなくて、いつか、いつか、いつか・・それだけを想い続け、描いてました。

現在、発表できる場所があることに本当に感謝。ちひろの絵と出遭い、気に入ってくださる方々と出逢えることに感謝の日々です。本当にありがとうございます!




先日の経王寺での個展の為に書き下ろした、絹本(けんぽん) 絹絵の大作!

これを、ちひろ初の「掛け軸」にすることになりました♪ 縦2メートルにはなる大作2本の一幅!

これも、経王寺でのご縁で、ちひろの考え方や絵をすごく大切に考えてくださる「表装の方」と出逢えたので、安心して作品を預けてまいりました。

掛け軸(表装)には数ヶ月かかるので、今はその出来上がりの日を楽しみにしてます。



その時の打ち合わせで、ちひろの絵によく使われている「白」について話題になったのです。

さすが、何代にもわたって表装をされている方で、絵もしっかり見ていらっしゃる。


ちひろの「白」は、通常、日本画で使う「白」で、牡蠣や、ハマグリの内側の白い部分の粉なんです。

実はこの「白」・・・ひび割れが起こる可能性が一番高くて、使いこなすのが難しくってね。。。

この作品は絹絵でなく、別の大作【虹の伝説】の部分です。↓
(「白」の扱いは画像ではわかりにくいと思いますが参考のために・・・)
イメージ 1

だから、今回の「絹」に絵を描くのは、すっごくちひろにとって挑戦だったんです。

特に、ちひろの「白」の使い方は、白だけでグラデーションを作って形を起こすので、ひび割れ(剥落)せずに描けるかが一番の課題でした。

これには、天候や湿度、下地色との相性、その他の画材の調合具合など、微妙な調整が多々必要でした。

神経ピリピリでしたね。


表装の方は、それらをご存知でしたので、はじめ、掛け軸として巻ける状態に出来るかが怖かったそうですが、打ち合わせをし続け、絵を触られていた時に・・・

「この「白」の使い方には驚いた。本当にしっかりしている!これは安心して表装を楽しんでできますよ!」って
太鼓判を押してくださいました♪

今まで素晴らしい作品の数々を手掛けられてきた専門家に言われたら!これほど嬉しいコトありません!


どの作品も、お嫁に出してから絵の損失がないか、親としては気になるもので、そのようなことがないよう充分注意を払い、テストを何度もしているのですが、このように専門家のお言葉をいただけたので、ちひろの絵をお持ちの方々に、お伝えしたくなりました。

ちひろの絵をお持ちの方々、こんなエピソードも含め、もう一度、絵を見直してもらえたら嬉しいです♪

いつも読んでくださってありがとうございます。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事