乗務員日報

仕事したり、遊んだり、何もしなかったりした日々の記録
この週末は映画とかアニメとかを見て消化。
夏も終わりの感じになってきたし、そろそろ長距離走ってダム巡りでもしたい気分。
しかし今後の仕事がどうなるのかよく分からない現在、
旅に出ても今一つ落ち着かない感じがする。


本日、オークションで落札した鉄コレ6弾の近江鉄道が我が家に到着。

イメージ 1

今まで何度か手に入れようと挑戦したものの結構人気で値段が上がってしまい、
なかなか妥当と思える価格で落札できなかった。

今回は相手がすんなり引き下がったので、やっと手に入れることができた。
動力が近くに売ってないのでまだ入手しておらず、
それが手に入り次第走行化やディテールアップに取り掛かるつもり。

イメージ 2

じわじわと増える近江鉄道車…
ごく最近の西武車は鉄コレが出たけど、
その他メジャーな車両は入手困難なキットが多いし、旧型車は経歴も姿も複雑怪奇、
深くハマるとえらいことになりそうな(笑)
せめて800系くらいは鉄コレで出てくれると嬉しいけど。

イメージ 3

旧型車がヤードにゴロゴロしてるのを毎日のように目にしてた時期もあったのになぁ…

もっと乗ったり資料写真を撮っておけばよかったなぁ。

ひょんなことからヤードに入れてもらったこともあったのに、その時カメラを持っていなかったし。
まぁ人生後悔の連続ですな、いろいろと(笑)

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

昨日は自力でリフォーム中の弟宅へお邪魔して、作業経過を見てきた。

イメージ 2

そして夜はみんなでBBQパーティーを実施。
ぼくは両親を送る係だったので飲めなかったけど。
先日は花火大会も見に行ったし、夏のお約束行事をちゃんとクリアしています(笑)


本日は近江ED31の最終工程。

イメージ 3

カプラー台座にタップを立てて、組み立てたマグネマティック#2004を固定してみる。
カプラー付属のビスが長すぎて床板に当たるようなので、少し切断した。

イメージ 4

台枠サイドの黄色帯は塗り分けをしなくて済むようにステンレスの薄板が付属。
適切な長さにカットして黄色で塗装。

イメージ 5

塗装したステンレス板を台枠に接着剤で貼りつけた。
台枠関連はこれで完成。

イメージ 6

車体やボンネットをマスキングして屋根部を灰色9号に、パンタグラフはシルバーに塗装。

イメージ 7

キャブ中央に社紋のインレタを貼って半つやクリアでコート。
屋根上はつや消しを吹いた。

イメージ 8

ガラスはゴミ箱から拾った適当なブリスターを切り取ったもの。
ゴム系接着剤の点付けで固定。

イメージ 9

ロスト製のホイッスルは少し磨いてクリアを吹いた後所定の穴に差し込んで接着。
ライトレンズは裏側をシルバーに塗り、塗膜を傷めないよう木工ボンドで固定。
パンタも取り付けた。

イメージ 10

そして最後にナンバープレートを微量のゴム系接着剤で接着。

イメージ 11

上回り、台枠、動力、カプラー受けを前後2本のビスで共締めし、
一旦外しておいたカプラーを再度取り付けて全行程が完了。

イメージ 12

近江鉄道ED31、完成!

グレーの背景ペーパーがあればよかったけど、
見つからなくて白背景なので下回りが見難くてスミマセン。

それなりに重量があり、モータに負荷もあまり掛けたくないということで、
付属のウェイトは取り付けなかったので、結果的に室内がシースルーになった。
牽引力はこれでも十分。

それと、パンタグラフがこれ以上上がってくれない(上げても落ちる)のが気に喰わんな〜。
もう少し高い方が形がいいんだけど。
後々ちゃんと上がるように手を入れるかも。

イメージ 13

まぁ、パンタのことは置いといて、レイアウト上で楽しみましょ。
鉄コレED14との共演。

光源によって色が少し違って見えるな。
この画像だとED14の方が僅かに紫掛かって見える。

イメージ 14

いいねー、カッコイイね。
リベットだらけの厳めしいボディなのに妙に軽快なカラーリング。
これこそ近江鉄道の電機!w

イメージ 15

こんな小編成もまたいいね。
近江八幡で貨車を受け取った八日市線の貨物列車のイメージ。

久しぶりの金属キットながら、とても精度が高くて組みやすく楽しみながら作業が出来た。
プラとは違う金属の質感はやっぱりいいね。
そのうちまた金属キットを組みたいな。

この記事に

開く コメント(4)

お盆ですね。
昨晩Googleマップで渋滞状況見て楽しんでたけど、
名神の京都付近とか京滋バイパスとか、
新名神、東名阪なんかもかなり渋滞してた様子。
渋滞を避けて深夜に移動するつもりが、考えることはみんな一緒ということだなw


色々あってしばらく中断してた近江ED31の続きをやります。

イメージ 1

前回までの、組み立てが完了した状態。
きれいに洗浄してあったので、特に酸化したりもしてない様子。

イメージ 2

念のため再度クレンザーと中性洗剤で洗浄し、プライマーを吹き付け。

イメージ 3

車体色の水色っぽい灰色をどうするかが思案のしどころ。
鉄コレのED14と一緒に走らせたいので、この車体の色に合わせることにした。
明るい灰色をベースに青を追加して寄せていった。
ちょっと量を作りすぎたかも…

イメージ 4

エアブラシで吹付け。
霧が出てない、ヤラセ写真ですね(笑)

イメージ 5

久しぶりにエアブラシを使ったら、シンナーの量の加減にちょっと失敗。
最初塗料が濃くなりすぎてザラついてしまった。
ある程度は2000番のペーパーで均して再度吹き付けてリカバー。
塗料を全部落としてやり直せばきれいになるだろうけど、
まぁそこまでする程でもないかなぁ…

面倒だしこれでOK!w

イメージ 6

動力ユニットも塗装。
台車枠、カプラー台座、床下機器周辺につや消しのブラックを吹付け。

イメージ 7

台枠も塗装。
黄色はGM黄色5号、マスキングしてつや消し黒。
小物類は面相筆で色差し。

元ダメ管コックの色が違うな、実際は赤。
後で直しときます。

それと、目立たないくせに邪魔なキャブ下のステップは撤去した。
やっぱり走行機能が第一。

イメージ 8

プレートは赤2号で塗装して磨き出し。
貼り付けは完成直前のお楽しみ。

イメージ 9

恒例の仮組み。
感じが出てきましたねぇ。
色合いもそこそこED14と揃ってるようで、一安心。

次回で完成予定です。



この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事