乗務員日報

現在体調の都合により乗務員を外れています…給料キビシイ
イメージ 1

係長、後輩、ぼくという恒例の3名による運転会をライブリースペース「和」にて開催。
パンタグラフのない車両によるお祭りとなりました。

まずは昨日屋根を汚した機関車たちの雄姿をご覧ください…

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

綺麗な模型もいいけれど、やっぱりこの方が迫力感じられるのかなって。
持ってるDL全部汚くしたい(笑)

イメージ 5

機関車を汚した後、キハ40もウェザリングしてみたのだった。
長編成は大変なので、まずは2両だけテスト。
美しい完成品に真っ黒な塗料を吹き付けるのは、機関車以上に緊張する…

イメージ 6

今回初参加のフラノExp.(アルコン)
気に入ったので結構長い間走り回ってた。

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12




イメージ 13

北海道リゾート気動車パーティ。
Nゲージで製品化されてるのはこれで全部?
展望席に座ったクリスタルExp.も製品化して欲しい!

イメージ 14

後ろに違うのが混じってるけど、183系気動車パーティ。
一般の183系は淘汰の流れだしニセコExp.も運用離脱したし、
ノースレインボーExp.もこの先あまり長くなさそう。
今のJR北の体力じゃ後継車も望めそうにないな…

イメージ 15

時代を隔てた特急コンビ。
優雅な82系も軽快な261系も、ぼくはどっちも好きです。
内燃機関、最高!(笑)

以下は自分以外の車両など。

イメージ 16

以前ぼくがオーバーホールした、係長保有のKATO DE10旧製品。
とてつもない超大編成を牽引して頑張って走っておりました。

イメージ 17

12系を牽いて快走する姿もナイス!

イメージ 18

こちらも係長のDE15。
地元福井では山の方で既に雪が降ってるけど、これで冬季準備はOK!

イメージ 19

イメージ 20

後輩のキハ23+キハ52、越美北線のイメージとのこと。
後輩が持ち込んだ車両の中で、一番琴線に触れたやつ。
屋根を猛烈に汚したい!w

イメージ 21

こちらはHOゲージの高架線で、ぼくらとは別のお客さんが走らせてたもの。
勝手に載せちゃってすみません!
ROCOのICE-TD DSBバージョンかな。
DCCサウンドでエンジン音を轟かせながら快走。
こういうのを見るとまた欧州型を持ち込んで走らせたくなるんだよなぁ…


ところで、レイアウトに車両を配置しているくらいの時、
ブログ仲間であるスイス・レーティッシュ鉄道ファンのなべなべさんが訪ねて来られました。
昨日の記事で運転会のことを知り、近くを通りかかったため寄られたそうで、
実際にお会いするのは初めてのこと。
今後ともよろしくお願いします!


今回は午前中のスタートで、昼食は運転終了後になった。
近江ちゃんぽんを食べてきたよ。

イメージ 22

帰り道、まだ日が高いので帰るには早かろうということで、
湖岸をしばらく走って長浜鉄道スクエアに寄った。

イメージ 23

イメージ 24

投炭の真似事をして残像になっているのは、後輩ですw

イメージ 25

蒸機と比べると信じられないくらい運転機器がコンパクトになってるね。
灼熱の罐から解放され、レバーひとつで自由に出力を制御して運転できる。
客貨車を牽引するという同じ目的の機械同士ながら、すごい技術革新だ。
今のVVVF車への進化も無論すごいことなんだけど、
運転操作上ではSLからEL程のギャップはない。


その後、日のあるうちに福井へ帰着。
いつもは13時スタートにしてるけど、午前中から始めると時間に余裕が感じられるな。
けど、朝は少し早いから、寒いし眠い…w

次回の運転会は来年2月の予定。

この記事に

開く コメント(2)

DL 屋根のウェザリング

イメージ 1

弟のN-BOXが納車ということで、ショップのある氷見まで軽くひとっ走り行ってきました。

イメージ 2

んでせっかくなので氷見の道の駅でお昼ご飯を。
氷見うどん食べてきた。

本日は小ネタだけど、DLの屋根上を汚くした話を。

イメージ 3

明日の運転会に持ち込むDF200とDD51に、排気による煤汚れを再現してみた。
施工はエアブラシでつや消し黒を吹き付け。
DF200はおでこの高さより上、車体中心線上を重点的に汚し。
DD51はキャブ屋根を強めに、ボンネット上にも軽く吹いてみた。

イメージ 4

製品のままのTOMIX DD51と比較。
そのままでもカッコいいけど、やっぱりあまりにも綺麗過ぎるように感じられてくる。

鉄道模型におけるウェザリングというのは好き嫌いがかなり別れる表現で、
個人的には電車はあんまり汚さなくても別にいいかなぁという気がするけど、
DLはやっぱり屋根上くらいは煤けてた方が頼もしく感じるように思う。

イメージ 5

情景の中で

イメージ 6

車体そのものは綺麗でもいいと思います。
ウチの場合レイアウトがこういう明るくポップなイメージなので、
錆交じりの雨垂れなんて表現した車両を置くと単に汚らしいだけのように思うので…

さあ明日も早いので、程々にしてもう寝ましょう。

この記事に

開く コメント(0)

Nゲージ いろいろ

相変わらず天気がよくないので、週末は引きこもって模型でも触ってます。

イメージ 1

KATOのDD51中期耐寒型…北海道向け
オークションで入手した中古品ながら、殆ど使用感のない新品同様と言っていい美品。
ボンネット先端のラジエーターグリルが無骨でカッコいいです。
パルス常点灯のためにキャパシタを外したくらいだけど、屋根上だけでもウェザリングしたい。
来週末にレンタルレイアウトでコンテナ列車を牽いてもらう予定。

イメージ 2

ちょっと前に発売になったTOMIXのキハ40 1700。
ようやく付属パーツ類を取り付けて室内灯を入れ、運転準備完了。
最近はKATOの「Ready to Run」仕様の方が有難い気がしてきた…

イメージ 3

既にレンタルレイアウト走行も経験しているTOMIXの183系気動車各種。
真っ白な前照灯が気になっていたので、導光材にクリアオレンジを乗せて電球色に近づけた。
国鉄時代のスラントノーズ編成が欲しいな…再生産してくれんかな…

イメージ 4

マイクロのフラノエクスプレス(アルコン)キハ59。
出来はとてもいいけどスカートと前位台車の間がスカスカで気になってたので、
台車にTOMIXの排障器を取り付け。
運転台下には空気ダメがあるので、手持ちの余剰パーツから適当なタンクを取り付け。
ココがごちゃごちゃしてると気動車らしい重厚な足回りになって、個人的に大満足。

イメージ 5

後輩からの依頼で落札したGM103系瀬戸内色。
台車、動力、パンタをTOMIXに交換、幌取付け、TN化など施工。

イメージ 6

動力は103系用FW動力を使用するが床下機器がモハ102用で合わないので、
ダイキャストフレームを加工して元のツインモーター動力の床下機器を使用。
機器以外はツヤ消し黒でシャドー化して目立たなくなった。
後はインレタ・ステッカー・ライトユニットを調達して組み込めば完成するけど、
ライトユニットがなかなか手に入らないな…

この他後輩の大量のキハ120のテスト走行、整備など。
週末2日間スカッと晴れればどっか出掛けたいんだけどなぁ…
雨ばっかで車いじりもままならない。

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事