乗務員日報

仕事したり、遊んだり、何もしなかったりした日々の記録

475系「立山」 その1

先日の貸しレでの北陸大会にて、後輩の復活国鉄色475系を見て羨ましくなったChihiro。
前々からサハシも入った全盛期の急行編成が欲しいと思っていたこともあり、
TOMIXの475系を求めてオークションを物色するが、
それなりに高価な上に必要車種を集めるのが面倒臭そう。

そんな時にKATOの475系が基本増結セットでまとめて出品されていたので、
外観上気に入らない部分を直す前提でこれを落札した。

イメージ 1

届いた475系。
「立山」になるように並べ替えてみたが、サハ455がなくてクハ455で代用になっている。
もしモハ456か474が単体で手に入ったらサハも作ってみようかな。
もしくは、TOMIXのを違和感がないように「グレードダウン」して組み込むか。

ともかく、落ち着きがあっていい雰囲気の編成だ。
ここはひとつやる気を出して、次の貸しレ運転会までに「お気に入り」になるようにしよう。

イメージ 2

製品を眺めて、「違うんだよなぁ…」と感じる部分を抽出。
KATOの国鉄形にありがちだけど、台車位置が後ろ寄りでフロントオーバーハングが長い。
本来中間車と先頭車では台車中心間隔が違うみたいだけど、KATO車は同じになってる。
そして小ぶりで不細工な汎用スカート、顎外れ仕様の中間先頭車。

屋根上の簡素な一体表現もちょっと気になるけど、塗り分けてやればそう悪いもんでもない。
やっぱり顔付近の造形が印象を大きく左右するので、
まずはこの辺から直していくことにした。

イメージ 3

先頭部の連結器は定番のボディマウントTN化、 0336を使用。
スカートはPZ-108、一体モールドのステップも活かしたかったが、
ボディ側の床板固定用の爪と干渉するので泣く泣くカット。

床板の先頭台車を固定する部分を撤去してフラットにし、プラ板で新たに作り直し。
この際、台車位置が元の穴より半個分くらい前になるように接着した。
正確に寸法を出したわけではなく、自分の感性が納得するように。
台車固定は3㎜ビスによるネジ止めに変更。

イメージ 4

台車先端にはPZ-106に含まれるスノープラウを取付けた。
元のカプラー腕を活かして取付けるが、ダミーカプラーが付いたクハ455の台車だけ腕がないので、
根元からプラ板で新製した。
連結面側は元の密連型KATOカプラーをそのまま使用するが、
カーブ通過に支障がない程度に連結間隔が詰まるよう加工した。
車輪は全車黒色車輪に交換。

イメージ 5

加工した下回りを車体にセットして様子を見る。
手前が製品状態、奥が加工済みで、軸受一つ分くらい台車が前に出た。
僅かなことだけど、これで自分の脳が安心して475系と認識できる雰囲気になった。

イメージ 6

スカートは幅が広くなって、ジャンパ連結器の繊細なモールドも付いた。
物々しいスノープラウもどっしりした安定感に寄与してるみたい。
車体そのものは何もしてないのに随分印象が変わるなぁ。

イメージ 8

台車がネジ止めされている様子。
スカートをもう少しだけ前に出したいけど、そうするとカプラーが前に出過ぎてしまう。
まあ雰囲気は悪くないから、とりあえずこれで。

イメージ 7

TNカプラーによる連結状態。
そうそう、クハの検電アンテナを小ぶりなTOMIX製に交換してみた。
いい感じなので数が揃ったら全部これに交換しよう。

イメージ 9

なおライトは電球色LEDに交換で煌々と輝く爆光仕様に。
とりあえず下回り加工が済んだ3両で試運転をしてみた。
このままで富山地鉄乗り入れ編成として使えるな。

後は屋根上機器塗装、室内塗装、室内灯取付けなどやりたいのだけど。
本製品のベースになってるのがとても古い457系なので、
集電板が入っておらず、現在発売されているLEDを使用した室内灯にも対応していない。
GMの20m級集電板が加工の上で利用できそうだったけど、手に入らない…
同じくGMの幌も欲しいのだけど、これも入手できない。
名古屋や大阪のGMストアーに行けばいくらでも売ってそうだけど、通販では品切れ。
ホント田舎に住んでると欲しい時に欲しいものが買えないんだよなぁ…

この記事に

開く コメント(0)

114行路-

乗務終了
遅延なし
異常なし

この記事に

開く コメント(0)

113行路-

乗務終了
遅延最大3分
異常なし

福井駅西口再開発ビル「ハピリン」オープン1周年を記念して、福井市内でディズニーパレード
その集客力は伊達じゃないね、朝のローカル列車が首都圏の通勤電車並みのラッシュにw
列車によっては積み残しもあったそうで、ぼくが車庫に入れた列車は3分ほど遅れてきた
ちょっと涼しかったが天候も最高に良かったし、いい行楽日和になっただろう

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事