元村議 ちかちゃん

日本がこの様な国だったことに愕然である。国会議会も解体する必要がある。

全体表示

[ リスト ]

   (つむじ風)

官僚(公務員)が支配する国家−踊る政治家、欺される国民−

大阪府・大阪市ダブル選挙で
風穴が空くか・・・・・??!
是非もあろう、
橋下徹候補の勝利は間違いない!
『独裁者』橋下市長誕生は、
何が変わるか?!

  是非があろうというのは、巷の橋下評である。『独裁者』、『風雲児』はたまた、『ヤクザのせがれ』まで、大きく分かれる。実際のところ、寡聞にして、良くは分からない。


 只、鳥瞰するにはっきり言えることは、既存の政党・既存の利権組織を敵に回していることは明らかだ。人格も見識も報道に依るほか知れないから、寡聞としか言いようがないが、その報道が曲者だ。

 既存メディアの報道は、そのほとんどが利権がらみであるから、その敵は味方と言うことになる。脱利権・脱官僚・脱政党という観点に立てば、『風雲児』であることは間違い有るまい。

 閉塞した日本の政治に風穴を空けなければならない。

 だとすれば、

 『風雲児』が求められる。口では良いことを言うが、最終的には官僚のお為ごかしに欺されて、結局はその使い走りに成り下がった既存政治家が如何に多いことか。それでは刷新は出来ないのである。

 マスメディアに『独裁者』と呼ばれたもう一人の前市長が居る。竹原信一前阿久根市長である。氏は、マスメディア・公労協・検察そして、似非右翼に攻撃され、最後は何も知らない市民に結局は利権構造の包囲に破れた。これは明らかである。

 不正選挙で敗れたとの憶測もある。

 今は混沌の時代を生きている。混沌の時代というのは、何が本流か見失った時代だ。つまり、民主政治は国民・住民主体の政治のことであるが、実際はそうではない。官僚支配、公務員身分制度による、偽善民主政治がまかり通っているのである。

 現在のマスメディアは社会の木鐸ではない。その某塵売りも是非は兎も角、風穴が空きかけたか?

 現在の警察・検察は法の番人ではない。

 現在の裁判所までも、罪刑法定主義に立たない、最高裁事務総局の官僚裁量に陥っているから、国家の根底は腐っているのである。

 つまり、最低の正義が今喪われている。従って、国家は国民の依って立つべきところではない。寧ろ、国民を使役する機関に成り下がった。あれだけ大震災の被害を被りながらも、利権構造はなくならないばかりか、原発推進は尚も執拗に進められようとしている。増税まで大震災の理由に推進されると言うことは、何を基調に政治が行われよとしているのは、何をか況や、であろう。

 放射能対策は、皆無である。

<ジョン・タイターは工作員だが? 予言ではなく予告と考えるとズバリ!>

 あるのは災害復興利権が大手を振っている。これは間違いない。除染は利権だけで進められ、実効は上がらないであろう。放射能消滅技術は何等活かされていないし、『冷温停止』は彼方であり、数万トンの真水でただ冷やすだけに終始している。

 この事が明らかになるのは、そう遠い時期ではない。

【転載開始】公開日:2011/11/23 07:43
 
 内部告発「自民党参議院議員の議席を国民の電気料で買った!」の告発内容を配信していませんが、もう少し待ってください。その前に、直近に入った告発を配信します。
 
 読者は、“爆発し放射能撒き散らした原発”は、冷温停止すれば安心なのだと思い込んでいませんでしたか?筆者もそう思い込んでいました。ところが、これはとんでもない勘違いだったのです。以下、告発内容です。
 
「渡邉先生は原子炉が冷温停止すれば、もう安心と思っていませんか?」
―原子炉も活動が止まって廃炉になるんじゃないの?
「違いますよ!分かり易く説明しますと、今、毎日何万トンもの真水を注入して冷やしているのは、高温になるとまた爆発するからです。それはわかりますか?」
 
―分かったような分からんような。停止するってことは高温にならないんじゃないの?
「そうじゃないんです。毎日数万トンもの水を注入し続けているから冷温になって活動が休まるだけなんです」
―ということは、水の注入を止めたらまた高温になって活動を始めるってこと?
 
「そうです。ですから、未来永劫大量の真水を注入し続けなければならないんです」
―おいおい、東電はそんなこと一言も言ってないじゃないか。冷温停止するば安心ですって、細野剛志のヤツもそんな口振りだよ。
「危険は続くんです。気を緩めたら大変なことになりますよ。ウチのことを言うのは情けないですが、東電や原子力安全委員会、細野原発大臣の言うことはごまかし、嘘と思ってください」
 
―ふざけた話じゃないか。国民はどうすりゃいいんだ?
「東電の社員としては困りますが、すべての原発を廃炉にして自然エネルギーに切り替える以外にないです」【転載終了】
 

 この国は、このままでは危ない。

 日本は建国以来の危機に瀕している。それは、グローバリゼーションの攻勢もさることながら、この国を構成している国民一人一人の自覚の欠如にある。その欠如を促す、言論の退廃にある。言わずもがな、マスメディアの罪は殊の外、大きい。

 マスメディアもこの国の一員であるなら、そして、官僚・公務員もそうであるなら、放射能にその区別はない。国の危急にその区別はない。国を去り、暖かく受け入れてくれる場所があるなら、そうすれば良いが、それは間違いなく幻想だ。早く目覚めなければなるまい。

 米国は間違いなく、崩壊する。欧州もそうだ。詐欺集団はやがて崩壊する。

 詐欺集団の言えば、国内にも存在する。何と、彼のブータン国王の演説を都合が悪いと言って、部分削除したという。それはこれだ。確認したが、拙ブログ『ブータン国王陛下、王妃のさわやかな日本訪問、演説!!』の書き起こしにも確かに存在しない。真偽は確認しようがないが、本当だとしたら詐欺報道である。


 さる方から、教えて頂いた。

 
 

転載元転載元: 天地の超常現象

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

私の考えに非常に近い方だ。
私もあなたの意見に賛同する。
国民はもう政治や国会など信じていない。
私は、何も力がないが考えがある。
私小説でも書いている。

もう政治家なんて要らないし、増税案にも辟易している。
税金の使途不明金が多すぎるからだ。

国会議員をリストラし、今のサラリーマンの平均年収に下げて
特典(電車などの交通機関の無料・飛行機の優待)を亡くしてしまえば、増税しなくても、被災地援助や、年金問題など1夜にして解決する。子供手当などの弱者を見捨てる扶養控除の廃止など社会保険庁の判断も、戦後当初と全く逆。制定限度の生活を守るはずの期間が、国民から税金をより多く巻き上げる期間になってます。扶養控除手当の改正と子供手当。そんなにどうしてお金を集めて、いったい何に使うの?何がしたいの?とすら思います。

全く日本には 筋の通った侍がいなくなってしまった。悲しい事だ。

2011/12/18(日) 午後 10:18 [ SAMURAI ] 返信する

同感です。
今回の福島原発事故で失ったものは歴史に残る程のものでした。
そして目に見えない大きな損失が政治とマスコミに対する国民の信用です。

世界各国が日本の放射能の汚染を分析している中、その情報を最も知らされていなかったのが日本国民です。

マスコミ関係者の人たちも情報を得ながら発信できない状態、担当者は辛かったのではと推測されます。

分っていながら平気で状況報告をし、後日知らなかったではもう国民の信用は得られません。

年金問題や福島原発問題は人災なのに、国民からの増税で事無きを得、子供手当などの弱者を見捨て扶養控除の廃止で赤字財政をごまかそうとする政府の姿勢は厚顔無恥としか言いようがないです。

2011/12/20(火) 午後 2:58 ブリキ屋テツ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事