クラシック歳時記in松本 (あるいはモーツァルトとともに1年を)

今春発売の内田光子/テイトのCDでようやく好きになれました・・・モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」

全体表示

[ リスト ]

4月1日(金)快晴

 4月。新しい年度が始まった。今日はそれにふさわしい天気。快晴だ。残雪を頂く北アルプスの雪の白さが目にまぶしい。

 職場に向かう車から正面に見えるのは常念岳。鮮やかな鋭角のピラミッド型に残る雪の量は、この冬の寒さを反映してか、思いの外多い。その左肩にちょこんと首を出しているのが槍。今日は白馬の向こうまで、北アルプスのすべてが見渡せる。

 ところでここ信州ではまだ本格的な春到来とはいえない。東京では桜の開花が伝えられるが、こちらは
家の白梅、紅梅がようやく咲き始めたところ。

信州では4月中旬以降、桜が開花、そして散った後、その他の花が一斉に咲き始めるとき、ようやく春本番を迎える。その見事さ、ダイナミズムは毎年のことであるのに、毎年々心から感動させられる。

 日本という四季の美しい国に、とりわけ季節の変化が劇的でダイナミックな信州に生まれ育ったことへの感謝の念、喜びに、おおげさに言えば「生きていてよかった」と胸ふるえる瞬間だ。

長い冬が続く(アルプス以北の)ヨーロッパには「美しき五月」という言葉がある。それほど長く待ち望んだ春が奔流のごとく押し寄せる感激と喜びを体感できるのは、日本では北海道に住む人々とわが信州人だけかも知れない。

 そういう訳で信州はまだ本格的な春の前、強いて言えば「早春」である。(ちなみに「春は名のみの風の寒さや…」で始まる中田喜直の「早春賦」は信州安曇野をうたったもので、勤務先から程近い場所にその石碑がある。)

 そんな早春の、田畑に赤や黄色の花の色はおろか、草の緑色もない、一面白茶けた枯れ草の野の風景に似合う曲がモーツァルトのバイオリン協奏曲第5番である。

 第一楽章、序奏に続いてすーっと入ってきた独奏バイオリンが一呼吸おいて、急速に旋律を上昇させながら、力強くかつ優美に奏でる第一主題。それはまるで早春の枯れ野の中から激しく空へ舞い上がるひばりのさえずりのようだ。

しっとりとして甘美な第二楽章、「トルコ風」の愛称を持つ典雅なメヌエットの第三楽章と合わせ、ひとことで言えば「優雅」な作品である。どこか老成した感さえあり、とても19歳の青年が書いた曲とは思えない。まぁ、そこがモーツァルトの天才たる所以であるのだけれど。

とにかくちょうど230年前、遠くヨーロッパはザルツブルクの地で作られた音楽が、今こうして極東の島国で遅い信州の春を待つ心象風景にマッチしている。クラシック音楽の持つ不可思議な魅力である。

 演奏はつややかで柔らかなバイオリンの音色で知られる、ベルギーのアルテュール・グリュミオーの独奏、コリン・ディヴィス指揮ロンドン交響楽団のものを、1961年の古い録音ですがお薦めいたしします。
(PHILIPS PHCP21014)

閉じる コメント(10)

顔アイコン

松本に行ったことありますよ。

2008/10/15(水) 午後 7:57 [ 清水菜穂子 ] 返信する

顔アイコン

菜穂さん、こんにちは。ご訪問ありがとうございました。松本の印象はいかがだったでしょうか?

2008/10/16(木) 午後 7:10 gustav 返信する

顔アイコン

広い街と言う印象でした。駅の近辺は立体交差が複雑で道に迷いました。私は銀色のシーズンに出て白馬村に泊まっていたとき、松本へも行ってみました。帰りは、松本を経由して新潟周りで帰りました。

2008/10/16(木) 午後 8:38 [ 清水菜穂子 ] 返信する

顔アイコン

菜穂さん、冬以外の季節にもどうぞお越し下さい。松本が一番いいのはゴールデン・ウィークが終わった直後の5月の次の週末!新緑が目映く、田んぼに水が入り、苗も植えられ、北アルプスは残雪に輝く!でもこの季節は東北もどこも素晴らしい季節かな?

2008/10/17(金) 午後 10:35 gustav 返信する

顔アイコン

早く、復活してください。みんな待ってますよ。

2009/5/17(日) 午後 9:39 [ サティ ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。モーツァルトの学習はこちらでしようかなと思いました。本にまとめられる分量ありますね。継続されていないのは、もったいないと思います。グリュミオーはヨーロッパ本流の弾き方のスマート・フェイスのヴァイオリニストだったでしょうか? 軽いノリの者ですみません・・・。

2009/5/22(金) 午前 0:31 [ scala & jd ] 返信する

顔アイコン

サティさん、忙しいのは皆さん一緒でしょうが、そこから時間を捻出するわが力のなさに、ため息をついています。ごめんなさい。

2009/5/23(土) 午後 9:04 gustav 返信する

顔アイコン

Scalaさん、いらっしゃいませ。古い記事ですが、読んでいただければ嬉しいです。私もそちらにおじゃまします。グリュミオーはソ連型(弓を腕で引いて音量を出す)全盛の20Cに、数少ないベルギー型(繊細で柔らかい音色を出す)の、手首でボウイングするタイプと聞いています。nobleなお顔立ちがそのお人柄と演奏を彷彿させますね。

2009/5/23(土) 午後 9:14 gustav 返信する

こんばんは。
kiyoiも新潟で生まれ育ちました。雪国の早春はよく知っています。
父は銀行員で登山家でした。槍ヶ岳で命を落としています。
長野という土地とモーツアルトがどれほど絶妙に調和するのか楽しみです。

2011/10/15(土) 午前 2:36 kiyoi08 返信する

顔アイコン

kiyoiさん、コメントありがとうございました。
新潟ですか!良いところですね。新発田に友達がいます。そして大学生の頃、山のサークルで信州の山以上に、春(初夏)の新潟のまだ雪深い残雪の上越国境の山々によく登りました。巻機山、魚沼駒ヶ岳、苗場山…。上越国境の残雪と新緑のコントラスト鮮やかなあそこにこそ、僕の青春はありました!!そのBGMはマーラーの交響曲9番。でも今は思い入れありすぎて聴けません…
で早春の安曇野の野の風景に合うのがモーツァルトのバイオリン協奏曲第5番というわけです。

2011/10/16(日) 午後 6:46 gustav 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事