クラシック歳時記in松本 (あるいはモーツァルトとともに1年を)

今春発売の内田光子/テイトのCDでようやく好きになれました・・・モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」

全体表示

[ リスト ]

11月2日(水)晴れ

 例年10月よりも11月に入った方が安定した穏やかな晴天の日が続くことが多い。昨日、今日と朝は大変に冷え込むが、日中は18℃位まで気温が上がり、穏やかに晴れ上がっている。

 こんな晩秋の穏やかな一日には、やはりブラームスの、それも比較的明るい曲が似合うようだ。ヴァイオリン協奏曲、ピアノ協奏曲第2番、ヴァイオリン・ソナタ第2番あたりだろうか。

 ヴァイオリン協奏曲は1878年ブラームス45歳の夏に、ピアノ協奏曲第2番作品83は81年48歳、ヴァイオリン・ソナタ第2番作品100は86年53歳の年に作られた。

 いずれも共通点は夏、風光明媚な避暑地や郊外で作曲されたということで、これらの曲の晴朗で穏やかで、田園的、牧歌的な曲想に影響しているように思う。

 このうちヴァイオリン協奏曲はブラームスが初めてのイタリア旅行を終えた後、オーストリア南部の避暑地ペルチャッハで作られた。

 ペルチャッハはウェルター湖畔の山紫水明の地で、その前年にも彼は夏、ここに滞在して交響曲第2番を一気に書き上げた。

 このようにブラームスが後年、夏になるとウィーンの街中を離れ、田園風景の中での創作活動を好んだ理由は、彼の少年期の体験にある。

 ハンブルクの貧民窟の一角に生まれながら、その音楽的才能を父親に見出され、当時考えられる最高の教育を受けていたヨハネス少年は、しかし一方で貧しい家計を助けるため、荒くれた船乗りたちのための酒場や食堂、ダンス・ホールでピアノを弾くようになった。13歳の時である。

 呼び出しがあると夜中でも駆けつけさせられ、安タバコの煙がもうもうと立ち込める中ピアノを弾かされていた少年は、やがてよろめきながら街を歩くほど衰弱してしまった。

 あんまりひどいので見かねた父の友人で、ハンブルクの郊外に住むギーゼマンという人が夏の間引き取ってくれ、ブラームスはギーゼマンの娘リースヒェンにピアノを教えながら、14歳と15歳の夏の田園生活を楽しんだ。

 この美しいインテルメッツォ(間奏曲)のような体験から、のちに夏になると自然の中に身をおいて創作をするというブラームス後年の習慣が生まれたといわれている。

 「ブラームスの田園交響曲」といわれる第2交響曲同様、美しいペルチャッハの自然の中で作られたこの協奏曲は、彼特有の交響曲的な重厚さとスケールを持ちながらも、のびやかで明るい楽想に満ちている。

 とりわけ第2楽章冒頭のオーボエが吹く牧歌的な旋律の魅力は、山上から見渡す美しい風景描写そのものだ。

 志鳥栄八郎は「この部分を聴くたびに、以前訪れた上高地の徳沢から穂高を見上げたときの爽快な気分を思い出し、心気の澄むのをおぼえる」と書いている。

 私の経験では、大学1年の時、山のサークルでの初めての夏合宿で北アルプスの薬師岳に登った時、この旋律が自分の中で聴こえてきたのを覚えている。

 富山の折立から天候不順でずっと雨が続いていたので、薬師の肩の小屋でもう一泊し、翌日は濡れたテントやシュラーフを乾かしながら、薬師のピークへの空身(からみ)でのピストンだけの日だった。

 心も軽く、身も軽く、山に登りはじめて、初めて感じる楽しい気分だった。「今自分がこうして自然の中に身を置き、山の稜線を歩いていることそのことが楽しく、うれしいのだ。」

 北アルプスの西北にあり、訪れる人も少ないどっしりした牛の背のようなその山容を、その後槍ヶ岳など遠くの山から望むたび、その時の楽しい気分を想い出すのだった。

 演奏はかつてはメニューイン/フルトヴェングラー、ルツェルン祝祭管1949年の歴史的録音を聴いていたが、最近はもっぱらヘンリック・シェリングのヴァイオリン、ベルナルト・ハイティンク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の1973年の演奏を聴いている。(LP:PHILIPS X-8547)

 何といってもシェリングのヴァイオリンが素晴らしい。美しく、艶やかでヴァイオリン特有のあの金属音が全くない、文字通り絹のような音色だ。

 レコードで聴く限り1970年代中葉録音のシェリングのヴァイオリンは、楽器が違うのか録音の関係か、少なくとも私の持っているレコードの中では最高の美音を奏でているように思う。

 

 

 

 

閉じる コメント(18)

顔アイコン

シェリングはデルジェスとストラドの2台を使い分けているそうですが、どの録音がどちらなのかは、いつも気になる問題です。ともかく、弦を聴くならCDよりレコードですね。羨ましい、その録音を無性に聴いてみたく思います。

2005/11/3(木) 午後 5:15 [ 中世 ] 返信する

ヴァイオリン協奏曲は私の数少ないCDコレクションに入っています!知っている曲が話題に上るとすごくうれしいです。曲の作られた背景がわかったので改めて聴いてみることにします。また違った感じで聴くことができそうです

2005/11/3(木) 午後 7:07 [ さら ] 返信する

顔アイコン

秋はとてもブラームスですね。GUSTAVさんによって洗脳されました!?山登りでの記憶素晴らしいですね。何かの体験と連動した感性はその人だけの表現しがたい深層の部分の宝物ですね。ブラームスは長生き派(短命派はだいたい40歳までに勝手に線引き)の作曲家ですから50才頃からの作品は重厚さと共に、若き日へのノスタルジーもあるのでしょうか。59歳で完成したというピアノ小曲集INTREMEZZI.117など大好きです。どうしたらあのような世界が止まるような音楽ができるのでしょうか。

2005/11/3(木) 午後 7:39 miumiu 返信する

顔アイコン

gloria tibi さん、「ともかく弦を聴くならCDよりレコードですね」そうなんですよ!シェリングをLPレコードで聴くと、レコード針が盤面をこするように、まさに目の前でシェリングがヴァイオリンの弦を弓でこすっているような生々しい感じがするんです。(宇野功芳流に言えば)「切れば血の出るような」生々しさで。これが快感でやめられないんですよ。

2005/11/3(木) 午後 10:52 gustav 返信する

顔アイコン

saraさん、ブラームスのVn協奏曲は華やかなイメージの協奏曲の中ではかなりシブイ部類に入ると思うのですが。これがお好きならばベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲もきっと気に入るんじゃないかな?

2005/11/3(木) 午後 11:15 gustav 返信する

顔アイコン

chakomyuさん、「ブラームスの50才頃からの作品は重厚さと共に、若き日へのノスタルジーもある」その通りだと思います。最晩年のピアノ小曲集116〜119の一連の作品もクララへの思慕がそのモティーフだと聞いたことがあります。ブラームスのピアノ曲は最初期のソナタとかしか聴いていないので117も聴いてみたいです。

2005/11/3(木) 午後 11:40 gustav 返信する

顔アイコン

ヴァイオリン協奏曲、うちにあります!上の方も言われていますが、わたしも「あ、これだこれだ」ってうれしくなりました。ところでわたしもブラームスの晩年の小曲集好きで、最近よく弾いています。

2005/11/4(金) 午後 0:23 you 返信する

顔アイコン

youさん、「ブラームス晩年の小曲集が好きで最近よく弾いています。」「聴いています」じゃないところがすごいですね。やっぱり聴くだけでは 弾く人にはかないません。

2005/11/4(金) 午後 10:26 gustav 返信する

顔アイコン

訳詞、じゃない、薬師に登られたんですね。わたしは01年、父と北ノ俣避難小屋二泊で黒部五郎に行きました。まだ梅雨があける前で、雨に難儀し、展望がほとんどなし。しかし二日目、黒部五郎からの戻り、中俣乗越でガスが切れ、一瞬視界が開けました。その時の感動の様子が日記に残っています。薬師の写真も残ってますよ。ああ、懐かしい。

2005/11/5(土) 午後 3:59 zar*th*s*rafu*i 返信する

顔アイコン

レコードいいなあ・・・。筆者も、死ぬまでに一度は、よいステレオで、LPを聴いてみたいですね・・・。それにしても、ブラームス・ファンって凄く多いんですね。純粋に嬉しいです。

2005/11/5(土) 午後 6:19 KA:AZ 返信する

顔アイコン

camelriderさん、はじめまして。1980年代の終わりにLPで貫くか、CDに変えるかすごく迷って、せっかく溜めたレコードを手放すのが忍びなくてLP派で行くことにしました。90年代以降の新しい演奏がなかなか聴けない難点はありますが、tibiさんの言うように弦の音を聴くにはLPでよかったなと思います。ただしそれなりにアンプにも出費しないといい音にはならないかも。僕の場合上田市のアルティスの社長さんお手製のLP用アンプで聴いてます。不思議に針音や雑音が全くしないのです。

2005/11/5(土) 午後 6:55 gustav 返信する

顔アイコン

ふじさん、黒部五郎行きましたか!薬師から黒部までの道は「ダイアモンドコース」と呼ばれ、晴れれば最高な気分になれるコースですね。足元にはチングルマなど高山植物、遠くには白山の雄姿。何よりお父様と水入らずで山に登るのが素敵ですね。

2005/11/5(土) 午後 7:00 gustav 返信する

顔アイコン

chakomyuさん、youさん。今日FMでブラームス最晩年の6つのピアノ小品Op.118の2インテルメッツォ イ長調を初めて聴きました。素晴らしかった。美しく、密やかで、控えめで、ロマンティックで。これが死を間近にした59歳の人の作品?改めてブラームスという人は一生恋をし続けた人なんだなと、しみじみ思いました。

2005/11/7(月) 午後 10:43 gustav 返信する

顔アイコン

OP118の2、聴かれましたか!いいでしょう。弾いていても癒される感じがします。わたしは表現力が乏しいので、うまく書けませんが・・

2005/11/8(火) 午前 11:38 you 返信する

顔アイコン

youさん、FMで今日は117の2、119の2もやってました。いいですね。全部しっかり聴きたくなりました。とりあえず中古屋さんにあったバックハウスのブラームス・リサイタルのLP買おう!それからCDは誰がいいかなぁ。

2005/11/8(火) 午後 10:47 gustav 返信する

顔アイコン

素敵な記事を教えてくださって、ありがとうございます!いつも、曲にアプローチする時に、なぜ作曲家がここでこう書いたか、ということを考えたり想像し、ブラームスの場合、夏の過ごし方からイメージが沸くことが多いのですが、なぜ彼が、そういう夏の過ごし方をしたか、ということについては、考えたことがありませんでした!ただ単に、街の喧騒から逃れて休暇に行くということだけではない、深い理由があったのですね!

2006/8/31(木) 午前 6:51 eji**nami 返信する

顔アイコン

なみ先生ののところから、飛びました。私も、BRAHMSのVIOLINコンチェルト協奏曲、好きです。軍攵呂僚个世靴覆鵑かわいいです!!いい記事ありがとうございました。

2006/9/1(金) 午後 2:09 Miyako 返信する

顔アイコン

Miyako先生、ブラ・コンの3楽章はブルッフのヴァイオリン・コンチェルトの盗作だとよく言われますが、「藍より青し」でブルッフの世界をブラームスが更に一段高めてくれたと思うべきでしょうね。

2006/9/2(土) 午前 1:09 gustav 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事