クラシック歳時記in松本 (あるいはモーツァルトとともに1年を)

今春発売の内田光子/テイトのCDでようやく好きになれました・・・モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」

全体表示

[ リスト ]

1月5日(木)曇りのち晴れ

 皆さま、新年明けましておめでとうございます。(相変わらずのスロー・スターターでごめんなさい!こんな私ですが)今年もよろしくお願いいたします。

 さて記録的な寒さと雪の中で迎えた2006年新春ですが、皆さんは何か良いことありましたか?私は新年早々車のボディを擦ってしまい、奥さんに怒られてしまいましたが、それでも2つ位は良いことが…。

 1つは12年前に東信(長野県の東側)地方の学校を卒業した教え子達の同級会に出て、久しぶりに懐かしい顔を見れたこと。結婚して、子どももできた方が多く、これから30代という仕事でも家庭でも充実した時を迎える彼ら彼女らの姿が清々しく、こちらが大いに元気をもらったこと。

 もう1つは息子の付き合いで入った古本屋で「立花隆のすべて」という単行本に出会い、改めてこの「知の巨人」の人となりと仕事に触れ、読んでいるこちらも知的好奇心を刺激されたこと。

 そんなこんなで気がついたら正月5日になってしまいましたが、まだ松の内ということでお許し下され。

 それでは私がお正月に聴きたくなる曲を3曲ほど紹介していこう。

 まず第1弾は近代フランスの作曲家エルネスト・ショーソン(1855〜1899)の唯一の交響曲を。

 ショーソンは7/1に雨に似合う曲として、「ピアノ、ヴァイオリン、弦楽四重奏のための協奏曲(コンセール)」と「ピアノ三重奏曲」の2曲の室内楽作品を紹介したことがあるが、彼の大規模な作品の紹介は多分これが最初で最後になるだろう。

 以前にも紹介したが、彼はフランクの弟子にあたり、歌曲を中心とする彼の作品は全部合わせても40そこそこしかない寡作家だ。

 その理由は2つ。1つは彼が25歳でパリ音楽院に入学した遅咲きの音楽家で、しかも44歳の若さで死んでしまったこと(なんと自転車事故で頭部を強打して)。もう1つは彼は弁護士の資格を持ち、いわば日曜作曲家であったこと。

 決して多作とはいえぬショーソンだが、私は彼の作品の殆どが好きだ。「詩曲」「終わりなき歌」「愛と海の詩」とても自分と相性のいい作曲家だと思っている。

 一番好きな作曲家は?と聞かれたら多分モーツァルトと答えるだろうが、一番好きな作品の割合が多い作曲家は?と聞かれたら断然ショーソンと応えたい。

 それは私の大好きなジャンルの一つ、19世紀後半近代フランスの作曲家たちの作品の中で、ショーソンの音楽が、ドイツ後期ロマン派とりわけワーグナー風の官能美と、フランス音楽の洒脱さいわゆるエスプリとのバランス感覚を一番感じさせる、センスの良いチャーミングな作品だと思うから。

 さてそんなショーソンの交響曲を新年第1曲目にご紹介するのは・・・やっぱり自分の好きな人の作品を大勢の方に知ってもらいたいから、という気持ちはもちろんあります。

 で実際のところは、この曲の出だし、第1楽章の序奏の荘重な感じが何となくお正月の厳かで改まった雰囲気に合うかなぁ、なんて言ったら「なんだ、それだけの理由か」って怒られるかな?

 でも確かに冒頭の数小節はまるで「君が代」だよ。某FM番組の「よく聴くとどこか似ているかもコーナー」なんぞに出したら、案外受けるかもしれない。

 第1楽章。その荘重な序奏の後、弦が弾んで、意外にも軽く明るい主題がアレグロ・ヴィーヴォで始まる。この対比というか、先ほど言った程良いバランスが、ショーソンの音楽の魅力じゃないかな。

 この曲全体が有名な、師フランクの交響曲ニ短調を意識した、似た雰囲気の作品であることは間違いない(曲冒頭の旋律や第1楽章の主題が、曲全体に顔を出すいわゆる循環形式を用いていることなど)

 が、ドイツ人よりドイツ的といわれるフランクの交響曲の渋さ韜晦さに比べ、ショーソンのそれは明らかにラテン系の明るさ、軽さ、そしてフランス風の洒脱さが感じられる。

 「非常にゆっくりと」と指示された第2楽章、緩徐楽章でも、それは変わらない。

 第3楽章。アニマと指定されたフィナーレは、オーケストラが華やかに、しかし短調で乱舞する。だが先程の冒頭の荘重な響きがそれを静かな終息へと導いて行く。ここにもショーソンらしい心地よいバランスの妙を見ることができる。

 演奏はミッシェル・プラッソン指揮トゥールーズ・キャピキャピ・・・じゃなかったキャピトル(市立)管弦楽団。(1976年)(LP:仏EMI 2C069-14086)(日本盤だとEAC-40184)

 他に古いところではアンセルメやミュンシュの演奏もあるようだ。

 (ところでこの作品の1891年の初演は失敗といわれ、あのドイツの大指揮者アルテュール・ニキシュ(フルトヴェングラーの前任のベルリン・フィルのシェフ)が1897年にパリで演奏して、初めて喝采を浴びたというエピソードもあるそうだ。意外にそう遠くない時代のことなのだ。)


 

 
 

 

   

閉じる コメント(18)

顔アイコン

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。フランスの作曲家の交響曲となると二の足を踏んでしまいますが、こうして推薦されると、聞いてみたいと思いますね。調べてみましたらプラッソンのほかにデュトワ、ジョルダンがあるようですね。

2006/1/6(金) 午前 10:02 zar*th*s*rafu*i 返信する

顔アイコン

あけましておめでとうございます。前項の方もおっしゃるとおり、聴いてみたくなります。日曜作曲家とは知りませんでした。同時代の日曜画家アンリ・ルソーを思い出しました。今年も宜しくお願いします。

2006/1/6(金) 午前 11:15 [ 中世 ] 返信する

顔アイコン

しばらく CD を買わないと決心したところなのに・・・。来週あたり、タワー・レコードに寄ってしまいそうです・・・。

2006/1/6(金) 午後 1:32 kal*s*974 返信する

顔アイコン

ふじやん、早々にありがとうございます。そうですね、そういえば先日FMでデュトワ/モントリオール響の演奏やってましたね。第3楽章がプラッソンより随分ゆっくりなテンポだったと記憶しております。フランクの交響曲よりはエエ思いますよ。聴いてみて下さい。

2006/1/6(金) 午後 8:24 gustav 返信する

顔アイコン

gloria tibiさん、こちらこそよろしくお願いします。アンリ・ルソーといえば彼の代表作の一つ「私自身:肖像=風景」に出てくるルソーらしき人物のお顔が、どことなくショーソンの写真に似ているような(お髭の感じが)機会があったら見てみて下さい。

2006/1/6(金) 午後 9:14 gustav 返信する

顔アイコン

かろやん、エエーイ、ご損はさせませんて!ドイツ的教養たっぷりのかろやんにこそ、ショーソンというフランス・ブランドの香水は必要なんとちゃうかぁ(阪神岡田監督の物真似のつもりのインチキ関西弁ですぅ)

2006/1/6(金) 午後 10:17 gustav 返信する

顔アイコン

確かに髭似てますね。ショーソンはルドンとは会っているようですね。ルソーとの関係は不明です。この記事がきっかけで今夜「詩曲」作品25を聴きました。フランチェスカッティ、バーンスタイン、NYフィル(SONC 10131) です。久しぶりにLP聴きました。良かった。ありがとうございます。

2006/1/7(土) 午前 4:34 [ 中世 ] 返信する

あけましておめでとうございます。今年もいろいろ教えてくださいね〜☆ショーソン探して聞いてみます!

2006/1/7(土) 午前 8:58 cla*aa*g*laj* 返信する

顔アイコン

gloria tibiさん,言い忘れましたがショーソンの家庭は大変裕福で、家庭教師から十分な教養教育を施され、文学、絵画にも並外れた才能を発揮したといいますから、当時の画家とも交渉はあったでしょうね。フランチェスカッティですか。懐かしい名前ですね。昔の録音もそれなりの良さあるんじゃないですか。

2006/1/7(土) 午前 9:36 gustav 返信する

顔アイコン

クララさん、今年もよろしくお願いします。「伸身の前方宙返り」僕には想像もできません!!あと僕も足の冷えに悩んでいます。何せ松本の昨日の最低気温はー11℃。最高気温もー3.4℃ですから。ショーソンはまず「ピアノとVnとSQのための協奏曲(コンセール)」という室内楽作品から聴き始めることをおススメします。

2006/1/7(土) 午前 9:45 gustav 返信する

顔アイコン

実はフランクの交響曲は好きです。なので、きっと、ショーソンも好きになるでしょう。そんな予感がします。たぶん、今月中旬にクライバーの初出 CD を買うので(苦笑)、そのとき一緒に買います。 HMV を見ると、フルネもふっているようですね。先日引退したこの名指揮者に敬意を表するかもしれません。

2006/1/7(土) 午後 3:13 kal*s*974 返信する

顔アイコン

フランクのシンフォニーはフルヴェンあたりが振ると、ほんとドイツの曲のようですね。ジャン・フルネは2年前確か90歳の時に松本に来てくれて、サン・サーンスの「オルガン付」を振ってくれました。ショーソンも期待できるでしょう。

2006/1/7(土) 午後 4:39 gustav 返信する

明けましておめでとうございます!クラシックが趣味で、教える立場にいらっしゃる方なのですね!素敵なブログからのご訪問ありがとうございます。

2006/1/8(日) 午前 9:10 [ sayumi ] 返信する

顔アイコン

さゆみさん、こんにちは。さゆみさまのブログこそ、豪華絢爛、摩訶不思議!僕のように画像1つ入れられない輩には、全く驚天動地の世界です。どうやったらあんなスゴイことができるんでしょうか?目が(・・)になりながら、これからも楽しませていただきますのでよろしく。

2006/1/9(月) 午前 7:45 gustav 返信する

顔アイコン

ショーソン好きですよ。偶然ですが、正月休みに「愛と海の詩」を聴いていました。交響曲ですが、フルネの指揮したものがいい感じです(DENON)。今なら1000円じゃないかなぁ。

2006/1/9(月) 午後 1:14 megumegu0565 返信する

顔アイコン

こんにちは>「詩曲」悲しいときに聴いたら、感傷に浸りきって涙がでてしまいますw

2006/1/10(火) 午後 5:44 ろ〜ざ 返信する

顔アイコン

shogoさん、奇遇ですね。ショーソンの音楽にはやはり襟を正したくなるような、気持ちを新たにさせるようなものがあるんでしょうかねぇ。フルネ+1000円=買うっきゃない ですね。

2006/1/11(水) 午前 6:32 gustav 返信する

顔アイコン

ろ〜ざさん、ショーソンの「詩曲」がお好きでしたら、「はてしなき歌」(終わりなき歌)Op37もきっとお気に召すと思いますよ。歌詞を読んだら泣けます。これは男と女の永遠のすれ違いを歌った絶唱ですね。

2006/1/11(水) 午前 6:38 gustav 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事