クラシック歳時記in松本 (あるいはモーツァルトとともに1年を)

今春発売の内田光子/テイトのCDでようやく好きになれました・・・モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」

全体表示

[ リスト ]

2月4日(土)晴れ(ただし最高温度−3℃)

 今日は立春(春に立(はい)る日)。旧暦で今年の正月は1月29日。それから7日目の人日の節句(1月7日)の朝に7種の野菜が入った粥を食べるのが七草だが、今年はちょうど今日立春と重なることに気がついた。

 昔から、これから寒さ本番を迎える新暦の1/7の七草では何か無理があるなぁと思っていたが、旧暦で考えると実に理に適い、季節を意識し、楽しんでいる行事だということに改めて感心し、農事暦としての旧暦の意味深さを改めて思った。

 それが明治政府の矢継ぎ早の諸改革によって、西洋の太陽暦に変えられたのが1872(明治5)年。今と同じでスピードが勝負とばかりに何でも改革することが良いことで、古い制度、習慣を捨ててしまうことによって失うものの大きさに思いを馳せるなどということは、おそらく無かったのだろう。

 だがそれによってその後の日本人は、農業など自然に関わる生業(なりわい)に携わる人を除いては、暦によって実生活の中で季節の運行を意識し、味わい、楽しむという風習や、そこから生まれる美意識を捨ててしまったのではないか。

         春立ちける日詠める               紀貫之

      袖ひぢて結びし水の氷れるを 春立つ今日の風や解くらむ  (「古今集」)


   (袖を濡らして掬った水が凍っていたのを、春立つ今日の風は融(と)かすのだろうか)

 しかし「暦の上では・・・」の言葉通り、今日は寒気が入って久しぶりの真冬の寒さ、最高気温が−3℃。(東京も最低気温が氷点下になったらしい。)晴れてはいるのだが、周りの空気全体が冷蔵庫になってしまったようだ。

 もうしばらく冬の音楽を紹介してもいいでしょう。

 前回「1月の作曲家」として挙げたシベリウス。考えてみたらまだ1曲しか紹介してないので、今日は交響曲第1番を。

 シベリウスは、19世紀の終わりから20世紀前半にかけて7つの交響曲を作った(他に交響詩的性格のクレルヴォ交響曲がある)マーラー以後20世紀最高の交響曲作家だと思う。(ということはショスタコーヴィチよりも評価しているということになりますが)

 シベリウスの交響曲では両端楽章のポピュラーな旋律から、第2番が突出して人気があるが、他にも傑作が多い。私的にはこの1番、4番、5番、そして7番が好きだ。しかしこの4曲、曲としての性格がまるで違うのが面白い。

 全体的に見ると初期の1、2番と、3番を過渡期として4番以降とでは同じ作曲家とは思えないほど違うと思う。そしてシベリウスの交響曲作曲家としての個性的な作品はやはり後期のそれであろう。

 初期、特に1番はシベリウスの個性が色濃く出ているというよりは、ベルリンやウィーンで身につけた伝統的なドイツ・ロマン派の作風、そして彼が誰よりも敬愛していたチャイコフスキーなどロシア国民楽派の影響が強い(無論シベリウスの場合、正確にいえばフィンランド国民楽派ということになりますが)、後期ロマン派的な交響曲であるのが特徴だ。

 従って後期の曲がシベリウスならではの簡素で透明感のある音色であるのに対し、この1番はチャイコフスキー的な分厚く、熱いサウンドを聴くことができる。そしてそれはより直截にフィンランドの大自然を描写する。

 出世作「フィンランディア」と同じ1899年に書かれたこの曲は、

 第1楽章 不気味なティンパニーの音を背景として、クラリネットが寂寥とした半音階的なモティーフを吹く。と弦に決然とした旋律の第1主題が出、トランペットがそれに加わり、さらにそこへトロンボーンとホルンがアーチを描くように被さる。

 ここを聴くと、根雪の下をすでに雪解け水がせせらぎのように流れ出し、やがて遅い春の日に奔流のように
流れ下る、壮大なスケールのフィンランドの自然の一風景を想像せずにはいられない。

 クラリネットが(あるときはイングリッシュ・ホルンが)曲全体を通してコケティッシュに活躍し、ファゴットの低音に低弦のうねりとホルンの咆哮がからむ。そして弦が美しい魅惑的な旋律を紡ぐという、シベリウス・サウンドに魅了される。

 クラリネットとハープによる静かな終結。

 第2楽章 アンダンテ 組曲「クリスティアン2世」の第2曲エレジーを思い出させる、静かで抒情的な緩徐楽章である。

 シベリウス作品ではフルートも含めた木管楽器はいつもチャーミングで愛苦しい存在であり、金管は常に雄々しい。

 第3楽章 スケルツォ 荒々しい大地の蠢動。ティンパニーの乱打。第1楽章の主旋律と並んで、この楽章のいかにも粗野で荒削りな音楽が、この曲の一番の魅力だ。

 フィンランドの木々の原始的なたたずまい。そこに挑むように分け入っていく男たちのバイタリティ・・・。

 第4楽章 フィナーレ 冒頭から弦の全奏によるlament、悲歌。中間部、フルートのさえずりと金管の鈍い反応。クラリネットも加わった木管と、金管との対話。

 終結は弦の奏でるところの物語性の強い、フィンランディアのメロディにも通じるヒロイックな旋律。大自然を前にした人間の虚しい努力、自己犠牲。人間存在のはかなさ・・・。

 クライマックスではトライアングル、タンバリン、そしてシンバルとやんちゃに鳴り物を多用するのもシベリウスの管弦楽曲の特徴の1つ。

 そして最後は弦が解決音の和音を奏で、どこまでも続く雪と氷の大地が眼前に広がる。が、短調が解決されないまま、弦の2つのピチカートで静かに全曲の幕は閉じられる。

 演奏はネーメ・ヤルヴィ指揮エーテボリ交響楽団。(1982年)(LP: BIS LP-221)(CD: BIS KKCC9091)

 金管の瑕疵も一部にはあるが、前回も書いたようにwarmな、暖かみのあるシベリウスを聴かせてくれる。エーテボリ響の音、BISの録音。私は好きだ。


 

 

 

 

 

 

 

 
 

閉じる コメント(25)

顔アイコン

履歴からお邪魔します。シベリウスは、オイラ、やっぱりバルビローリが一番好きです。交響曲は全曲好きですが、何か、8番というのを途中まで書いて本人が破棄しちゃったというのを本で読んで、どんな曲だったんだろうと、すごく興味が沸いている今日このごろです。

2006/2/6(月) 午前 1:53 オイラ 返信する

顔アイコン

qq473ms9 さん、そうですね。私はヤルヴィとバルビローリしか持っていませんが、ベルグルンド、セーゲルスタム、C.ディヴィスあたりが評価が高いですよね。ただしこの曲については評価が分かれ、決定盤と呼べるものはないようですね。ザンデルリンクは好きな指揮者の1人なので一度聴いてみたいと思います。

2006/2/6(月) 午後 6:04 gustav 返信する

顔アイコン

オイラさん、僕もそうです。ヤルヴィとバルビローリしか持っていませんが、ヤルヴィはwarm、バルビローリはcoolと対照的な音色ですがどちらも好きです。シベリウスは7番作曲の後、死ぬまでの32年間曲を作らなかったとは聞いていましたが、8番のことは知りませんでした。どうなんでしょうかね、気になりますね。

2006/2/6(月) 午後 6:26 gustav 返信する

私がいた大学では、入学式になぜか毎年合唱部とオケ合同で『フィンランディア』を演奏してました。入学式に合うかどうかは別として、良い曲ですよね〜♪

2006/2/7(火) 午後 11:12 [ しろりん ] 返信する

顔アイコン

ども。またもや勝手にTBしちゃいました。 TB記事の中でも書いたけど、吉松隆さんが「8番」を含めたシベリウス全般について論文を書いてます。その中では、パート譜まで作成して本人が破棄したと書かれてます。吉松さんのシベリウス論は一読の価値あり、です。 http://homepage3.nifty.com/t-yoshimatsu/ HP→図書館→論文集で読むことができます。 削除

2006/2/9(木) 午後 4:41 [ ますみ ] 返信する

顔アイコン

かおりさん、こんばんは。『フィンランディア』は何度聴いてもやっぱり良い曲ですね。清々しさを感じ、そして何か熱いものがこみ上げてきますね。やはりロシア圧制下で祖国の独立を願う愛国の歌だからかな。個人的には冒頭に暗闇から、深淵から聞こえてくるような金管の音が好きです。

2006/2/9(木) 午後 9:52 gustav 返信する

顔アイコン

ますみくん、いつもTBありがとう。それに吉松隆のHP教えてくれてthanks! FMラジオでこの人の語りがいつも独特なので、興味持ってました。あとでゆっくり読ませてもらいます。それにしてもblogs毎日更新していてすごいですね。僕はウィーク・ディはコメントするのが精一杯で、記事は週末になってしまいます。少しでも見習いたいです。

2006/2/9(木) 午後 10:03 gustav 返信する

ショパンに書いてからこっち書くのもアレですが、シベ1は私は大好きですね。2番や5番が比較的有名ですが、私は1、3、4番あたりが好きです。マニアック?

2006/2/15(水) 午前 2:11 [ KAZZ ] 返信する

顔アイコン

カズさん、僕も1、4 好きです。あとは5,7かな。それから好きなのが交響詩。「クリスティアン2世」「ペレアスとメリザンド」「カレリア」…。やっぱこの時季いいなぁ。

2006/2/15(水) 午前 7:35 gustav 返信する

顔アイコン

シベリウスなら大体好きですけど、後はヴァイオリン協奏曲とか交響詩「大洋」、クッレルヴォ交響曲、組曲「出版祭典のための音楽」(作品26、一般的な邦題は知りません)あたりですね。

2006/2/15(水) 午後 7:41 [ KAZZ ] 返信する

顔アイコン

そうですね、ヴァイオリン協奏曲は20C最高のVn協奏曲ですね。「春の歌」「恋人」「ロマンス」「アンダンテ・フェスティヴォ」珠玉の小品、挙げたらきりがありません。op26はもしかしてフィンランディアのこと?

2006/2/15(水) 午後 10:37 gustav 返信する

26は、もともとロシア弾圧に対しての運動の為に書かれた劇の付随組曲で、フィンランディアは元々「Suomi herää(英語はFinland awakes)」というタイトルで作曲されたこの組曲の最終曲なんです。だからフィンランディアの正式な作品番号は26-7となっています。BISからラハティso&ヴァンスカで唯一、全曲収録のCDが出てます。

2006/2/16(木) 午後 11:23 [ KAZZ ] 返信する

顔アイコン

ブログをさかのぼって読んでますので、コメントがどんどんバックするかもしれません。私のシベリウスの聴き始めは、30年以上前にLPを買って聴いたセル・コンセルトヘボウの2番でした。今でもCDで買い直して愛聴しています。その後全集を含めいろいろ聴きました。C.デイヴィス、ベルグルンドは新しい方から2つ、異色のバーンスタイン、渡辺暁雄、サラステなどなど。好きな曲は前半の方かな…。セル・クリーヴランドの東京公演の2番もなかなかですよ。

2006/2/17(金) 午前 9:24 [ niw*b*2000 ] 返信する

顔アイコン

もう一言。ヴァイオリン・コンチェルトといえば、一般に聴かれる改訂版(決定稿)のほかに初稿版がありますね。すごく荒削りですが、不思議な魅力があります。BISから2つを並べて録音したCD盤が出ていますね。1枚で2度楽しめます。実演では昨秋東京で聴いた、ヤンソンス・バイエルン放送響、五嶋みどりのコンサートは鳥肌ものでした。

2006/2/17(金) 午前 9:30 [ niw*b*2000 ] 返信する

顔アイコン

ブログどんどん遡って下さい。はっきりいって、4月、5月、6月のは気合入ってましたから。1週間お休み(急にイタリア行くことになりました。初めてのヨーロッパです)するので、溯っていっぱいコメント溜めといて下さい。

2006/2/17(金) 午後 9:04 gustav 返信する

顔アイコン

KAZZさん、組曲の最終曲というのは知りませんでした。ところでSuomi herääの ä って字どうやって出すんですか。ドイツ語とかで必要ですよね。良かったら教えて下さい。

2006/2/17(金) 午後 9:29 gustav 返信する

顔アイコン

niwabu、もう一言。ヤンソンス・バイエルン放送響、五嶋みどりは凄い組み合わせですね。ヤンソンス今や飛ぶ鳥を落とす「インフルエンザの」勢いですね。コンセルトヘボウとのコンビで聴いてみたいですね。

2006/2/17(金) 午後 9:36 gustav 返信する

下の言語バーで右クリックして「設定」⇒「追加」の順に選んで、フィンランド語、スウェーデン語、ドイツ語などこの文字が入っている言語を選べるように追加します。設定が終わったら言語バーの一番左にある「JP」をクリックすると、その言語が選べるようになります。äは「:」と「*」のあるキーです。

2006/2/18(土) 午前 0:57 [ KAZZ ] 返信する

顔アイコン

プラス、ドイツ語ならöは「;」と「+」のキー、üは「@」、ßは「0」の右のキーです。

2006/2/18(土) 午前 0:59 [ KAZZ ] 返信する

顔アイコン

ありがとうございました。これでFurtwänglerと表記できそうです。

2006/2/18(土) 午前 1:25 gustav 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事