クラシック歳時記in松本 (あるいはモーツァルトとともに1年を)

今春発売の内田光子/テイトのCDでようやく好きになれました・・・モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」

全体表示

[ リスト ]

2月12日(日)曇りのち晴れ

 昨夜、昼は随分春めいてきたとブログに書いている頃、外では静かに雪が降り積もっていたらしい。

 朝起きると、うっすらではあるが一面の雪景色だった。外に出てみると、空はどんよりと曇り風は冷たく、まさに「春は名のみの風の寒さや…」の風景だった。

 立春の頃、春めいたとはいえ、信州ではここから桜が咲き、百花繚乱の本格的な春の到来までが長い。ざっと2ヶ月はある。

 この時期、春を待つ心はロマン派の音楽に親しみを感じる。4月にシューベルト、5月にシューマンなど、春の音楽として紹介してきたが、実はこの2月、3月こそロマン派音楽を本当に楽しむ時期なのかもしれない。

 なぜならロマンティシズムとは「心ここに在らず」ということ。目の前の現実の世界に飽き足らず、どこか遠くの理想に憧れ、恋焦がれる気持ち。

 であるならば、今時分の残寒の中で春を待つ心情に訴えてくるのは、ロマン派の音楽ということになろう。

 そのトップバッターはショパンのピアノ協奏曲第2番。北国ポーランド出身のショパンの響きは、やるせないほどの春への憧れ、初恋の痛みが疼くような青春の香りに満ちたロマンティックな作品である。

 この曲がショパン初恋の女(ひと)コンスタンティア・グラドコフスカヤへのプラトニックな恋愛表現であったことはよく知られている。

 当時ショパンは19歳。同じワルシャワ音楽院に学ぶ同級生で、「まばゆいほど美しく、すばらしい声」を持った声楽科の学生が彼女だった。

 1829年10月ショパンは友人ティトゥス宛に手紙を書く。

 「実は僕には理想とする女性がいるのだ。これは僕の不幸の原因かも知れないが、まだ1度も彼女とは話したことがないのにもかかわらず、もう6ヶ月も僕は彼女に心を捧げてきた。僕は彼女のことを夢に見て、ただひたすらそのひとへの想いで協奏曲のアダージョを書いたのだ。」

 この協奏曲こそ、これから聴く2番のコンチェルトである。(有名な第1番はこの1年後20歳の時に作曲されたものだが、出版の時期が逆になり、より若書きの作品が2番と名づけられてしまっている。)

 より技巧を凝らし、規模も大きくなった1番よりも、初々しい情感により満ちた2番の方を私は好んで聴いている。(1番はちょっと大仰で何か歌謡曲的、演歌的で、聴いてて都はるみの「北の宿から」を連想してしまうのは私だけでしょうか。)

 第1楽章 マエストーソ ヘ短調。冒頭のオーケストラの前奏がたまらなく好きだ。最初の1音ですでにショパンの世界が立ち現れている。初恋の痛みに疼くような、胸締めつけられるような、オーケストラの音自体が夢見ているようだ。

 ショパンという人は何と繊細かつ鋭敏な神経の持ち主なのだろう。1番ほどではないが、オーケストラの泣き節が心をえぐる。人を想って書かれた曲なのに、ショパン後年の望郷の念を思わずにはいられない。

 第2楽章 ラルゲット 変イ長調の緩徐楽章。オーケストラを伴って、ピアノが甘く華麗にノクターン(夜想曲)風の主題を歌っていく。コンスタンツィアへの切々たる思慕の情を、甘く切なく掬いとった曲想。

 今まさに始まろうとしているオリンピック、フィギュア・スケートの中間部、スロー・テンポでスパイラルを決めるあたりの曲に使うとぴったりだと思うのですが…。

 第3楽章 アレグロ・ヴィヴァーチェ ヘ短調 4分の3拍子。ピアノが奏でる第1主題はまさしくポーランドの民謡マズルカのリズム。これが初演以来聴衆に人気だったという。

 経過部、中間部、再現部ときて、ホルンの高らかな合図で曲はヘ長調の絢爛たるコーダに入っていく。

 演奏はクリスティアン・ツィマーマン(ジメルマン)のピアノ、カルロ・マリア・ジュリーニ指揮ロサンゼルス・フィルの1979年の録音のもの。(LP: 28MG0008)

 ツィマーマンは弱冠19歳で1975年のショパン・コンクールに優勝、しかも久々の地元ポーランド出身ということで話題をまいた。

 この頃は、僕はしかし2位になったソ連(懐かしい響き!)のディーナ・ヨッフェのファンだったので、ツィマーマンの印象は薄かったのだが、その後の大家への成長ぶりはご存知のとおりである。

 このレコードでもピアノの音が美しく、タッチにシャープな切れ味を感じる。特に第1楽章でピアノが出す最初の1音の何というシャープな響き!たった1音で恋する者の心に、恋の苦しみが突き刺さるようだ。

 また伴奏のジュリーニの指揮するオーケストラも流麗に、馥郁たる青春の香りを漂わす名演だと思う。

 日本のDGのレコードの中では珍しく音がとても良いのも嬉しい。
 

 

閉じる コメント(14)

ジュリーニ!!大好きです!すみません・・関係ありませんが「未完成」が好きです★

2006/2/13(月) 午前 0:53 ほろ 返信する

ショパンってほんとにロマンテイックな曲が多いですよね☆BGMによくショパンのピアノ曲聴いてます(^^。)。

2006/2/13(月) 午前 9:44 cla*aa*g*laj* 返信する

顔アイコン

この記事、お待ちしておりました。成程、第2番のほうがお好きという理由が頷けます。いや、さすがです。私にはこうは書けません。恥ずかしいですがTBさせてくださいませ。スピン

2006/2/13(月) 午前 9:56 スピンネーカ 返信する

顔アイコン

ほろさん、ジュリーニとは縁がなくてショパンの2枚しか持っていないのですが、イタリア人らしく旋律を歌わせる指揮ぶりでいいですね。「未完成」も聴いてみたいです。

2006/2/13(月) 午後 7:17 gustav 返信する

顔アイコン

クララさん、喜んでもらって良かった!僕はバイオリンやオーケストラからクラシックに入ったので、ピアノ曲は弱いです。ショパンも「スケルツォ第2番」くらいしか好きな曲が浮かばないので、おすすめの曲があったら教えて下さい。

2006/2/13(月) 午後 7:28 gustav 返信する

顔アイコン

Spinnakerさん、TBありがとうございました。「音楽を聴くという行為」は、その音楽の中に込められたものが「自分の心の中の何かと共鳴する行為」…。おっしゃる通りですね。ツィマーマン/ジュリーニの演奏に共鳴する者同士も、何かしら共鳴しあうところがあるのかも知れませんね。

2006/2/13(月) 午後 7:45 gustav 返信する

顔アイコン

ショパンのPC、1番は好きなんですけど、2番はあまり聴かないんですよね。あ、でもアラウ&インバル&ロンドンpo版が好きですね。

2006/2/14(火) 午前 2:12 [ KAZZ ] 返信する

顔アイコン

カズさん、こんばんは。すいません、1番の悪口みたいなことを言ってしまって。1番っていうと福永武彦の「草の花」に、学徒出陣する前に好きな女性と最後の演奏会を聴きに行く場面がありましたね。アラウは僕も大好きです。

2006/2/14(火) 午後 8:16 gustav 返信する

顔アイコン

ブログ頑張っているのをみてうれしいです。仕事があまりに忙しくて開けてみたのも初めてですが、大変良い内容で、これからもなるべく開けてみることにします。私が最近聞いた中では、ショパンのコンチェルトのお気に入りはピリス・アバド盤かな……。ここ数年のピリスは本当にすばらしいと思う。キャリア・ピークを迎えている感じ。このブログみて、またあらためて聴き直したくなりました。

2006/2/16(木) 午後 4:07 [ niw*b*2000 ] 返信する

顔アイコン

niwabuありがとう!ますみといいniwabuといい、20年も前の学生時代の仲間が読んでくれていると思うと、とても嬉しいです。ブログのコメントでクラシックの話題、会話しましょう。それと15年ぶりに信州に来てくだはれ!!

2006/2/16(木) 午後 8:58 gustav 返信する

顔アイコン

6月9日にツィメルマンのチケットを取っています。まだ少し先だけど、すごく楽しみになってきました。

2006/2/16(木) 午後 11:22 yyk*c1*6 返信する

顔アイコン

ご免なさい。昨日の記載に間違いがありました。CDを確認したらDGのピリス盤は指揮がプレヴィンのロイヤルフィル演奏でした。モーツアルトのコンチェルト盤と混線していました。今日聴き直します。

2006/2/17(金) 午後 2:38 [ niw*b*2000 ] 返信する

顔アイコン

niwabuさん、ピリスはうちの奥さんも大好きですよ。数年前松本にデュメイと来たとき、僕はデュメイのLPに(20代の頃の写真のジャケットで苦笑してた)、奥さんはピリスのCDにサインしてもらいました。巨人阪神真っ青の超身長差のカップルでしたゎ。

2006/2/17(金) 午後 8:39 gustav 返信する

顔アイコン

Vergineさま、ツィメルマン(ツィマーマンって言ってしまうな僕は)はデヴューの時は星の王子様か若き頃のショパンその人というイメージでしたが、今や男臭い顎鬚が似合いますね。ポゴレリッチが期待外れというか、消息不明な今、ツィマーマンに期待しています。

2006/2/17(金) 午後 8:47 gustav 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事