クラシック歳時記in松本 (あるいはモーツァルトとともに1年を)

今春発売の内田光子/テイトのCDでようやく好きになれました・・・モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」

全体表示

[ リスト ]

ブログ再開します

2006年 4月 8日 (土)曇り時々雨、時々晴れ、そして黄砂


新しい年度も始まり、このブログも気分一新、タイトルも代え、新たにはじめたいと思います。

昨年度1年間、十二分に書けたとはいえないが、とにかく春夏秋冬の季節に合ったクラシック音楽を採り

上げて、ここ20年来の僕のクラシック音楽の聴き方を読者の皆さんにご紹介する、というコンセプトは、

3月でひと区切りにしたいと思います。そして新年度は

1.気軽に更新できるブログ

2.モーツァルト生誕250年の年ということで、僕の一番好きな音楽家モーツァルトの作品を改めて聴き

  直してみる

3.昨年度紹介しきれなかった季節を感じる曲を、落ち穂拾いのように採り上げる

4.季節にとらわれず、その日聴いたクラシック音楽の話をする

5.画像取り込みにも挑戦してみる

などのポリシーでブログを綴ってみたいと思いますので、昨年度同様、ご愛顧のほど、よろしくお願いい

たします。

ところでモーツァルト・イヤーの今年、日本だけではなく世界中でモーツァルト・ブームが過熱してい

るという。地元ザルツブルクを抱えるオーストリアでは観光客の爆発的増加、記念グッズの販売等による

経済的な「モーツァルト効果」を1兆円と見込んでいるそうな。実はこの2月に初めてイタリアにヨーロッ

パ旅行した自分も味を占めて、次はウィーンとザルツブルクに行ってみたいという気持ちが日々募るばか

り。

そんな今年モーツァルト・イヤーの、日本における一番の注目は、僕はNHK-BSの「毎日モーツァルト」

(月〜金午前8:01〜8:11、午後6:50〜7:00)という番組だと思うのです。紹介される曲が短すぎるという

ご意見もありますが、わずか10分間の中で、モーツァルトの人生の軌跡に沿って、重要なそして名曲を

次々に紹介していく手際の良さは、やはり秀逸だと思うのです。出勤前、帰宅後(たいてい間に合いませ

んが)に見ることで、1日の心地よいリズムをつくってくれるようです。今まで1日を除いて、全部録画し

ています。(イタリア旅行中は息子が撮ってくれました。)毎日1人ずつモーツァルト・ファンが登場

し、モーツァルト頌を披瀝してくれてますが、今まで登場した人たちの中では何といっても年の功、ドイ

ツ文学者の小塩節と宇宙物理学者の小柴昌俊がイイねぇ。満面の笑みを湛えて、目の中に入れても痛くな

いわが孫の自慢話でもするように、モーツァルトの魅力を語るその語り口は説得力がある。(その反対に

最悪は砂川しげひさ…僕の大好きな29番のシンフォニーを何であんな人、あんなコメント紹介する訳?

そんだったら僕ら素人に語らせた方がまだマシだよ、ホント。)

とにかくモーツァルトの誕生日1/30から命日の12/5までの240日、240曲を紹介するという小さな、そして

壮大なこの企画を、この1年の日々の楽しみにすることにしましょう。

 あっ、それからこのブログのタイトルは、木耳社という出版社から出された同名の書籍から採りまし

た。この本なんと20年も前、僕の大学生時代に買った日記形式というか、能率手帳形式の代物。つい最

近、朝日の1面下の書籍広告の欄に広告が載っててビックリ!20年前と全く変わらない体裁で、モーツァ

ルト・イヤーに便乗して再発売したということでしょうか。こんなところにも<モーツァルト効果>が現れ

ているのでしょうか。(でも、考えてみればこの本、生誕250年、没後250年、生誕300年…と記念年のた

びに売れて在庫がはけて、出版社にとっては結構ヒット書籍かもね。)



<今日の1曲>

モーツァルト (ヴァイオリンとピアノによる)「羊飼いセリメーヌ」による12の変奏曲」K.359(1781)

         ヘンリク・シェリング(Vn)イングリット・ヘプラー(Pf)(Ph-PC5614〜5619)(LP)

閉じる コメント(25)

顔アイコン

『毎日モーツァルト』私もこの番組を見て、一日が始まるのです。

2006/4/9(日) 午後 11:28 yyk*c1*6 返信する

アバター

我が家も「毎日モーツァルト」録画しています。ただ、短かすぎて、曲を聴くという点では物足りなくて・・・。モーツァルトのブログ、期待しています! 場合によっては、私のブログにトラックバックさせてくださいね。

2006/4/10(月) 午前 6:27 そにあ♪ 返信する

顔アイコン

ザルツブルグ、ウイーン2年前に行ったので懐かしい。又行きたい。「毎日モーツアルト」いいですね。

2006/4/10(月) 午前 10:05 houmei 返信する

顔アイコン

おっモーツァルト特集ですね。楽しみです!私も早速シェリング&ヘブラーでK.359を聴きなおしてみます。

2006/4/10(月) 午後 3:54 [ otheR wind ] 返信する

顔アイコン

sweetさん、僕も他のブログの人たちから見ればシロウトみたいなものです。「毎日モーツァルト」で毎日新しい発見をしています。それにしても1人の音楽家の生涯を、TVで少しずつ1年近く採り上げるなんて、NHKにして空前絶後、馬耳東風(?)、生誕250年と昨今の日本国内のモーツァルト・ブームが相まって初めて可能となった企画で、もう二度とないでしょう。感謝しながら見ています。

2006/4/11(火) 午前 0:13 gustav 返信する

顔アイコン

なっくん、さすが目敏いですね。週間手帳みたいな体裁ですが、ところどころにあるカラーの挿絵(「毎日モーツァルト」にも出てくるあれです)とモーツァルトの手紙が、たまに眺めると楽しいですね。難点は小さめなので、しょっちゅう家の中で行方不明になってしまう点です。

2006/4/11(火) 午前 0:20 gustav 返信する

顔アイコン

Rボーダーさんほど詳しくなく、シロウト感想みたいなものになってしまうと思いますが、よかったら今年度もお付き合い下さい。

2006/4/11(火) 午前 0:22 gustav 返信する

顔アイコン

ばっはさん、意表を突いたわけではありませんが、たまたまその日聴いた曲だったということです。でもこの年になってシューベルトとかモーツァルトなどの変奏曲がやたらと好きになってきました。何か心地良いんですよね。変奏曲の魅力については、また稿を改めて書きたいと思います。

2006/4/11(火) 午前 0:27 gustav 返信する

顔アイコン

shogoさん、勝手に亡き人にしてはいけませんよ。(^_^;) どんな肩書きの人であれ、全国ゥン万人のプロレス・ファンいやモーツァルト・ファンを代表してコメントするわけですからね、やはり聞いてよかったなぁ、得したなっていう発言を聞きたいですよね。今日の斎藤晴彦のコメントも「うんうんっ、そうなんだよなぁ」って共感できるコメントで良かったです。

2006/4/11(火) 午前 0:37 gustav 返信する

顔アイコン

「毎日モーツァルト」を見損なった人はFletsに行けば見ることが出来ます。ただしNTTの独自ネットワークなのでオープンできない人もいるかも知れません。これと似た企画はドイツ、スウェーデンなどにもあります。モーツアルトの作曲数は桁外れだが、手紙の数もこれに負けずに多く、ドイツのネットワーク局は毎日1レター(勿論ドイツ語)ずつ公開しています。

2006/4/11(火) 午前 0:43 [ jsf*y51* ] 返信する

顔アイコン

Vergineさん、ホント毎日毎日、ウイーク・デーの1日の良いリズムをつくってくれますよね。朝はぎりぎりセットして出かけ、帰ってきて見るのだけれど、できれば夕方の再放送の方を録画したい。なぜなら画面の左上に朝のは8:09とか時刻のテロップが出ちゃうから、ちょっと美的でないですよね。何よりザルツブルクとかマンハイムとか現地の映像が楽しみですから。

2006/4/11(火) 午前 0:45 gustav 返信する

顔アイコン

たぶさんの「モーツァルト全曲を聴く」の企画と中身の方が、きっと充実してると思います。「モーツァルト…」と軽い気持ちで新タイトルを決めてしまって、ちょっと後悔してます。(^_^;) ピアノ協奏曲前期では10番(2台のピアノのための協奏曲)が昔から好きです。ギレリス父娘の協奏を老ベームとVPOが暖かくサポートしてる演奏を好んで聴いています。

2006/4/11(火) 午前 6:52 gustav 返信する

顔アイコン

homeijpさん、いやぁ、そう聞くとますます早く行ってみたいですねぇ。よく出てくる川の向こうに街があって、その向こうの小高い丘にお城が立っている、あの映像に惹かれます。

2006/4/11(火) 午前 7:03 gustav 返信する

顔アイコン

other windさん、特集というほどのものにはならないと思います。すみません。<(_ _)>ぺこっ。K.359は「毎日モーツァルト」でK.300前後のバイオリン・ソナタをしばらく続けて紹介されたので、久しぶりにソナタ集を聴いたら、この曲が今回一番印象に残ったというわけです。

2006/4/11(火) 午前 7:12 gustav 返信する

顔アイコン

jsfhy511さん、貴重な情報ありがとうございます。「毎日1レター」ですか。さすがドイツの番組ですね。手紙はモーツァルトという人間の魅力の大きな部分を占めていますよね。ファンの声、手紙の朗読、そして「今日の一曲」というBS番組の構成は秀逸だと思います。

2006/4/11(火) 午前 7:20 gustav 返信する

顔アイコン

モーツアルト・ファンのためにアドレスを紹介。(1)をアドレスにコピーして「移動」をクリックとドイツへ、更に「Video」を選択して「START」をクリックすれば「ザルツブルグ」へ直行。ZDFのHPはカラーフル、音楽は世界共通語なので、十分楽しめるでしょう。モーツアルトの手紙はナレーション付きで(2)で、音楽は画面中の[musick]をクリックした画面で聞けます。ブランダウエルの右に出る人はいないでしょう。 (1)http://www.zdf.de/ZDFmediathek/inhalt/1/0,4070,3723585-5,00.html, (2)http://mozart.ard.de/brandauer/

2006/4/11(火) 午後 6:28 [ jsf*y51* ] 返信する

顔アイコン

jsfhy511さん、またまた貴重な情報をありがとうございました。貴方は何者?(2)のブランダウエルのナレーションは早速楽しみました。(1)は未だにザルツブルクへ辿りつけずにいます…(^_^;)

2006/4/15(土) 午前 0:23 gustav 返信する

顔アイコン

何者だか解らず状態で失礼しました。小生は年金生活に入った1個人であり、どこの組織にも属していません。日本のマスメディアにあきたらず、馬車ではなく、インターネットで世界中を駆け回っている者です。先の (1)は第1ステップとしてドイツ、(2)は第2ステップとしてザルツブルクのモーツアルト番組紹介を意図したものでした。最後に、先日「お気に入りブログに登録」の書き込みをしましたが、反映されていないようですので、再度やり直しをします。 削除

2006/4/16(日) 午後 3:06 [ jsfhy511 ] 返信する

顔アイコン

jsfhy511さん、何者などと失礼なことを申しましてすみません。(1)がんばってザルツブルクのモーツァルト番組視聴します!

2006/4/17(月) 午前 0:38 gustav 返信する

こんなテレビ番組あるんですね!BSはいるので見てみます(^^。)

2006/4/17(月) 午前 8:15 cla*aa*g*laj* 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事