クラシック歳時記in松本 (あるいはモーツァルトとともに1年を)

今春発売の内田光子/テイトのCDでようやく好きになれました・・・モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」

全体表示

[ リスト ]

        モーツァルト ピアノ協奏曲第17番ト長調K.453(1784年 28歳)

 
 この曲は昔から僕の大好きな曲だ。僕にとって「お気楽モーツァルト」「陽気なモーツァルト」といっ

た時に代名詞のように頭に浮かぶ、オペラ・ブッファにも似た曲である。底抜けに明るい陽気さが、いか

にもモーツァルトらしい。

 まず第3楽章フィナーレを聴いてほしい。これはまるであの「魔笛」に登場するパパゲーノの旋律では

ないか!「ホイサッサ、エサホイサッサ、サッサ、サササのサ」と聴きながら、思わず合いの手を入れて

しまうようなおどけた節回し。人生最初に作曲したクラヴィーア・ソナタK.1から最晩年の「魔笛」まで

モーツァルトの中に生涯流れ続けたメロディなのだろう。モーツァルトその人をこの1曲に凝縮した曲と

いってもいい。

 ところが今回「毎日モーツァルト」で新発見があった。(それとも僕が知らないだけだったのか?)

 件のフィナーレの旋律、実はこれ、作曲当時モーツァルトが飼っていた「ムクドリ」のさえずりを模し

た、いわば「ムクドリ」のテーマだったという。モーツァルトが鳥かごの中のむく鳥をつっつきながら、

鼻歌まじりに浮かんできたのが、この曲というわけだ。

 1784年の春、モーツァルトの家計簿にはこの時のむく鳥を購入した記録がつけられているという。

         「むく鳥34クロイツァー、それはきれいな声だった。」

 そしてその言葉と一緒に、このピアノ協奏曲第17番第3楽章冒頭の旋律が五線譜に書き込まれていたと

いうから間違いない。確かにこれは「むく鳥」のテーマなのだ。(しかしピアノ協奏曲「むく鳥」じゃネ

ーミングとしていまイチだよね。)

 さらに何とナント、モーツァルトにはそのむく鳥に捧げた一篇の詩が残されているという。それがまた

傑作だ!

              いとしの道化  一羽のむく鳥

              憎めないやつ

              ちょいと陽気なおしゃべり屋

              時にはふざける いたずら者

              でも あほう鳥じゃなかったね

 
 これって何?詩なの?語呂も悪ければ、別に韻を踏んでるわけでもなさそうだし、詩を捧げると称して

モーツァルトがふざけてるとしか思えないですよね。TVの前で思わず声を出して笑ってしまった。

 鳥かごの前で突っつきながら、鳴き声を真似しながらむく鳥と戯れているモーツァルト。彼こそ「魔

笛」の鳥指し男。パパゲーノはやはりモーツァルトその人だったんだなと、妙に納得してしまう。

 この曲が作られた1784年というのは、午前中は貴族の子女へのピアノのレッスン、夜は個人演奏会とい

った生活がいよいよ軌道にのり、暮らしぶりも豊かになっていた。そこへ妻コンスタンツェの2度目の妊

娠が分かり、モーツァルト夫婦は喜びに包まれる。そんな生活のゆとりから生まれたモーツァルト一流の

ユーモア溢れる1曲というのだが、はたしてそう単純に考えていいものだろうか。少なくとも僕にはそう

は思えない。

 その週の最終日に出てきて、次のピアノ協奏曲18番の第2楽章の魅力を語った作家の赤川次郎はモーツ

ァルトのことを「やっぱり淋しい人だったんでしょうね、きっと。短調の曲を聴いていると、ただきれい

な旋律だけでは飽き足らない人だったんだなって思います。」といった。

 この18番変ロ長調K.456は第2楽章ト短調の緩徐楽章が有名だが、この身も世もないような哀しみの調

べはモーツァルトの作品の中でも、「協奏交響曲変ホ長調K.364」の第2楽章やポストホルン・セレナー

ドニ長調K.320の第5楽章アンダンティーノ(どちらも4/23のブログ

http://blogs.yahoo.co.jp/chikuma46/34021349.html参照)、「フィガロの結婚」の侍女バルバリーナの

カヴァティーナ「なくしてしまった」などに匹敵するほど痛切だ。

 ところがこの18番のピアノ協奏曲ができた頃、モーツァルトには待望の次男カール・トーマスが授かっ

ている。普通に考えればこの曲に喜びを爆発させてもいいはずと思うのだが…。

 逆に底抜けに明るい17番はむしろ、最初の子テオドールを失って9ヶ月あまり。哀しみに心の中にぽっ

かりと空いた空白を埋めるため、慰めるために飼い始めたのが件のむく鳥ではなかったか?そして

 鳥かごの中でさえずるむく鳥に癒され、モーツァルトは悲痛な心を隠し、努めて陽気にふるまい、オペ

ラ・ブッファのように、深刻さの微塵もない万人を楽しませる曲を書いてくれたのではないだろうか。

 モーツァルトのピアノ協奏曲17番は、そういう曲だと私は思う。

 以下3つの楽章の印象を簡単に述べる。

 第1楽章 アレグロ  軽やかな第1主題が滑るように転がるように始まる。一聴してすぐにオーケス

トラの充実ぶりに気づく。とりわけオーボエ、フルート、ファゴットといった管楽器の活躍が印象的だ。

前々からウィーンに来てからのモーツァルトの作品は、ザルツブルク時代に作られた曲とどこが違うのか

気になっていた。私見ではクラリネット、バセット・ホルンなどに代表される管楽器の扱いがよりうまく

なって、弦と管とのバランスが絶妙になり、作品に深みと奥行きが出てきたといえるのではないかと思

う。過去にも管だけのディヴェルティメントなどもあるにはあったが、どちらかといえばザルツブルク時

代の曲は弦主体の、澄み切ってはいるが、やや単調な一筆書きのような曲が多いのに対して、ウィーン時

代の作品は弦と管がうまく溶け合った、ふくらみのある充実したものが多いように感じる。一番印象的な

のがファゴットの使い方がうまいこと。その音色が効いて曲にふくらみと陰影が増している。

 第2楽章 アンダンテ 緩徐楽章  静かに始まる長い長いオーケストラの序奏。長調なのにどこかほ

の暗い、清澄とした癒しの音楽。オーボエ、フルート、ファゴットと受け継がれる主旋律。ようやくピア

ノがそこに加わる。憧れに満ちたピアノのモノローグ。だが次の瞬間には一転して短調へ。たったひとつ

の和音でピアノは何事もなかったかのように長調から短調へ。心に沁みるピアノの短調の調べ。そしてま

た長調の世界へ。この静かなモーツァルトの世界には長調も短調ももはや関係がなくなる。ひたすら緩や

かに、伸びやかに、くつろぐことのできる癒しの世界。あのコケティッシュな両端楽章に挟まれたとは思

えない静謐な世界。数あるモーツァルトのピアノ協奏曲の第2楽章でも出色の出来ばえかと思う。モーツ

ァルトを聴く喜びここに極まれり。

 第3楽章 アレグレット 終楽章。 件のパパゲーノを思わせる旋律(実は むく鳥のテーマ(笑)と5つの

変奏からなる。この曲を聴いて心弾まない人、体が自然に動き出さない人はいないだろう。軽妙でコミカ

ルな主題が例によって、オーボエ、フルート、ファゴットの順番に受け渡される。第4変奏でやや短調で

神秘的な曲想になるも、第5変奏、プレストのコーダでは一転して「今のはウソ泣きでした。アッカンベ

ーッ」とでもいわんばかりに、最後はホルンが加わって、ドタバタ劇のオペラ・ブッファのような賑やか

な大円団でお開きに。

 しかめっ面をしている人に、肩に力が入りすぎている人に「元気出せよ、力みすぎるなよ。」って、落

ち込んでいる人に「人生そう捨てたものじゃないよ」って、ポーンと肩を叩いてくれるような、モーツァ

ルトその人のような1曲である。

 演奏は学生の頃から愛聴しているロベール・カザドシュのピアノ、ジョージ・セル指揮クリーブランド

管弦楽団(1968年)のもの。(CBS SONY 13AC1066)前回の15番とセットになったものだが、15番よりず

っと音がいい。確かにオーケストラのトゥッティ(強奏)ではやや荒い音になるものの、オーボエ、フル

ート、ファゴットの木管トリオの音がほの暗く、生々しく、明晰に聞こえて気持ちが楽しくなる。


  この曲を聴かずしてモーツァルトを語ることなかれ。

 



 





 

              

 

 

閉じる コメント(27)

顔アイコン

とむさん、少しお久しぶり。やっぱりモーツァルトって何かお茶目ですね。それにしても17番がムクドリのテーマとは初耳!さすが天下のNHK 、調べてますね。

2006/7/7(金) 午後 10:41 gustav 返信する

いつも、すばらしく、おまとめになられた記事を読ませていただき嬉しいです。モーツァルトの詩を鑑賞するのは、多難ですね!これからも、ピアノに関する曲をよろしくお願いいたします。ここ数日、混乱しがちな頭でしたが、ここへ参りまして、とてもほっとしています。GUSTAVさん、有難う!!台風接近中の沖縄より・・・

2006/7/8(土) 午前 3:55 Fiore 返信する

はじめまして。17番がP協の中で一番好きなのでよく聴きます。 今度練習を始めようと思ったのですが、この記事を読んで納得しました。今の私の心境に近いのかもしれません。

2006/7/8(土) 午前 9:39 ♪ふらん♪ 返信する

顔アイコン

フィオーレさん、こんばんは。こちらもピアノ関係の曲ではフィオーレさんの感想をいつも楽しみにしています。信州もまだ梅雨明け前で毎日蒸し暑く、真夏の沖縄の青空がうらやましいデス。

2006/7/8(土) 午後 8:06 gustav 返信する

顔アイコン

Franさん、お久しぶりです。大切な人を失った哀しみを乗り越えて、モーツァルトはあんなにも明るい曲を書いて、私たちを楽しませてくれているんですね。練習頑張って下さい。

2006/7/8(土) 午後 8:09 gustav 返信する

はじめまして、なんて書いてしまいましたね。タイトルが変わっていらっしゃったのでわからなかったかも。大変お久しぶりです。また少しずつ音楽に触れる生活です。本当に5月28日生まれですか

2006/7/9(日) 午前 0:21 ♪ふらん♪ 返信する

顔アイコン

そうですよ!こっちこそ「例えば5月28日生まれとか」って何で書いてあるのか、不思議でした。もしかしてFranさんも?

2006/7/9(日) 午前 8:13 gustav 返信する

顔アイコン

こんにちは。夢でうなされる毎日が続いた時期、モーツァルトの曲でストップがかかった経験があります。辛いときの特効薬?

2006/7/10(月) 午後 6:08 [ bar*i*ri_*933 ] 返信する

顔アイコン

私にとってモーツァルトは万能薬ですね。夕方仕事から帰ると、まず外の騒音を耳から洗い流すために、何かモーツァルトの曲をかけ、夕飯はモーツァルトのピアノ協奏曲をかけながら、家族で楽しく会話して。リラックスしたいときはオーディオ・ルームを暗くしてモーツァルト。とめどなくα波が出ます。この1年、特に意識してモーツァルトの曲を聴いていこうと思います。

2006/7/10(月) 午後 10:02 gustav 返信する

顔アイコン

本当です。そうなんです、まさにこの曲です。天国にいるみたいな曲です。

2006/7/11(火) 午後 9:40 [ bar*i*ri_*933 ] 返信する

顔アイコン

barbieriさん、17番の次は本命のピアノ協奏曲22番書きたいと思っています。来週になるかな?

2006/7/11(火) 午後 9:58 gustav 返信する

こんばんは。この第17番は本当にモーツァルトらしい素晴しいP協ですね。特に第3楽章が一番です。陽気すぎるゆえ、逆に涙がこぼれそうになる時もあります。

2006/7/16(日) 午後 9:33 JUNOZA 返信する

顔アイコン

junozaさん、第3楽章を聴いていると「あんまり陽気すぎて涙がこぼれそうになる。」全く同感です。でモーツァルトって人自身が心に涙を溜めながら、笑顔で皆を楽しませるこういう曲を書いた人だと思うのです、きっと。

2006/7/16(日) 午後 10:13 gustav 返信する

顔アイコン

はじめまして。お気に入りに登録させて頂きました。17番は、明るく機知に富んでいて・・・子供のような純真さ・無邪気さが、類稀な様式美の中に籠められていると思います。心がキュンとする恋の味も・・・。

2006/9/12(火) 午前 6:03 Kapell 返信する

顔アイコン

kapellさん、17番の特に第3楽章を聴くと、「アマデウス」やベルイマンの「魔笛」で見た鳥刺しの格好をしたパパゲーノが舞台に登場してくる姿をどうしても想像してしまいます。(実はまだ生のオペラで「魔笛」見たことないんです。)

2006/9/12(火) 午後 8:16 gustav 返信する

顔アイコン

パパゲーノの唄も・・・涙ですね。ある日突然、こみ上げました(T_T)。17番の第3楽章も似たところがありますが、17番の方が茶目っ気があるような・・・。

2006/9/12(火) 午後 10:22 Kapell 返信する

顔アイコン

アッ、すいません、お気に入り登録ありがとうございました。(^_^;) そうです、この17番はモーツァルトの曲の中でも最も茶目っ気にあふれた作品だと思っています。

2006/9/12(火) 午後 10:46 gustav 返信する

顔アイコン

7月の記事にまず目を通してみることにしました。毎日モーツァルトは時々見てました。今はDVDで見ることができるようですね。パパゲーノはモーツァルトその人じゃなかったというのは私も思います。深刻な顔して堅い文語表現で深刻な音楽を聴くことがもてはやされるクラシックではモーツァルト、特にこの17番のような曲の存在は本当に貴重だと思います。

2008/7/27(日) 午後 10:46 [ john mclaughlin shakti ] 返信する

顔アイコン

johnさん、コメントありがとうございます。バッハやベートーベンなど「堅い文語表現で深刻な音楽」が苦手な、僕のような軟派クラシック・ファンにとって、モーツァルトはまさに神の如き存在ですね☆
ただその表面的な明るさの奥底にある彼の内面も思わずにはいられません。同じ7月最後のピアノ協奏曲第22番の記事も読んでいただけると嬉しいです。

2008/7/28(月) 午後 10:40 gustav 返信する

顔アイコン

こちらこそお返事をありがとうございます。そしてお返事が遅くなり大変申し訳ございません。モーツァルトはそれこそビートルズやビーチボーイズ(のブライアン・ウィルソン)のように、一見優しそうで実はとんでもなく深い内面がある、まさに神の様な人です。気付きやすい人はその凄さにすぐ気がつきますが、気がつかない人は一生分からないという面がありますね。確かホイスだったと思いますが、モーツァルトの音楽にはデモーニッシュな要素があると看破してますよね。明るいとされる曲にもそういう面はあるように思えます。

2008/9/1(月) 午後 8:48 [ john mclaughlin shakti ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事