クラシック歳時記in松本 (あるいはモーツァルトとともに1年を)

今春発売の内田光子/テイトのCDでようやく好きになれました・・・モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」

全体表示

[ リスト ]

 2週間のごぶさたですみません。

 さて遅ればせながら10月末日まで開いていた投票「モーツァルトの後期交響曲で一番お好きな曲は?」

に、多くのご参加を頂きましてありがとうございました。改めまして感謝いたします。

 その結果を発表すると、

            第1位  交響曲第40番           12人 

            第2位  交響曲第41番「ジュピター」    8人       

            第3位  交響曲第39番            6人

             同    交響曲第38番「プラハ」      6人

            第5位  交響曲第36番「リンツ」       1人

                                            ということになりました。

 まぁ、順当といえば順当。やはり「宿命のト短調」40番の人気の根強さとともに、41番「ジュピター」

の万人が認める偉大さを再確認しました。私個人としてもこの2曲の素晴らしさについて、「毎日モーツ

ァルト」の番組とともに振り返るきっかけとなる今回の投票でした。

 ところで41番「ジュピター」の段で、薬師寺東塔を見て「凍れる音楽」と評したフェノロサの脳裏に浮

かんだ音楽として、順当なところで「ジュピター」を挙げておきましたが、実はどうしても「ジュピタ

ー」を聴くと、堂々たる西洋建築の四角四面の建物を想像してしまうので、その点自分の中ではそうは言

っても違和感が残っていたのです。で今回戴いたwilliam_kapellさんのコメントに背中を押されて、前言

撤回で声高に叫んでしまいましょう。

 「フェノロサが薬師寺東塔を「凍れる音楽」と評したその時の彼の脳裏に浮かんでいた音楽は、モーツ

ァルトの交響曲第39番だー!」

 なぜって今回気づいたのですが、39番って第3楽章メヌエットはもちろん第1楽章も3拍子だったんだ!

日本の寺院の塔のあの三角のイメージ。特に薬師寺のそれの、各層の屋根と裳階(もこし)とが作り出す

長短ー長短ー長短の軒の出入りが作り出す自然なリズム。そのイメージに適う音楽は3拍子の軽やかな身

のこなしを持つ39番しかありえない、とへんな確信を今回持ったことをご報告しておきたいと思います

 さて1月からつづいているNHK-BSの「毎日モーツァルト」も、いよいよ晩年の作品に入り、今はK.588

の「コシ・ファン・トゥッテ」あたりを放映しています。これから「ピアノ協奏曲第27番」や「クラリネ

ット協奏曲」はたまた「魔笛」といった晩年の傑作がぞくぞくと登場してきます。そこで

 「モーツァルトの晩年の名作で一番お好きな曲はどれですか?」

というテーマで第2回の投票をまた始めましたので、コメントをお寄せいただければ嬉しいです。

よろしくお願いします。

閉じる コメント(11)

顔アイコン

今晩は。前回投稿で予告した通り昨日は豊田でウィーンフィルノの3大シンフォニーを聴いてきました。が、実はその前の金曜日(10日)に名古屋でウィーン交響楽団のモーツアルト:「後宮からの逃走」序曲とPコンチェルトNO.22を上原彩子のピアノで、さらにマーラーの「巨人」を聴いてきました。この週末だけでウィーンの2大オケを堪能してきました。なんて贅沢な…。ウィーン響は前から2列目、上原さんは初めてでしたが目の前で観ました。写真よりずっと可愛らしかったです。彼女が得意な曲かどうかわかりませんが、優しい演奏でした。

2006/11/13(月) 午後 7:31 [ niw*b*2000 ]

顔アイコン

続けて済みません。上原さんは将来モーツアルトをもっと上手く弾くだろうと確信してきました。「巨人」は久々に燃えました。ファビオ・ルイジ恐るべし…。ウィーンフィルノの方は、口あんぐり。ザルツを含めもう何度ウィーンフィルを聴いたかわかりませんが、これほどオケと作曲者とが合っている例を他に知りません。大男アーノンクールは好き放題やっていて、「えっ!こんな表現が…」というところの連続でしたが、それがちっともわざとらしく聞こえないのです。

2006/11/13(月) 午後 7:40 [ niw*b*2000 ]

顔アイコン

くどくて済みません。この頃私は古楽演奏で古典派を聴くことが多いのですが、古楽に精通したアーノンクールならではの表現で、それをあのウルトラオケにこれでもかと聞かせされたひにゃ、会場全体がマジックにかかったかのようでした。コンマスのヘッツェルさんが不慮の事故で他界されてから、特に今回も弾いてたキュッヒェル氏の統率するウィーンフィルは、来日公演で手抜きをしないように感じます。アーノンクール・コンセルトヘボウ盤のモーツアルトを聴き直してみます。

2006/11/13(月) 午後 7:53 [ niw*b*2000 ]

顔アイコン

niwabu、詳細なご報告ありがとです。良かったんでしょうね、アーノンクール/ウィーン・フィル。こちらは死ぬ前に一度はナマを聴きたいと思っています。ルイージ/上原彩子はNHK-BSで拝見するつもりです。(こっちもつづきます)

2006/11/13(月) 午後 10:56 gustav

顔アイコン

田舎住まいの私のところにはそんな大興行は来ませんが、それでも浅間温泉のお風呂につかった後、久元祐子さんのクラヴィコードとピアノでモーツァルトを楽しむ、とか、江尻南美さんがフランクフルトからわざわざ信州に来られてモーツァルトのクラリネット・トリオを弾いてくださるコンサートに行く(予定)とか、規模は小さくても充実のサロン・コンサートを楽しんでいますよ。それにしても11月は文化的催しが目白押しだね。さてと、これからテスト問題作りでーす!?

2006/11/13(月) 午後 10:57 gustav

顔アイコン

39番、私メのコメント・・・恐縮ですm(__)m。おっと、K.595、記事にしてしまいました。GUSTAVさんの記事、楽しみにしております(^^♪!

2006/11/20(月) 午後 10:15 Kapell

顔アイコン

kapellさん、すみません。11月は何だか忙しくて・・・。(=_=;)

2006/11/21(火) 午後 9:09 gustav

昨日とある練習会でPNo.17を弾いたけど、とほほっでした。いつか美音で 華麗に弾いてみたいです、モー様。上原さん、すばらしいですね♪

2006/12/20(水) 午前 1:02 ♪ふらん♪

顔アイコン

これはご存知でしたか? http://www.mozarteum.at/default.asp?SID=16956764512112&deflng=jp モーツァルト生誕250周年を記念して、12月12日、ISM(国際モーツァルト財団=Internationale Stiftung Mozarteum)が、デジタル化したモーツァルトの全作品の楽譜を無料公開したそうです。 http://www.mozarteum.at/03_Wissenschaft/03_Wissenschaft_NMAOnline.asp?SID=16956764512112

2006/12/20(水) 午後 11:03 Kapell

顔アイコン

Franさん、そうですか、お弾きになりましたか!(パチパチパチ)17番なら、弾きながら楽しかったんじゃないですか?本当に楽器を弾ける方は作品を2倍楽しまれていますよね。うらやましいです。

2006/12/21(木) 午後 10:28 gustav

顔アイコン

kapellさん、1ヶ月のごぶさたで申し訳ありません。「モーツァルト全作品の楽譜デジタル化無料公開」小耳にはさんだだけでしたが、ありがとうございます。早速ISMのサイト、お気に入り追加登録して、ゆっくり見させていただきます。

2006/12/21(木) 午後 10:32 gustav


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事