クラシック歳時記in松本 (あるいはモーツァルトとともに1年を)

今春発売の内田光子/テイトのCDでようやく好きになれました・・・モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」

全体表示

[ リスト ]

        ピアノ・ソナタ第15番ハ長調K.545 (1788年 モーツァルト32歳)


 「(子どもの頃)ピアノの練習が大好きで朝から晩までずーと練習してまして、でいよいよやっとソナ

チネ・アルバムが弾けるようになって、モーツァルトの曲はまだまだ自分には難しいので、技術的にまだ

習い始めの頃でしたから弾けないんだなぁって。先生が許可してくれて、これを弾きなさいって言ったも

のでないとお稽古してくださらないから弾けない訳です。そしていよいよ先生が「じゃ、モーツァルト」

っていうことで、一番最初に弾かせてもらったのがこのハ長調の曲なんですね。もう心うきうき、そして

弾きだしてみると結構技術的には簡単で、1楽章、2楽章、3楽章とあっという間に弾きこなすことは一応

できた訳ですよ。でも音楽性というんでしょうか、やっぱりモーツァルトの音楽の神髄がこの曲の中には

全て網羅されてますしね、この出だしの1小節を聴いただけでも、あぁもうモーツァルトなんだって、

本当にどうってことのない簡単な音符の配列ですよ。でもどんな作曲家にもこれはできない訳です。」

 これはNHK-BS「毎日モーツァルト」のピアノ・ソナタ第15番ハ長調K.545の回での假屋崎省吾(華道

家)のコメント。ソナチネとは「初級程度の演奏技術を必要とするピアノ作品集」のこと。

 モーツァルト自身が「初心者のための小さなピアノ・ソナタ」と作品目録に記したこの曲は、今日では

バイエルなどと並んで、ピアノを習う子どもたちが必ず習い、演奏する曲として親しまれていることはい

うまでもない。ピアノを少しでも習ったことのある人なら、誰でも最初のフレーズを聴いただけで「あぁ

あれね」と分かる曲だ。

 簡素にして平易。シンプルにしてストレート。確かに假屋崎の言うように簡単そうに見えて、恐らく

モーツァルト以外の他のどんな作曲家にも書けない、やはり珠玉の名作だと思う。

 今日「ソナチネ・アルバム」に入れられているこの曲、恐らくはピアノ(クラヴィーア)の初心者用の

教材としての注文に応えて作られたのだろうが、詳しい経緯は分からない。

 作曲された1788年6月22日当時のモーツァルトに関して分かることといえば、その5日前の6月17日には

経済的困窮からウィーン旧市内から家賃の安い郊外への二度目の引越しをしたばかりであり、そしてこの

曲が出来上がって7日目の6月29日には半年前に産まれたばかりの長女テレジア・コンスタンツィアを亡く

している。

モーツァルトの作品一般と同じく、この単純明澄な曲には作曲当時の彼の私生活の影はみじんも感じられ

ない。

 それよりもこの曲に関して私が想起するのは”Eine kleine Klavier Sonate für Aufänger”(初心者

のための小さなピアノ・ソナタ)というモーツァルト自身の書き込みの言葉と、あのセレナード第13番

K.525「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」の表題との類似性である。

 「毎日モーツァルト」の「アイネ・クライネ…」の回では、ミュージカル作曲家甲斐正人氏が曲の成立

事情が同じく謎であるこの曲の成り立ちに対して、「父レオポルトの死の直後に書かれたこの曲は『お前

の曲は難しすぎる。もっと優しい曲を作れ』という亡き父から言われていた課題を、簡素で優しくしかも

立派に完成している名曲を作ることで見事に乗り越えたということが言えますし、この作品は彼の作曲の

ひとつの頂点を極めたということがいえるでしょう。」と語っている。(Completely Mozart…セレナー

ド第13番ト長調K.525 '06 10/15(http://blogs.yahoo.co.jp/chikuma46/42920962.html))

 「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」とケッヘル番号も近く、従って作曲時期も近いこのピアノ・

ソナタK.545もまた同じく、亡き父から出されていた課題に応えた作品という気がする。

 ところで、モーツァルトの後年の作品(私が後年と考えるのは名作「フィガロの結婚」K.492以降の

作品)あるいは彼の晩年の作品(三大交響曲K.543、550、551以降をそれと考えている)にはこの曲の

ように、極限まで切り詰めたように簡素で、一見子どもでも弾けそうな、あるいは作れそうに思える

simpleの窮みのようなメロディが印象的な作品が何曲かある。

 ちょっと考えてみただけでもこの15番のピアノ・ソナタを始め、ピアノ協奏曲第27番K.595、クラリ

ネット協奏曲K.622、そして彼自身何よりもオペラ作曲家であることを何よりも意識していたモーツァ

ルト最後のオペラ作品ともいうべき歌劇(ジングシュピール)「魔笛」K.620…。

 モーツァルト最後のピアノ協奏曲第27番は、彼自身最も得意とし、また華やかさが際立つこのジャンル

の中にあって、突然変異のごとく、他のコンチェルトとは隔絶した枯淡の境地を歌う作品だ。それまでの

ピアノ協奏曲が西洋ロココ美学の粋を極めたような華やかさがあるのに対し、このK.595はまるで独り

東洋の水墨画の世界のような枯れがある。今までの虚飾を全て剥ぎ取り、かなぐり捨てたような突き抜け

た世界だ。ひと足早い彼の「白鳥の歌」である。

 一方「魔笛」の中で次々と繰り出される、まるで童謡のような親しみ易い名旋律の数々はどうだ。

「おいらは鳥刺し」「何と美しい絵姿」「恋を知るほどの殿方は」「復讐の心は地獄のように胸に燃え」

「恋人か女房があれば」「パ・パ・パ…(パパゲーノのアリア)」・・・

 世界中の誰もがニッコリと微笑みながら、さも子どもの頃からそれらのメロディを知っていたかように

口ずさむ。それどころかあまりに聞いたことのあるような旋律なので、まるで自分がそれらを作曲したか

のような錯覚に陥ることすらある。それらはひとえに死期近いモーツァルトが、ひたすら平易に、簡素に

大衆に受け入れられ愛される曲作りに腐心した努力の結晶である。

 ソナチネ・アルバムのソナタK.545、27番ピアノ・コンチェルトK.595、魔笛…。

モーツァルトの作品が晩年に近づくにつれ「簡素」かつ「平易」なものにどんどん傾斜していったことを

思う時、同様の軌跡を辿った芸術家として想い出されるのが元ビートルズのロック・ミュージシャン、

ジョン・レノンである。

 ジョン・レノン(1940〜1980)はビートルズ時代からレノン/マッカートニー・コンビの詩を担当し、

名曲を多く創ってきたが、オノ・ヨーコと知り合い結婚しビートルズ脱退後、ソロ活動に入るにつれ、

その作り出す詩の世界は「Mother」「Love」「Imagine」「Oh My Love」など、ビートルズ時代に比べ

一層「シンプルさ」「平易さ」が際立つようになってきた。一節によればそれは、ヨーコ・オノを介して

出会った日本文化の影響、とりわけ俳諧の持つsimpleさ、潔さ、抽象性に由るところが大きいという。

 ジョンは生前ヨーコとともに歌舞伎座で、歌舞伎・能に親しみ、謡曲「隅田川」では土まんじゅうの下

に眠る、生き別れた自分の娘を嘆く母の悲しみに大粒の涙を流したという。また東京は湯島にある古美術

の店「羽黒洞」を度々訪れては、白隠(江戸時代の禅僧)の水墨画を嬉しそうに買い求めたり、芭蕉の句

を書き付けた符を大切に抱きしめたりしていたそうだ。(これは私が「羽黒洞」のご主人、木村東介氏か

ら生前直接聞いたことである。)

 ここでは彼の曲の代表として「Love」を紹介しよう。

               Love is real Real is love

               Love is feeling Feeling is love

               Love is wanting to be loved
 
               Love is touch Touch is love

               Love is reaching Reaching's love

               Love is asking to be loved

               Love is you You and me

               Love is knowing We can be

               Love is free Free is love
 
               Love is living Living's love

               Love is needing to be loved (アルバム「ジョンの魂」1970年 より)

  当初から強いメッセージ性を持っていたジョンの詩の世界は、日本の俳諧文化に触れることによって

余分なものを削ぎ落として、よりsimpleに、より平易な表現になり、より研ぎ澄まされ、より抽象的に、

よりパワフルに、より普遍性を持ったものになって、国境を越え世界の人々に歌われ、人々の記憶に長く

残るever greenな名作となった。

 真の天才はその晩年においても進化し続ける。モーツァルトとジョン・レノンはその点においてもまさ

しく時代を超えた天才の名に値する存在といえるのではないだろうか。

 ピアノ・ソナタ第15番ハ長調K.545に戻ろう。

 simpleなだけでなく、petitなソナタだ。愛くるしい第1楽章、お洒落なロンドの第3楽章はそれぞれあ

っという間に終わる。LPで聴くシフの全集では、深い情感込められた第2楽章を入れた全体でも10分少々

で終わってしまう。

 一方CDでのアラウの80歳を過ぎての演奏はさすがに年輪を感じさせる。それでも第1楽章4:53 第2楽章

8:15 第3楽章2:04 の 計 15分12秒。

 初心者でも弾ける。しかし大家でも窮めることは難しい。モーツァルトの曲の奥深さを物語る典型的な

1曲であろう。私はアラウの弾く泰然自若とした第2楽章を聴きながら眠るのが最近の習慣になりつつある

 LP:アンドラーシュ・シフ(Pf)(モーツァルト ピアノ・ソナタ全集より)(LOOC-1005〜10)(1980年)

  CD:クラウディオ・アラウ(Pf)(UCCP-9351)(1985年)

閉じる コメント(42)

顔アイコン

こんばんは、お久しぶりです。 僕はK545の第二楽章は正に‘simple is best’な曲だと思っています。 あれほどの単純さでもって、「かけがえのないもの」を表現できているのはほんとに驚きです。 そしてその直後にK546のアダージョ部分を作曲してしまうセンスの多様性にもまた驚かされます。 あと、余談ですが不遇のヴァイオリンソナタK547にも光が当たって欲しいですね。

2007/2/17(土) 午前 1:12 [ bun*hou**01 ] 返信する

顔アイコン

bunchouさんのコメントで、545〜546〜547の続き具合のスゴさに気づかされました。とくに545と546の内容の違いときたら! スゴイですね、やっぱりモーツァルトは! ところで、これから「さん」付けでお願いしまぁす!

2007/2/17(土) 午後 1:30 fal*t*ffa* 返信する

顔アイコン

こんにちは、個人的にはレノンさんは好きですけれど、モーツアルトと同列に考えたことはございませんでした、笑。お話のソナチネのあの曲はミケランジェリのを持っています。スカルラッティやガルッピがとても好きなのでその延長でシンプル路線をミケランジェリで聴いている訳なのですね。私はかなりイタリアが好きなのです。

2007/2/17(土) 午後 1:53 [ pasturedogs ] 返信する

顔アイコン

bunchouさん、こんばんは。僕も字数制限がなければVnソナタK.547にも言及したかったです。モーツァルトが「初心者のための小さなソナタ」と呼んだというから、まさにK.545と対を成す曲ですよね。しかもこれが43曲あるモーツァルトのVnソナタの最後の作品というから考えさせられます。ピアノ協奏曲における27番K.595のような存在といって良いのでしょうか。

2007/2/17(土) 午後 6:38 gustav 返信する

顔アイコン

あつさん、「ファルスタッフ」のライン・ナップ充実してきましたね。K.546「アダージョとフーガ」はスヴィーテン男爵との関わりでできた「モーツァルトのバロック作品」とでもいうべき曲ですが、モーツァルト特有の「軽快さ」がなく(当たり前?)未だになじめずにいます。

2007/2/17(土) 午後 7:05 gustav 返信する

顔アイコン

pasturedogsさん、ミケランジェリっていうと煌びやかなイメージがあり、彼が弾くソナチネって聴いてみたいですね。イタリアですか、そういえば去年のちょうど今頃、北イタリアかけ足旅行でミラノのスカラ座も見てきたっけ。こじんまりとしていたのが印象的でした。

2007/2/17(土) 午後 7:23 gustav 返信する

モーツァルトのすごいところ。大人になっても童心に戻って、子供の目線で、でも最高の曲を作れるところ。他の作曲家が誰も出来ない「天才」の部分。子供が演奏するモーツァルトが一番モーツァルトの曲の純粋な部分を表現出来るというのはきっとモーツァルトの心と合い通じるところがあるからなんだろうなって思います。

2007/2/22(木) 午後 11:41 まなべえ 返信する

顔アイコン

朝起、久しぶりにピアノ協奏曲第27番K.595聴いていました。シンプルに思えるのですが、同時に含むものも多いような不思議な曲ですね…

2007/2/24(土) 午後 7:03 [ - ] 返信する

昔ジョンファンだった私。知りませんでした。私、きっとモーツァルトは一生上手くは弾けません。小学生の時に全曲習ったソナタ。中学でも、 高校でも、そして最近のレッスンでも「いつか弾けるようになるといいですね!」と師匠たちは言う。そして、師匠たちも苦しんでいる♪

2007/3/3(土) 午前 0:59 ♪ふらん♪ 返信する

顔アイコン

manabeeさん、おっしゃるとおりですね。「童心の目線」に立たないと最高の表現ができないモーツァルトの音楽。オペラでいうと「魔笛」の数々の名曲がそうではないでしょうか。「恋を知るほどの殿方は」なんて難しいと思うなぁ。

2007/3/3(土) 午後 7:00 gustav 返信する

顔アイコン

kazuさん、ごぶさたしています。K.595おっしゃるとおり、まさに「人生を悟りきった」そして澄みきった境地で書かれた、少し早いけれどモーツァルト「白鳥の歌」だと思っています。特別な曲ですね。

2007/3/3(土) 午後 7:04 gustav 返信する

顔アイコン

Fran♪さん、やはり弾いて窮めるのは難しいんですね、モーツァルトは。CDではアラウを、また最近のNHK-BSの「ぴあのピア」では梯剛之の演奏に感心していますが、モーツァルトをうまく弾くというのは大変なことなのですね。素人考えでは音の強弱が難しそう。

2007/3/3(土) 午後 7:41 gustav 返信する

おひさしぶりです☆今日もこの曲を聴きながらコメントさせていただいてます♪ほんとに子供がピアノと楽しく戯れているようなステキな曲ですよね♪モーツァルトって私生活と音楽がまったくかけ離れたところにあるような印象を受けます。そういうのを天才って言うのでしょうか??

2007/3/4(日) 午後 3:20 [ mks*eet*105 ] 返信する

顔アイコン

mkさん、「お互いに」おひさしぶりです☆お互い3月は仕事が一段と忙しくなってるってことですね。こちら1年のうちでの最繁忙期です。モーツァルトって私生活と音楽がまったくかけ離れているって時もあるし、そうじゃないって時もある。難しいですね。でも一般的な作曲家と比べれば「音楽が私生活とまったくかけ離れたところで成立している」作曲家の、やはり最右翼でしょうね。そしてそれがまたモーツァルトの天才の証明になるのでしょう!!

2007/3/10(土) 午後 8:43 gustav 返信する

顔アイコン

この前、新聞にレオナルドダヴィンチは天才じゃなかった、ってありました。同時代の仲間と創作したものを、彼がたまたま絵が上手だったので、書き残しただけだそうです。本当の天才は人間関係を作るのが上手なんですかね?友達が多いとか? 削除

2007/3/18(日) 午後 11:05 [ ふるみどり ] 返信する

顔アイコン

ふるみどりさん、こんばんは。「ダ・ヴィンチは天才じゃなかった」という意見には反対です。やはりルネサンス史上においても彼以上の天才はいないと思います。それは絵画においてだけでも、今度来日した「受胎告知」を見てみて下さい。彼が書いたといわれる左側の天使(10代の少年)の驚嘆すべき美しさ。師匠が書いた右側のマリアも色あせてしまいそうな神聖さとそれゆえのエロスを感じます。またダ・ヴィンチの「手記」と素描(デッサン)集を見て下さい。彼がいかに今日の優秀なデジカメのような目で物を見、正確に描写していることか!

2007/3/19(月) 午後 10:09 gustav 返信する

グスタフさん、ご無沙汰しております。記事、とても興味深く読ませて頂きました。「雰囲気」は、とてもよくわかるような気がします。この15番のソナタは、本当に全部の音符を「美しく」・バランス良く弾きこなすのは難しいです。ジョンの曲は私は「ゴッド」や「ジェラス・ガイ」、「ハウ?」などを聴く度に心を奪われます。その内的な世界に・・・。 「美しさの共通」と言ったら良いのでしょうか?この2人の「天才性」という意味で共通するものがあるのを確かに感じます。

2007/4/2(月) 午後 9:48 [ - ] 返信する

顔アイコン

GUSTAVさん、藤田です。ジョンレノンの記事拝見して、はっとしました。実は、私も去年の5月にジョンレノンとモーツアルトについて、投稿していました。GUSTAVさんの記事を拝見して、いろいろ勉強になりました。かなり日本から影響を受けていたようですね。私は、レノンとモーツアルトのメッセージ性に共通点を感じました。

2007/4/30(月) 午後 2:23 [ MASATO<JH1IIS> ] 返信する

顔アイコン

突然お邪魔いたします。履歴から来ました。
私も幼少期にピアノを習っておりまして、小学校の5年生の終わりに、このk.545を練習させてもらいました。当時、ツェル二―などの練習曲に飽きていた私は、先生が弾くお手本の、そのコロコロとしたなんとも楽しく可愛らしい旋律に、心が弾む思いがし、帰るやいなやすぐにピアノに齧りついた思い出が有ります。
その時に練習いたしました、私のアップライトの黒いピアノは、今は遠い地、故郷の二階のリビングに、音を奏でること無くひっそりと佇んでいます。東の壁に背を向けて、正面に北アルプスをしっかりと見据えて・・その主人無きピアノは、信州松本にあるのです。
あまりの偶然の数々に、幼少期の思い出と、歌うことのないピアノに対する哀愁で胸がいっぱいになり、涙が止まりません。
置き去りにしていました大切な宝物を思いださせてもらって、本当にありがとうございました。

2010/7/15(木) 午前 2:44 NONNO 返信する

顔アイコン

NONNOさん、メッセージありがとうございます♪
松本出身なのですね、NONNOさんは。
うちは息子が今京都におります。
故郷を離れた彼にとって、ふるさとってどんな存在なのでしょうか?
その心の中をのぞいてみたい気がします。
こんな古い記事を読んでいただき、コメントまでいただき、こちらこそありがとうございました。

2010/7/15(木) 午後 10:46 gustav 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事