クラシック歳時記in松本 (あるいはモーツァルトとともに1年を)

今春発売の内田光子/テイトのCDでようやく好きになれました・・・モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」

全体表示

[ リスト ]

 先週の金曜日から1週間ぶりに雨が降った。台風の接近によるものだが、10月の下旬ともなるとさすが

に冷たい雨だ。もう季節は晩秋に入ったといってよいだろう。


 晩秋の音楽といえばブラームスのそれだ。それも特に彼の室内楽の数々。それは梅雨の時季の近代フラ

ンスの作曲家たちのつくった室内楽曲と並んで、私のクラシック歳時記の大切な部分を占める。

 一昨年の歳時記のクールでは、温暖化で季節がずれ込んだのと11月に勤め先の修学旅行があって、ブラ

ームスの室内楽の名作の数々を全くといっていいほど紹介できなかった。

 それが心残りで昨年度このブログを閉じることができなかった。新年度仕事が更に忙しくなって新稿が

書けず、同じ季節の一昨年の記事の再掲でお茶を濁してここまで引っぱってきたのは、書き残した晩秋の

季節感とブラームスの室内楽曲の関係を書き遺すためであった。

 などと綴ると、えらく気合の入ったものを読者は期待してしまうかも知れないが、何でも思い入れが強

すぎるとなかなか良い文章は書けないものだ。今日は口火を切ったということでお許し願おう。

 随分冷たく感じるようになったこんな秋雨の日には、ブラームス晩年のヴァイオリン・ソナタ第3番ニ

短調でも聴いてみたくなる。

 これは1888年ブラームス55歳の年に、スイスの避暑地トゥーン湖畔のホーフシュテッテンでつくられ

た。

 前年には中庸で穏やかなヴァイオリン・ソナタ第2番イ長調作品100も作曲されたが、あの交響曲第4番

ホ短調作品98をものしてから3年後ということもあり、もうブラームスの晩年といえる。

 彼の音楽を特徴づけるものはロマンティシズムと、保守的とも揶揄されるほどの調和のとれた曲の古典

的な形式感、そして若い時から彼に身に着いていた「諦念」の情。

 その諦念を晩年になると、彼は若い時のようにもはや隠そうとせず、第4シンフォニーやこの曲では剥

き出しの激情として表現している。(特に第1楽章、第4楽章)

 聴く者にはそれが痛ましいほどだ。彼が若い時から持っていた諦念、そして彼が晩年になって驟雨のよ

うに容赦なく叩きつける怒りにも似た悔恨の情。

 それらはすべて、一生を通じて愛し続け、そして生涯結ばれることのなかったクララ・シューマンとの

関係において生まれてきたものだ。

 そのことはもう何度も書いているので、ここでは繰り返すまい。


 演奏はLPではヘンリク・シェリングのヴァイオリン、アルトゥール・ルビンシュタインのピアノ(RCA

RX-2378)。CDではデュメイ/ピリスのコンビを聴いている。(Grammophon POCG-1618)(1981年)

 第1番「雨の歌」(http://blogs.yahoo.co.jp/chikuma46/2237045.html)と変わって、こちらは後者の

演奏の方が、そのしなやかさにおいて好ましいように感じる。

閉じる コメント(12)

顔アイコン

ブラームスのバイオリンソナタ、3曲どれも好きです。ピアノパートを弾いていて心地よいのは、雨の歌、もしくは2番なのですが、
うーん、演奏効果で言えばやはり3番なのかなぁ。3番は、、激しいけれど、また、美しいですね。緩やかな箇所の音楽美には惚れ惚れします。

デュメイ&ピリシュ、わたしも確か持っています、ききたくなりました!(いまから聴きます)ありがとうございます!!

2007/10/27(土) 午後 11:35 らぷそでぃ▼*^▽^*▼ 返信する

顔アイコン

らぷさま、お久しぶりです。古くからのお付き合いの方には特に今年度の【再掲】の記事が申し訳ないです。やっとブラームスの季節になったので、無理しても、短くても書こうと思っています。
そうそうブラームスのヴァイオリン・ソナタといえば、来月松本にクレーメルとツィマーマンが来てくれて、その演奏を聴くのがこの秋一番の楽しみでーす♪

2007/10/27(土) 午後 11:55 gustav 返信する

こんにちは。
ちょっと、関係ない話題になってしまいますが、ユアン・アリアガという作曲家をご存知ですか?
スペインのモーツアルトといわれている人で、送った生涯もそっくりです(@@;)。
しかも、ファーストネームとミドルネームまで同じ意味を持つ作曲家です。誕生日までまるっきり同じ。
こんなことってあるんですね(^^;)!!

2007/10/28(日) 午前 11:54 cla*aa*g*laj* 返信する

顔アイコン

クララさん、いつもありがとう!アリアーガはモーツァルトのちょうど生後50年目のモーツァルトの誕生日1月27日にスペインに生まれたんですね。そして才能を発揮しながらも、20歳の誕生日に前日に亡くなってしまった、夭折が惜しまれる作曲家ですよね。去年はだからアリアーガ生誕200年でもあったわけだ。残念ながら僕はまだアリアーガの曲をそう思って聴いたことはありません。

2007/10/28(日) 午後 2:03 gustav 返信する

ブラームスのソナタは3曲共に素晴らしい曲ですが、第3番は晩年の作品には珍しい情熱が燃え上がるような音楽ですね。

2007/10/28(日) 午後 7:41 JinK 返信する

顔アイコン

JinKさん、ありがとうございます。少し前までは3番はあまり好きではなかったのですが、(モーツァルトと同じでブラームスの曲もどちらかというと短調よりも長調の曲の方が好きですね。明るいのに哀しいみたいな。短調の曲はちょっと大げさっぽい感じがして。)昨年吉田秀和のブラームスの評論集を買って読んでから、ブラームスがより好きになり、短調の曲にも抵抗がなくなりました。第2楽章なんかとてもいいですね。

2007/10/28(日) 午後 8:47 gustav 返信する

ブラームスは大好きです。がっちりとした曲の構成ですね。諦念ですか。それが彼の曲を暗くしているのでしたか。

2007/10/28(日) 午後 10:08 Konnichiha 返信する

顔アイコン

kyokoさん、ありがとうございます。ブラームスの曲と人生にとってシューマンの奥さんクララは、決定的な役割を果たしています。クララとブラームスという二人は、クラシック音楽の世界で最も興味深い人間関係だと僕は思います。(例えばhttp://blogs.yahoo.co.jp/chikuma46/26381870.html参照)

2007/10/28(日) 午後 10:54 gustav 返信する

顔アイコン

秋は、特に枯葉の落ちる頃はピアノよりバイオリンのほうが心に響くとおもいます、ソナタは機会があれば聴いてみたいですね、4番はブラームスでは一番好きな曲です、古典的でありながら、内容はロマンに満ち溢れ聞いていて自然と胸が高まってきます、この記事を見ればその訳もわかりますね、

2007/10/29(月) 午後 11:56 きりこだち 返信する

顔アイコン

kirikodatiさん、そうですね。晩秋の風情にバイオリンの音色はぴったりですね。「秋の日のヴィオロンのためいきの身にしみて、ひたぶるにうら悲し」とうたったのはヴェルレーヌでしたか?

2007/10/30(火) 午後 7:57 gustav 返信する

顔アイコン

ブラームスのソナタ、ハイフェッツがカペルと演奏した演奏を聴いたのが始まりです。最近ではゴールドベルクの演奏(テスタメント)を聴いて、この曲の真価を知ったような思いになりました。

ハイフェッツとルービンシュタインの共演は唯一、フランクのソナタが残されていて、僕が知る限るはティボーとコルトーの熱い演奏と並ぶ重要な演奏だと思います。最近、ハイフェッツとルービンシュタイン、カペルと共演による演奏が収められた、「かなり」お得なCDがナクソスから出ていることを知って驚きました。是非とも多くの方に聴いて頂きたい演奏です。

2007/11/3(土) 午後 10:44 西方見聞録 返信する

顔アイコン

私より随分古い貴重な演奏の数々をお聴きになっていらっしゃるのですね。ハイフェッツとカペルの演奏、聴いてみたいですね。

2007/11/4(日) 午後 2:13 gustav 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事