クラシック歳時記in松本 (あるいはモーツァルトとともに1年を)

今春発売の内田光子/テイトのCDでようやく好きになれました・・・モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 2週間のごぶさたですみません。

 さて遅ればせながら10月末日まで開いていた投票「モーツァルトの後期交響曲で一番お好きな曲は?」

に、多くのご参加を頂きましてありがとうございました。改めまして感謝いたします。

 その結果を発表すると、

            第1位  交響曲第40番           12人 

            第2位  交響曲第41番「ジュピター」    8人       

            第3位  交響曲第39番            6人

             同    交響曲第38番「プラハ」      6人

            第5位  交響曲第36番「リンツ」       1人

                                            ということになりました。

 まぁ、順当といえば順当。やはり「宿命のト短調」40番の人気の根強さとともに、41番「ジュピター」

の万人が認める偉大さを再確認しました。私個人としてもこの2曲の素晴らしさについて、「毎日モーツ

ァルト」の番組とともに振り返るきっかけとなる今回の投票でした。

 ところで41番「ジュピター」の段で、薬師寺東塔を見て「凍れる音楽」と評したフェノロサの脳裏に浮

かんだ音楽として、順当なところで「ジュピター」を挙げておきましたが、実はどうしても「ジュピタ

ー」を聴くと、堂々たる西洋建築の四角四面の建物を想像してしまうので、その点自分の中ではそうは言

っても違和感が残っていたのです。で今回戴いたwilliam_kapellさんのコメントに背中を押されて、前言

撤回で声高に叫んでしまいましょう。

 「フェノロサが薬師寺東塔を「凍れる音楽」と評したその時の彼の脳裏に浮かんでいた音楽は、モーツ

ァルトの交響曲第39番だー!」

 なぜって今回気づいたのですが、39番って第3楽章メヌエットはもちろん第1楽章も3拍子だったんだ!

日本の寺院の塔のあの三角のイメージ。特に薬師寺のそれの、各層の屋根と裳階(もこし)とが作り出す

長短ー長短ー長短の軒の出入りが作り出す自然なリズム。そのイメージに適う音楽は3拍子の軽やかな身

のこなしを持つ39番しかありえない、とへんな確信を今回持ったことをご報告しておきたいと思います

 さて1月からつづいているNHK-BSの「毎日モーツァルト」も、いよいよ晩年の作品に入り、今はK.588

の「コシ・ファン・トゥッテ」あたりを放映しています。これから「ピアノ協奏曲第27番」や「クラリネ

ット協奏曲」はたまた「魔笛」といった晩年の傑作がぞくぞくと登場してきます。そこで

 「モーツァルトの晩年の名作で一番お好きな曲はどれですか?」

というテーマで第2回の投票をまた始めましたので、コメントをお寄せいただければ嬉しいです。

よろしくお願いします。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事