クラシック歳時記in松本 (あるいはモーツァルトとともに1年を)

今春発売の内田光子/テイトのCDでようやく好きになれました・・・モーツァルト ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

 (1ヶ月以上のごぶさた、誠に申し訳ありません。ここでその弁明を語っていると、また更新できずに

終わってしまいそうなので、弁明はまたの機会にさせていただきます。)

 昨日、来年の「サイトウ・キネン・フェスティバルin松本」の演目(特にオーケストラ公演)が発表さ

れました。(http://www.saito-kinen.com/j/news/detail.php?view=70

 オペラのチャイコフスキー「スペードの女王」に加え、

オーケストラ・コンサートA公演  ラフマニノフ:交響曲第2番 ホ短調 op.27他(指揮:広上淳一)

オーケストラ・コンサートB公演  アンリ・デュティユー:委嘱作品
                   
                     ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
                   
                     ベルリオーズ:幻想交響曲      (指揮:小澤征爾)

だそうです。

 ウーン、来年はちょっと本気を出して並ばねば(チケット取るために)。

 何せラフマニノフの2番も、幻想交響曲も僕の大好きな交響曲。しかもラフマニノフはもちろん、ベル

リオーズの幻想ですら、信州のような田舎では生演奏はまず聴けません。とりわけ幻想交響曲は若い時か

ら小澤が大得意にしていた曲。私見では、小澤はブラームスやマーラーの1番やベルリオーズの幻想な

ど、作曲家の若書きの、青春の息吹き馥郁たる第1交響曲に名演(レコードですが)が多いだけに期待で

きそうです。

 チケット発売日は5月19日(土)。オペラを含め、来年は久しぶりに3公演 get!!を狙いますか!

 今年のサイトウ・キネン・フェスティバルin松本のプログラムが発表されました。

 小澤征爾氏の病状が心配されていましたが、順調に回復し、ほぼ予定通りの演目です。

 例年通り、小さなコンサートに掘り出し物がありそうです。

  日程、プログラムの詳細は http://www.saito-kinen.com/j/program/

  チケット発売方法の詳細は http://www.saito-kinen.com/j/ticket/

 チケット発売日は5月20日(土)です。

 マル秘のチケット入手必勝法は、カギ付のコメントまたはゲストブックでお問い合わせ下さい。

(といっても、そんなに大したことではありませんが…)

【お知らせ】

【お知らせ】 昨年度クラシック音楽歳時記で紹介した曲が、明日あさってとNHK-FMで放送されるので、

まだお聴きになったことがない方など、良かったら聴いてみて下さい。


 4/18(火)午後7:30  ベスト・オブ・クラシック

     「交響曲 第2番 ハ短調“復活”」       マーラー作曲
                            (1時間27分05秒)
                           (ソプラノ)澤畑 恵美
                         (メゾ・ソプラノ)竹本 節子
                            (合唱)晋友会合唱団
                           (合唱指揮)清水 敬一
                          (管弦楽)東京都交響楽団
                        (指揮)ジェームズ・デプリースト
      
              東京・サントリーホール  <2005/05/20>

 (4/1 年度の終わりに http://blogs.yahoo.co.jp/chikuma46/31764115.html



 4/19(水)午後2:00  ミュージック・プラザ

           「ピアノ四重奏曲 第1番 ハ短調 作品15」  フォーレ作曲
                                  (31分34秒)
                              (ピアノ)パスカル・ロジェ
                              (演奏)イザイ弦楽四重奏団
                         <LONDON POCL−1792>

(6/19しっとりとした雨の日に聴く音楽 http://blogs.yahoo.co.jp/chikuma46/5157918.html)


 4/19(水)午後7:30   ベスト・オブ・クラシック

           「交響曲 第1番 ホ短調 作品39」     シベリウス作曲

                              (管弦楽)NHK交響楽団
                             (指揮)シャルル・デュトワ
          〜 第1567回N響定期公演  東京・サントリーホールから中継〜

   (2/4 春まだ遠し http://blogs.yahoo.co.jp/chikuma46/25648702.html )

クラシック・バレエをやっているクララさんから質問が来ました。

 「クララのようなバレエをやってる人間には、曲名とかがバレエの題で覚えていることが多くて・・(例えば、舞踏への招待→薔薇の精。ショパンエチュード→レ・シルフィード)で、1つとっても気になってる曲があるのですが、正確な曲名がわからないんです。

 レッスン曲に使われていたりしますが、アダージョです。何となくワーグナーぽい感じで、映画のワンラストダンス・ダンスウイズミーのなかで、主人公がカンパニーに戻ってきた時のバックに使われています。パトリック・スエイジ主演・監督の映画です。

 4分の4でたん・たん・たん・たん・たん・た、た・たん・たん。たん・た、た・たん・たん。たん・た、た・たん・たんではじまります。(たんは1ぱく)音は間違っているかもしれませんが・・

 H♭・H♭・H♭・H♭・H♭・C,D・E♭・E♭。H♭・H♭、C・D♭・D♭。A♭・A♭、H♭・H(ナチュラル)・H。F♭・F♭・F♭・F♭・F♭・A♭、H♭・H(ナチュラル)・Hです。(出だし部分)もしかすると調が違うかもしれませんが・・・(;;)よろしくお願いいたします。 」

 ワ−グナーっぽいアダージョっていうと、ワーグナーの「ジークフリート牧歌」か「トリスタンとイゾルデ」マーラー交響曲5番のアダージェットかなぁとか思ったんですけど、リズムとコード見たら余計分からなくなってしまいました。

 どなたかこれだけのヒントで曲名が分かる方、いらっしゃいましたらご一報下さい。よろしくお願いします。

来年の「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」の主なプログラムが発表されました。

【オーケストラ】
  小沢征爾 指揮     ベートーベン ピアノ協奏曲第5番「皇帝」(ピアノ 内田光子)
  
                 ショスタコーヴィチ 交響曲第5番「革命」

 アラン・ギルバート 指揮 マーラー 交響曲第5番

【声楽】
 小沢征爾 指揮  メンデルスゾーン オラトリオ(宗教音楽劇)「エリア」(フル・ステージ形式)
                 (ソリスト:ヨセ・ファン・ダム、ナタリー・シュトゥッツマン)
 
 その他、武満徹メモリアル・コンサート、ふれあいコンサート(室内楽など)
     若い人のための室内楽勉強会など、例年通り開催します。
  追加:内田光子、ヨセ・ファン・ダム ソロ・コンサート(予定)
     


P.S. 今年はシェーンベルク「グレの歌」、若い人のための室内楽勉強会、青少年(中学1年生)のためのオペラ「モーツァルトのフィガロの結婚(抜粋版」)を聴きました。

 「グレの歌」は僕にとって因縁の曲。学生時代シェーンベルクにはまりだした頃、ちょうど小澤征爾、ボストン響の2枚組のLPが発売になって、すぐ買ったっけ。しっかり聴くのは20年ぶり。

 あの頃は気づかなかったが、あちこちにワーグナーに影響を受けたとすぐわかる旋律、和音が耳につき、聴き終わった感想は開口一番、「あぁ、タンホイザーとかワルキューレとか、一度ワーグナーの楽劇を聴いてみたい!」でした。

   それから嬉しかったのは室内楽勉強会で初めて声楽が取り上げられ、シューマンの「詩人の恋」を(抜粋ではあるけれど)生で聴いたこと。
   
 最後の長い長いピアノの後奏がいつまでも終わらないで…と願った夢のような10数分間でした。
   

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事