ここから本文です
Mt.naoじブログ
まったりゆら〜り自転車こぎ
雪山キャンプって、したことありますか?ワタシは今回初めてザックしょって雪山でキャンプしてきました。山は三重県にある山で御池岳という山なんですがこの御池の山頂の奥にある奥の平やボタンブチの雪の風景がみたくて、行った事のある信さんにお願いしたら、じゃあ、テント泊で行こうかって事になったんです。

イメージ 3

2018年2月17日土曜日AM8:00
登り始めは雪はありませんでした


テントはAJさんが担いでくれるので、各自、寝袋やら水3リットルやらザックにいれまして担いで登るのですが
軟弱物者のワタシはヨロヨロしながら、山を歩きはじめ、途中から雪やら凍結やら足場も悪くなり、さらに風も吹き始め、吹雪になりと、ザックは重いは風は強いわで歩くペースはどんどん遅くなります。

特に風の音がすごくて近くに鉄塔があるせいなのか、暴走族が走ってるような轟音が時々して、もう行くな行くな!と言われているようでした。
途中のなんとか峠でお昼をとるのですが、ワタシはさっき食べたおやつがまだ消化してないのと、あまりのしんどさでアゲアゲ状態でなにも食べれませんでした。元気におにぎり食べてるふたりがうらやましかったです。
お昼の時、信隊長からこのペースだと日本庭園まで行ってテントはるのはむずかしそうだから、藤原岳の避難小屋にコース変更しようかとの発表が。
それでもまだ、2〜3時間だか3〜4時間だかはかかるらしい。少し休憩したのであと数時間くらいならなんとかなるかと藤原を目指す事に。でもやはり、ちょっと歩くだけでヒーヒーハーハー、ちっともペースはあがらずで、
「頭なんとかから藤原」へと言う看板のところで信隊長が次のポイントのところでどうするか判断しようかとのこと。

どうにか次のポイントにつき、吹きすさぶ猛吹雪の中で信隊長が
さあ、突き進むか、戻るか決めなくてはならない」と、言われ、
AJ副隊長はなにも語らずで
ワタシがもう限界かどうか、判断をゆだねられまして

「この、風ではもう無理」と言うと信隊長が、
こんな天候では仕方ないよね。よし!戻ろう」と、言ってくれて引き返す事に。
バレてたとは思いますが、ホントは自分が限界でした。
が風のせいにしちゃいました(>_<)

下りはまあ、登りよりはペースはあがりますが、水が重いので途中で水を捨てていいかとワタシが言って、水を捨ててたらAJ副隊長が時間もあることだし、風の弱いとこで湯でも沸かして大休止しましょうかと提案してくれて、もう少しくだったとこにちょうどいい風よけ場所が見当たりまして、ワタシがテント張るのにちょうどいい場所ですねといいますと、信隊長も、いいねーと言ってくれて副隊長も、せっかく持ってきたことどし、張りますかー。てな事てで雪山キャンプできることになりました\(^o^)/

まずは、隊長持参のスコップ?シャベル?でテント張るとこを平にしつつ、きりだした雪で風よけの壁を作って行きます。
スコップあるとあっという間に素敵な更地が完成です。
イメージ 4
イメージ 5
ヒゲが凍る信隊長


次に副隊長持参のテントをたて、本日のキャンプ地完成です。
あと、隊長がちょっと離れたとこにワタシ用のトイレも掘ってくれました、素敵なご婦人用トイレでしたがやはり外は外。ズボンおろすとお尻が一瞬で凍りつきそうなほど寒いです。

テントは土間がけっこう広いので三人分のデカイザックを入れても、まだ余裕です。寝るとこは真ん中の人が頭の向きを逆にすれば三人寝れるキツキツ状態ですが寒いのでこれくらいでちょうどよかったかも。
寝床も作りおえ、まずはビールで乾杯。空腹で飲む冷え冷えのビールは胃に染みわたり一気にご機嫌にヾ(≧∇≦)
さらに各自で持ち寄ったつまみやウイスキーでオリンピックの話やなんかのレースの話やらしながらしてたら日も暮れて、晩ご飯の準備へ。
信隊長持参の「予約でいっぱいのなんとか」と言うソースでパスタとパンとハムのステーキが今夜のメニュー。
ワタシはテントの奥にいたのとジェットボイルを持ってきてなかったので調理はすべて、隊長、副隊長がやってくれたので食べるだけという、ていたらくぶりでラクチンでした。
起きてる間は風の轟音が時々するんだけど好立地にテントを立てたのでテントはほとんど揺れません。

イメージ 6
やっとこテントの中で一息ついてご満悦のAJ副隊長

イメージ 7
えーと、今いるところは、、、、

寝るまえにボトルにお湯をいれてもらって寝袋にいれて湯たんぽにしたおかげでめちゃくちゃ寝袋の中がぽかぽかで寒くて目が覚めることはありませんでした。が、自分の寝っ屁で目を冷ましてしまいました。
それを合図にふたりも目をさまし、外も明るくなってきたので行動開始です。
テントを出るとスノーシューやストックは全部雪の中でした。
朝やけも見れ風もやんでるので御池まで行くかってことになりテントはこのままにしてワタシはザックも置いて身軽に、貴重品は持っていかないかんねーと話してたら信隊長が寝袋をザックに積みはじました。
隊長いわくザックがすかすかだからと言ってましたがこの寝袋がすんごい高いのは確かです。そして隣に寝ている時も寝袋が触れてる所は暖かでした。

イメージ 9
テントを出て朝日をおがむところ

イメージ 8
スノシューもカンジキも雪の中に


8時すぎかな御池にむかって出発です。ワタシの荷物は二人が分担してもってくれました。
ときおり砂利やら木の根っこやらでみえて、スーパーカンジキでは歩きにくいところもありましたが鉄塔のあたりまでくると木々も樹氷に包まれ、フカフカの雪の上を歩くようになってきました。
昨日と違い、荷物を背負ってないワタシは足取りも軽く、ぐんぐん登れます。時間がたつにつれ、時々晴れ間もみえ始め、背中に汗もかいてきました。7合目手前あたりから先に登ってる方の足跡もくっきりついて新雪もいくらか登りやすくなりました。


イメージ 10
イメージ 11

この足跡がないと前日に降った雪をラッセルしながら登ることになりかなりハードです。とはいえ、御池の山頂手前の登りは延々続く急登で何にも背負ってないワタシもちょっとしんどくなってきました。
もうすぐかなもうすぐかなと何度もそんな場面をくりかえし、やっと山頂です。夏の御池の山頂とはちがい、とーーーーーても眺めがいいです。

イメージ 12


イメージ 13
祝!御池岳山頂



でも、目的はさらに奥なので記念写真を撮ったら、そそくさとさらに奥地にすすみます。奥にすすむと夏にきても気持ちのいい景色の場所にどんどんはいってきました。
そしてそしてとうとう!きました。奥の平です!!!やっと、やっと!やっと、これました。
夏でも行程長くてなかなかこれない奥の平、冬など経験者でないと来ることができない秘境です。
信さんAJさんのおかげでやっとこれたのです。しかも、雲が多いものの時々だけ太陽がでてくれるという粋な演出すらしてくれます。

イメージ 14


イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17
あっちの方まで歩きたーい


さあ〜、奥の平を歩きまくるぞー!と言いたいところですがここで信隊長から悪魔な一言が!

「時間がないから簡単にお昼とって戻るから奥の平はここから見るだけだよー」

うおーん。苦節10年。やっときた奥の平。
次に来るときは今よりもっと体力ないかも、今日より天気悪いかもしれないのに、ここまできて戻るなんて!うおーん!おうーん!
なごり惜しくておしすぎて何度もふりかえり惜しみながら奥の平を後にしました。
仕方ないのです。これから登山口までまだかなり時間はかかるしテントも片付けなくてはいけないのです。
信隊長に来年はもっと山頂に近い方でテント張りましょう!と、何度も念押し(というかワタシの体力次第だっつーの)
12時ちょっとすぎなのに引き返さなくてはあかんなんてどんだけ帰りも長いんだよって。このときはまだあまり考えてなかったんですが、のちのち膝に嫌という程その長さを味わうことになりました。


イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20
信隊長キジうちタイム


イメージ 21
木の影

イメージ 22

イメージ 23
やっとこ鉄塔


イメージ 24

イメージ 25



帰りは登りかえしもありますが全体に下り基調。急な下りは尻セードで下れるし最初は楽しかったのですが、なかなか目印となる鉄塔があらわれず疲れも出始めました。鉄塔をこえ2時半頃かなテントに到着。

イメージ 1    埋まった木のペグを掘り起こすのが大変



イメージ 26

ちゃんと風にとばされることなくテントは待っていてくれました。一時間近くかけてテントを片付けたりザックをつめなおしたりして、ザックを背負って下山再開。

下山だし、くだりだし、天気悪くないし、もうそんなにかからないはずだし、チョロイチョロイなんて思ってましたが
これが全然チョロクなく、昨日のザックの背負い跡が肩に残ってて痛いし、一日中歩いてる膝はもうガタがきてるし、降れば下るほど雪が少なくて歩きにくい。
それでも、昨日の登りのときより雪は登山口近くまであったので靴底がベロンと剥がれてきていたAJ副隊長は最後までスノーシューを外すことなく下ることができました。
ワタシは途中でスーパーカンジキを外して歩いてましたがもう膝が痛くて痛くて、ああ奥の平歩き回らなくて正解だったわ。信隊長の判断は正しかったです。と思いながらはるか彼方前方を歩く信隊長の後ろ姿(前すぎて時々しか見えませんでしたが)をみながら、とぼとぼ歩き5時まえに登山口到着。みんなで握手しあい、無事に帰ったことを喜びあいました。

帰ったその晩は疲れすぎたのかなんだかぼーっとしてましたが、日が経つにつれ、また行きたい!キャンプしたい!雪山いきたい!などと思い始め、もっと軽いザック買わなきゃとか!ネットでさがしたりしてたのですが、いやいやザックよりそれよりまずは体力つけろよって、信さんとAJさんにつっこまれそうです。

荷物重たいの苦手だけど、自歩きキャンプはやっぱいいです。来年も絶対行くぞー。

信さん、AJさん一緒に登ってくれてありがとうございました。






   
イメージ 2
無事に下山。ちょっと雪があったので車を
恐る恐るスタート。

津屋川の南濃梅園

イメージ 2

土曜日はお日柄もよく(!?)海津市の南濃梅園に自転車で梅を見に行ってきました。
南濃梅園は津屋川沿いにありまして、津屋川といえば彼岸花が有名で、
この梅園もその彼岸花の橋んとこにあります。
まだ五分咲きでしたが梅の木が沢山あるので五分咲きでも見応えありました。
園の真ん中には東屋があり、ちょっとだけ高台になってるので上からも梅が観れます。
ここは、角砂糖会社の私有地らしいのですが誰でも気軽に入れます。
耳を澄ますと時々遠くの方で電車の音が聞こえるくらい静かな場所です。
来週あたりが見頃かなー。

そして、そして、津屋川沿いの道は自転車で走るにはとても気持ちがいいのです。
この日は春の嵐もなく周りの風景も十分堪能できました。

イメージ 1
東屋からのこの切り取った画のような風景がいい。


イメージ 3
風呂敷も梅柄で

イメージ 4
お弁当はマックスバリューで買ったお惣菜を詰めただけ

イメージ 17

五分咲きのせいか、あんまり人もいない。



イメージ 18

梅の木にはなかなかとまってくれない、メジロ。


イメージ 16
オレンジ色がきれいなジョウビタキ。



イメージ 5

イメージ 6
今回はこの黒いのをやたら見た。オオバン?

イメージ 7
鴨だらけ

イメージ 8


イメージ 9
なにやら、鳥の巣のようなものが向こうに見える

イメージ 10
ズームで撮ると杉玉みたい。なんだろー

イメージ 11

イメージ 12
ここも鴨だらけ

イメージ 13
オオバン?

イメージ 14
ヌートリアも。

イメージ 15

津屋川は風景みながらのんびり走れていいですねー。
四季折々楽しめます。
けど、夏はまだ行ったことない。
今年は夏も走ってみよっかなー。
暑いだろーなー。


イメージ 19





海上の森で自撮り

最近、デジカメからWiFiでつないでスマホにホイホイとデータを送るという技を覚えまして、
スマホからシャッターを切るなんて事もできるのです。
今回は自撮りをしがてら運動不足解消のために海上の森「カイショ のモリ」に行ってきました。

でも海上の森には行ったことがなく瀬戸在住の会社の人に聞いてみるも、「大きな皿を見に行くのか?」とかであまり海上の森の良さはわかりませんでした。
実際に行ってみると山歩きルート、歩きやすい舗装路ルートなどあり楽しかったです

イメージ 1
自撮り写真がこれです。
あれこれ試しましたがあまり遠くでは操作ができないようでこれだとセルフタイマーで行っても同じやなーと思いましたが でも画面を確認しながらシャッターが切れますのでまぁこれはこれでアリなのかなぁと言う感じです。

イメージ 2
かわいらしい小屋にニャンコが2匹日向ぼっこ


イメージ 3
自撮りではない

イメージ 4
海上の森 里山サテライトにて

イメージ 5
水滴を撮るつもりが、、、、

イメージ 6
猿投山の人の少ないルート

イメージ 7
海上の森になかなか戻れず、どこかのアンテナの下ですき焼き

イメージ 8


海上の 森の隣には山路(やまぢ)の森と言う森もあり、こちらも自然いっぱいのルートです。山路の森から猿投山登山口があり猿投山ちょっぴり 歩きましたがこちらは人気でやはり人も多く、すぐにルートから外れました外れたら少し迷ってしまい9時に出発したのに駐車場に戻ってきたのが夕方4時 を回ってしまいました。

イメージ 9
海上の森

イメージ 10
やまぢの森


ワタシはさまよい歩きが好きなのでまた行って、あっちゃこっちゃ海上の森をさまよいに行こうかと思ってます。

トホホでアホな3連休

ご無沙汰しております。
2016年ももうすぐ終わりですね。
今年は割とブログを更新しました。といっても4回ですが、、
2016年は自転車キャンプの充実した年でした

8月の十津川夏合宿
9月の能登半島一人野宿ツーリング
10月のキヨ介さんと野宿ツーリング
青川峡、愛知川、月うさぎ、笠置、余呉湖
おー、結構行ってるなー。
が、残念ながらブログはアップしそこないました。
んで、
今回は
この3連休のワタシのやらかしたアホな失敗談をおひとつ。

文章かなり長いよ!

最初の予定では
金曜日の夜、会社の忘年会で瀬戸市へ
夜は道の駅にて車内泊
翌日はそこから近くの山に山歩きして夜は
どっかで車内泊、
翌日はサイクリングして24日の夜帰宅という予定でした

んで、実際はというと
道の駅で車内泊まではよかったんですけど
飲み過ぎで翌朝まだすっごく酒がのこってて
こりゃまだ運転できるレベルじゃないわって
寝直したら夕方3時まわってしまいまして
あかん1日ムダに過ごしてしまったー!って
思ったけど、まあしゃあないなーって
瀬戸の道の駅を堪能してから
温泉でも入ろうと稲武まで車で行きました。
この日はNHK-FMでとことんつま恋三昧やってまして
拓郎や南こうせつが流れてて、最初から聞きたっかたー。
3時まで寝てなきゃ聞けたのに。

稲武では道の駅にどんぐりの湯というのが
有名ですが、そのすぐ近くにホテル岡田屋でも入れるようで
それになんと400円という銭湯料金より安いので
そちらで入らせてもらうことに
お風呂は広々としててとても気持ち良く
なんといっても他に入浴客がいませんでした
入り口にはなんとか御一行さまと沢山書いてあったのに
たまたま空いてたのかもしれません

お風呂であったまって道の駅に戻り寝支度を
夏用の寝袋に寝袋のカバーでこの0度以下の駐車場で過ごせるかチャレンジです。
最初は体が温まってたので問題なかったですが
やっぱりどんどん冷えてきて、たまらず冬用にチェンジ
それでも寒くてさらにその上にフリースのひざかけもかけました

んで、翌朝 爽やかに起きて車の外に、
外に出るとき、後部座席のドアから降りて
運転席側のドアも開けようと思って、一旦後部座席のドアを閉めた瞬間に
あれ?
ドアが開かないよ。こっちのドアもあっちのドアも
変だなー
寒くてドアが凍りついてるだけかもしれんし
とりあえずトイレ行っとこってトイレ行ってもう一回開けてみましたが
やっぱりあかんわー
インロックしちゃったやんーー。
寝る時にチャイルドロックをかけて寝たんですが
これ、後部座席から開けるとロックはまだ解除されないようで
サイド閉めると鍵がかかってしまうみたいです。知らんかったーーーー!
財布も携帯も全部車の中やん。道の駅の人に頼んでJAF呼んでもらわなかんやん
と、思ってたのですが
なんとランドナーがあるではないですか
寝る時は自転車は外に出しといたので、しかも合羽付き
手袋もお金も地図も替えのチューブもなんも
ないけど合羽と自転車があるのであれば
家に帰りスペアキーをとりに行くしかありません
幸い家の鍵は隠しキーがあるので家には入れるし

で、稲武から名古屋まで自転車で出発、朝の9時に
来た時は瀬戸市からだから途中からちょっと自信ないなー
コンビニに寄って地図の立ち読みしようにも
最近じゃー地図売ってないようで
どんぐりの湯のチラシがコンビニにあったので
その案内図で行くしかありません。
あとは、名古屋こっちという標識を頼りに、、、

イメージ 2

途中豊田市の街中にはいってしまいちょっとロスしましたが
飲まず食わずで午後2時前に自宅につきました
へろへろでもう稲武にもどるのは明日にしようと決め
ご飯をたべたのですが、お腹いっぱいになったら元気がでて
パソコンでルートも確認できたし、車上荒らしが心配だし、
今度は登り基調だけど、伊勢神トンネルちょっと怖いけど、
このまま家におっても落ちつかないし
ナイトランの準備とおやつと家にあるお金300円(少な!)を持って
3時前に出発
行程の半分くらいの所にある力石まではすごく順調にこれて
これはもしかすると8時きるかもなんて余裕こいてました。

このあたりであたりは暗くなり、
香嵐渓のあたりから地獄の登りが始まります。
見た目登ってるように見えないので普通に漕ごうとするんですが
ペダルがやたら重い。
途中の気温表示は0度とかマイナス1度なのに
家で着込んできた服が暑い。
なんども自転車を降り押して歩く
もう脚が棒のようだー。
時々街灯がないような所もありましたが
割と車が通るので怖さはないですが
みんな素通りしていく寂しさよ。

十津川ではあんな重い荷物積んで坂のぼれたのに
なんで丸腰の今日は全然こげないんだろう。

もうあかん、もう本当に脚動かんと思ってたら
伊勢神トンネルにつきました。
やったー!伊勢神トンネルだー。
あんな怖がってた伊勢神トンネルですが
ここまで来たらだいたい一番上です。
ゴールに来たようなもんです。
トンネルでは鼻歌まじりで下りを楽しんでましたが
車のドライバーの方々は自転車に乗った幽霊を見たとかで
怖がってたかも知れません。

トンネルをぬけ、最後のきっつい登りを終えるとあとはくだって
ごおおおおおおおおる!
時刻は8時45分。まだ岡田屋さんの風呂に間に合う!
風呂で疲れを落とすつもりが一気に疲れがでまして
しばらく動けませんでした。

それでも外の冷たい空気の中にしばらくいたら楽になり
寝床につきました。
朝の6時まで爆睡でした。

さんざんな三連休でしたが、終わりよければ全てよし
こうして無事にかえってこれたので満足の休日でした。

だけど、自転車で走るのは1日100キロくらいが限界だと思いました。


イメージ 1



それではみなさま良いお年を!





自走自転車キャンプ

ある日、目をさますと


ランドナーが
Dr.カトーによって
サイドバック装着可能に改造されていたのだった。

そして、サドルには
ドク団長が強化したキャリアまで装備されているではないか!!!!

どういう事だろうか

は!?

振り向くと、なんと!そこには
ランドナー乗りの憧れの自転車東叡の
東叡の東叡の東叡の東叡の!
東叡の!ロゴいりのサイドバックが!

何年前のわからないけど
だからこそ
今では絶対に手に入らなそうな
サイドバックまで用意されているではないか!

ワタシはすかさずそれを
Dr.カトーが改造したアルミのキャリアに装着し

ワタシは向かうのだった
目指すは
高規格!?とかで有名なあの、青川峡キャンプ場へ

名古屋から約50キロ
テントや寝袋つんで行ってきましたよ

荷物を積んで走ると
結構安定して走れるから楽勝やん!
って最初は思ったんだけど
ちょっとした坂が全然上がらへん
後半バテバテだったけど、
無事自走できました。

でも、キャンプ場の写真はバーベキューのしかありません。
キャンプ場に着く→飲む→カメラどこに置いたか忘れる→飲む→寝る
という感じになり
だいたい現場の写真は
いつも少ないのでした。

道中の写真ばっかり
しかも肝心の素敵なサイドバックのアップもなし



イメージ 1
七里の渡しで祭り。熱田祭りと関係あるのかな
イメージ 2
鉄道とのツーショットを試みるもいまひとつ
イメージ 3
ひこねさんに教えてもらった響庵さんに行ってみたけど、やってなかったので
いつもの阿下喜の駅そばはっこく亭さんに

イメージ 4
ゆいいつのキャンプ写真


イメージ 5

イメージ 6


この時期、キャンプ場のとなりのところではホタルがいっぱい見れました。
青川峡キャンプ場、マナーのいいファミリーばっかりでとっても
いいところでした。
またイコーーっと。


[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事