名古屋千種ライオンズクラブ

ライオンズクラブ国際協会334−A地区9R2Z

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

日時:平成30年9月10日(月) 時間:16:00〜  
場所:名古屋ガーデンパレス 記事:L辻 秀樹


ライオンズクラブ国際協会334−A地区ガバナー公式訪問9リジョン1ゾーン・2ゾーン合同例会。名古屋平成LC会長・加藤淳也Lの先導により地区ガバナー・地区役員・地区委員が入場。名古屋イーストLC会長・津田卓Lの開会のゴングにつづき、国旗敬礼・君が代斉唱、ライオンズクラブの歌合唱、物故ライオンに黙とうを捧げました。
地区役員・地区委員の紹介の後、9R2ZZC・松岡直一Lから、「日本人特有の良さは力を合わせること、なにもしないより偽善がよい、最近は自然災害が多いが困っている方々への奉仕など、今後も良い形での奉仕ができればと考えている」との挨拶がありました。
名古屋守山LC会長・大島常孝Lからガバナー公式訪問歓迎の挨拶、名古屋昭和LC会長・鈴木勝宏Lからガバナーの紹介の後、334−A地区ガバナー・浜島清美Lからご挨拶がありました。
グッドラン・ライオンズクラブ国際会長は、今の私があるのは母国のおかげ、アイスランドは小さな国だけど人々が支えあっており、まさにライオンズクラブのようであり、ウィ・サーブの精神の原点であると述べられたことをまずご紹介され、ウィ・サーブの精神に今、何が求められているのか。その中で、334−A地区の基本目標である々臚吋▲ティビティの実施 会員増強 LCIF寄付金145万ドルの協力 ぅラブへの負担軽減などについての内容を紹介いただきました。
大事なことは奉仕の心を次の世代につなぐこと、時がたてば当然、求められることは変わっていく、「伝統は、革新の連続」であると言われています。女性の声や若者の声などのニューボイスも取り入れ、私たちのしたい奉仕から、地域に望まれる奉仕へと取り組んでいきたいと述べられました。
ガバナー挨拶後には、名古屋セントラルLC会長・小野由紀子Lから歓迎の花束贈呈。名古屋城東LC会長・川本良一Lから記念アクティビティの発表などがあり、結びに会場全員でライオンズローア「ウオー!」を行い、閉会いたしました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事