名古屋千種ライオンズクラブ

ライオンズクラブ国際協会334−A地区9R2Z

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

記事:L森田 守保

千種区手をつなぐ育成会主催の「平成30年度成人を祝う会」が1月20日、ルブラ王山にておこなわれました。プログラムには「名古屋千種ライオンズクラブ助成金事業」と書かれていました。私は今回で3回目の参加ですが、以前より充実したように感じました。
今年は3名の新成人がいらっしゃるとのことでしたが、都合で2名の出席でした。新成人の下澤良一さんは紋付き袴で、三輪大雅さんはスーツ姿で招待者入場という形で会場に入り、参列者から拍手で迎えられました。
下澤さんは楽しそうで終始にこやかに手を振ったりしながら入場し、和服姿のお母様の隣の席に着席しました。三輪さんは少し緊張気味で静かに入場され、ご家族のテーブル席につかれました。
主催者のあいさつでは、志水会長が新成人への祝辞や会の歩み、支援団体への感謝を述べられました。
来賓の千種区役所福祉部長亀山様、千種区社会福祉協議会事務局長三浦様、名古屋千種ライオンズクラブ会長L森田が新成人への祝辞を述べ、その後L野々山の挨拶と乾杯が行われ会食となりました。
各テーブルでは話がはずんでいるようで、皆さんにこやかに談笑していました。私のテーブルは下澤良一さんとお母様、彼の恩師、志水会長、来賓3名でしたが、皆さんが下澤良一さんの成長を喜ばれ彼の長所をほめたり、お母様にねぎらいの言葉をのべたりし、なごやかな時を過ごしました。
そのあと川口ゆかりさんのコンサートがあり、童謡や「幸せなら手をたたこう」などを披露されました。「幸せなら手をたたこう」では、新成人や子供たちがステージに上がり楽器を鳴らしながら、テーブル席の人たちも一緒に楽器を鳴らして楽しく歌いました。
その後、記念品の贈呈、新成人からの挨拶、ご家族からの挨拶などがあり会場は拍手で包まれました。また、写真撮影やビンゴゲームなども楽しみ、会場にお越しの人からのひとことあいさつなどをいただき閉会となりました。
志水会長からは、障害を持つ子たちはなかなか一般の成人式に出ることができないので、このような形で成人を祝っていただけるのは、子供たちや親たちにとってとてもありがたいとおっしゃっていました。また、千種区役所福祉部長の亀山様は、このような会は他の区では行われてなく、とても良いことだと思うと述べておられました。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事