名古屋千種ライオンズクラブ

ライオンズクラブ国際協会334−A地区9R2Z

全体表示

[ リスト ]

味覚部会 (番外編)

イメージ 1

日時:平成31年2月1日(金) 
場所:日間賀島 海遊亭
記事:L犬飼 前

アー驚いた!! その訳は、少し間、辛抱して、次の文章をお読みください。

本来ならば、味覚会番外編として企画したのが、応募者少数のため、急遽家族を含めた自由参加で開く事となりました。そして、去る2月1日、真冬に相応しい晴天の下、風は強く波高い中を、4組のジージと.バーバ夫婦(失礼..会員のご夫婦でした)とその家族ら約20名が知多半島南部..片名の港に集合。うねる高波の中を海上タクシーで目的地の日間賀島に渡りました。会場は港近くの.海遊亭、島内屈指の高級ホテルです。早速。入浴。最上階にある浴室の湯舟の中から、伊勢湾に沈む真っ赤な夕日を眺めながら旅の疲れを癒やしました。今夜の料理を期待しながら...

夕刻6時、2階の宴会場で待望のフグ会席が始まる。L犬飼の挨拶.乾杯もそこそこに箸が進む。テーブルには、島で採れた海産物の突き出しや、各々の大皿に、きれいに菊模様に並べられた新鮮なフグサシ、フグのカラアゲ、そして待望のシラコ、そのボリュームと、口の中でとろけるような感触には、一同大満足。その上、シラコのアンコールにはビックリ。重ねたヒレ酒の酔いも加わり、もう天下一品ですわ。たまりませんなぁー。

締めは、フグ鍋と雑炊、ご馳走様でした。(ちょっと酔ったかな)

さて ここまでは普通の会席宴会ですが、その夜だけは、大いなる驚きが私にショックを与えました。

恒例のカラオケが始まり、ジージとバーバが出て、それなりに理解できる歌が終わるや、それまで歌いたくて、うずうずしてた子供連中のビッグ歌謡ショウが始まりました。3歳ぐらいの女の子から10歳ぐらいの男の子まで、入れ替わり立ち替わり、ソロ..デュエット.合唱.等など。その歌声は、とどまるところを知らず。感心しながら聞かせてもらいましたが、一番驚いたのは、ちびっ子があの長い歌詞を良く覚えていること、また、どの子もリズムをメロディがしっかりしていることです。

今どき、どの家庭にもテレビなどの音響機器が行き渡っている現代といえども、あのちびっ子達が、文字も十分読めないはずの子供達が、何故、間違えずに最後まで歌えたのだろうか?時代遅れのジージの頭では考えられません。

自分の小さい時を振り返ってみると、歌といえば、ねえやが歌ってくれた子守歌か、小学唱歌か軍歌位しか記憶にない人間にとっては、青天の霹靂以上の大事件なのです。考えれば考えるほど、怖くなります。

時代はスピードを上げて移り変わり、昭和の時代はもう遠くなり、平成も最後の年になりました。子供たちの成長の速さに驚き、世代の交代を痛感し、カルチャーショックにおののき、嫌でも、ジェネレーションショックを味合わされた、ひと時でした。

このダブルショックと、アジア杯サッカー決勝戦敗退の悔しさで寝苦しい夜となりましたが、良い経験をさせて頂いたと感謝しております。

最後になりましたが、今回の開催についてL宮澤には大変お世話になりました。紙面を借りてお礼申し上げます。有難うございました。

あの子供たちよ!天気でな!!

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事