●●館主・宋 竹仙の≪やきものつれづれ草≫●●

宋 竹仙のブログへようこそ!! 中国陶磁に魅せられて四半世紀。

全体表示

[ リスト ]

汝官窯 #3 水仙盆の口辺の形状です。


イメージ 1
                 
                     画像 _漆泙両綯爾鮗个瓩ら見た形状
                   

イメージ 2

                     画像◆‐紊ら見た汝官窯青磁水仙盆の形


イメージ 3

                     画像 上図の下端を斜めから見た形状   

画像△亮命燭任發呂辰りと判りますように、水仙盆の長手方向の前縁と後縁のカーブが微妙に違いますね。これは水仙を眺めた目線を水仙盆に移したときに、若干外側に開いた口縁の前と後が最も美しいカーブで見えるように、予めカーブを変えているのです。

それでは、この水仙盆の正面はどちらになるのでしょうか。画像,伐菫の写真で、向きを変えた時に見える違いをご覧ください。

画像,蓮⊆蠢阿慮辺のカーブも向こう側の口辺のカーブも素直に見えて、全体がゆったりとした美しい楕円形に見えますね。それに比べて画像は、手前側の口辺のカーブがぎこちなく歪んで見えませんか? ですから、もちろん正解は画像,梁Δ正面となります。

画像,伐菫のどちらが美しく見えるかは比較して初めて気がつくトリックですが、画像,里茲Δ鉾しく見せるためには、やきものを知り尽くしたうえで精緻な設計が施されていたことに、驚嘆するばかりです。

この水仙盆のように、設計しつくされて完成したやきものを作ったのが宋代の官窯でした。宋代の官窯は、全て素焼してから形の整ったものだけを選別し、それに釉薬を上掛けして本焼成して完品を作りました。ですから、この水仙盆は素焼の段階で口辺のカーブは既に決まっていたいたということです。

春節のころ、森閑とした貴人の居室のテーブルには雨過天青色した汝官窯の水仙盆に株立ちの水仙がしつらえられ、高貴な香りを放ちながら訪れる人々に春を告げている。そんな、水仙と水仙盆が一体となって最高の美しさを表現するための、まさに芸術作品といえるでしょう。



現代に学ぶこと多し、中国陶磁史…




この作品は、こちらの美術館で鑑賞できます。

       中和堂中国美術館

宋竹仙老人のコレクションに関心のある方は、こちらをごらん下さい。

       中和堂コレクション

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事