●●館主・宋 竹仙の≪やきものつれづれ草≫●●

宋 竹仙のブログへようこそ!! 中国陶磁に魅せられて四半世紀。

全体表示

[ リスト ]

汝官窯 #7 汝官窯出戟尊の例



イメージ 1
                 

                   汝官窯弦文出戟尊




イメージ 2
                 

                 汝官窯弦文出戟尊の台底付近

 


従来の汝官窯の研究者によると、戦前戦後に収蔵された世界中の汝官窯青磁の伝世品は、その数量では70数点のみで、器形も、碗とか皿・盆などの限られたものだけとされてきた。

しかしながら、近年の10数年にわたる民窯である「汝窯跡」の発掘調査が完了し、その成果として、少なくとも「汝窯」は北宋初期から150年間以上の長期に焼成が行われていたことが判明した。

民窯である「汝窯」からは「汝官窯青磁」の照明になる「天青釉の陶片」が発掘されなかったために、民窯「汝窯跡」が官窯「汝官窯跡」であったとは証明できなかったが、官窯だけの焼成技術である「素焼焼成窯」が存在していたことが発見されたので、官窯の要素を持っていた窯であることは、ほぼ間違いないと思われる。

汝官窯のことを伝える古文書の中で「汝官窯青磁はたとえ不良品といえども全て都へ納めた」と言われ、窯出しのあとの不良品は破壊しなかった訳であるから、窯跡から天青釉の陶片が見つからないのは自然である。かって「故宮」というTV番組で汝官窯青磁の取材場面があったが、汝窯跡近くのトウモロコシ畑を掘ると天青釉の陶片がザクザク出てくる場面があったが、これなどひどいヤラセ場面だったと言わざるを得ない。

近年発表された「汝窯跡」発掘の最大の3大成果として、〜脳鴇得窯が見つかったことから「汝官窯跡」と思われる。⊂得期間が北宋初期から150年以上であったことから、「汝官窯青磁」は70数点をはるかに上回る数量の作品が現存するあるはずである。O劼箸皿・盆など以外の種々さまざまな器形があったことが判明。である。

この種々さまざまな器形の例として、私のコレクションの中からいくつかをご紹介しましょう。

今回は≪汝官窯弦文出戟尊≫の例です。この形は青銅器の時代から既に存在している官窯のシンボル的な器形で、「尊(そん)」とは「樽(たる)」の意味と言われますが、日本的にいえば「お神酒徳利」でしょう。「弦文」とは器形の中に見れる横一文字の筋で、これも官窯のシンボルです。「出戟」とは四方に張り出した「戟(とげ)」のことで僻邪の意味です。

現代に学ぶこと多し、中国陶磁史…




この作品は、こちらの美術館で鑑賞できます。

       中和堂中国美術館

宋竹仙老人のコレクションに関心のある方は、こちらをごらん下さい。

       中和堂コレクション

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事