●●館主・宋 竹仙の≪やきものつれづれ草≫●●

宋 竹仙のブログへようこそ!! 中国陶磁に魅せられて四半世紀。

全体表示

[ リスト ]

汝官窯 #17 汝官窯青磁奩式三足香炉



イメージ 1
                

                   汝官窯青磁奩式三足香炉




イメージ 2
                  

                  器肌に出来た欠落部の拡大写真




 
この作品が、北京紫禁城郊外の円明園宝物殿に大切に納められていたらしいと推察される根拠を確実に証明できるものはないが、乾隆43年(1778年)に乾隆帝が収蔵した以来は、少なくとも紫禁城か円明園に置かれていたことは間違いないだろう。

円明園は清朝・康煕帝が離宮として構築を開始し、以降、代々の皇帝が拡張を重ねた、まさに清朝皇朝の権力の象徴的な離宮であった。紫禁城での公式行事以外の時間は、この離宮で優雅に過ごしたようだ。この概要はこちらの説明を参照されたい。
この円明園の構築に最も傾注したのは乾隆帝で、≪円明園イコール乾隆帝≫と言っても良い程であり、当然に皇帝の富の全てが円明園に置かれたとしても言い過ぎではなかろうと思う。しかしながら「奢れるものは久しからず」で、清朝後期に西欧祖国の侵略の的となり、財宝の略奪と焼き打ちによって、ついに滅びてしまったのである。今から150年前の「アロー戦争と円明園」事件である。
事件以来放置されていた円明園遺跡は、近年園内の整備が進んで公園として開放されているが、当時の建築物はもちろん、所蔵されていた財宝は一切復元されていないので、当時のよすがを知る由もない。通説では総数150万点の文物が消えてしまったと言われるが、その調査は昨年から始まったばかりである。

現在公開されている円明園に行かれた方はお気づきかと思うが、園内にはいたるところ水路と池が配置されているが、これは当時を慎重に復元したそうである。もともと首都北京は北方に位置するために風光明美とは言えず、歴代皇帝は温順な南方地方の景色に強い関心と憧れを持ち、南の風景を北京に作ったのが円明園の原点であるので、遠い山脈から水路を引き、園内にはいたるところに池を作って楽しんだのである。

この作品の所在をおぼろげながらでも証明できる証拠として、この写真に見られるような、器肌の全面いたるところに釉薬が「はぜて飛んだ」跡が見られることである。これらの小穴は何十か所とあり、触手でもざらざらとすぐ判る程である。通常の汝官窯青磁(その多くは窖蔵品のため)の器肌の表面は滑らかであり、釉薬がはぜて小穴が見えることは今まで経験したことのない現象である。

次回では、なぜ小穴があいてしまったのか、推論を交えて検証してみたい。


現代に学ぶこと多し、中国陶磁史…




この作品は、こちらの美術館で鑑賞できます。

       中和堂中国美術館

宋竹仙老人のコレクションに関心のある方は、こちらをごらん下さい。

       中和堂コレクション

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事