●●館主・宋 竹仙の≪やきものつれづれ草≫●●

宋 竹仙のブログへようこそ!! 中国陶磁に魅せられて四半世紀。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

宋竹仙老人より、おわびです。


私は、このところメニエル病にかかり、近況の更新が出来ませんでした。耳鳴り・めまい・難聴とはこんなものかと、五体満足の時には気にもかけなかった老いの症状から、改めて身体の神秘に感心しております。まだ完全復帰ではありませんが、ぼちぼちと更新いたしますので、たまに覗いてみてください。


汝官窯 #12 汝官窯三足香炉の例



イメージ 1
                 

                   汝官窯三足香炉




イメージ 2
                 

                 汝官窯三足香炉の台底付近

 


祭祀用の祭器である正式な汝官窯青磁の三足香炉は、直径が17兪宛紊梁膩燭覆發里任垢、今回ご紹介するこの三足香炉は、直径が8僂个りの小さな香炉で、1千年ほど昔の北宋朝皇帝親王貴族たちの、個人持ちの小さな香炉です。

日本人には奇抜な形をした香炉と思われますが、この形の香炉は、別名「奩式(れんしき)三足香炉」と呼ばれる、古代から祭祀用祭器の代表的な形で、奩式とは小物入れの意味です。

時の皇朝にあって、公式な祭器はざらにある訳ではなく、皇帝はともかく、親王や貴族は遠目で祭器を眺めながら、そのおこぼれに預かろうと、祭器のミニチュアーを特別に創らせて自室に飾り、悦に入っていたのでしょう。

次回は、正式な祭祀用祭器であり、清朝乾隆帝も手に触れたであろうと思われる、数奇な運命をたどった「汝官窯青磁奩式三足香炉」をご紹介いたしましょう。



現代に学ぶこと多し、中国陶磁史…




この作品は、こちらの美術館で鑑賞できます。

       中和堂中国美術館

宋竹仙老人のコレクションに関心のある方は、こちらをごらん下さい。

       中和堂コレクション

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事