●●館主・宋 竹仙の≪やきものつれづれ草≫●●

宋 竹仙のブログへようこそ!! 中国陶磁に魅せられて四半世紀。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

汝官窯 #22 汝官窯青磁奩式三足香炉



イメージ 1
                

                   御題詩文の金文字一部拡大




 
あの時、どさくさで池に放り込まれた陶磁器たちは、その後どうなったのか?

1860年10月のアロー戦争で、英仏両軍の兵士によって徹底的に破壊された圓明園は、主の居ない廃墟となってしまい、それまでの栄誉栄華が嘘のように寒々とした冬を迎えたのであった。

その冬はまた、ことのほか寒さが厳しく、毎日のように夕暮れともなると急激に気温が下がり、夜の帳が降りる頃には零下20度になる日も珍しくなかった。良く手入れされた盛期の圓明園であれば、園内の樹木は茂り池塘の草花もきれいに咲き誇ったであろうが、はるか郊外から灌水していた水路も閉じられた今となっては、すべての植物は枯れたしまった。

事変の最中に、フランス軍兵士達の目を盗んで池に持ち出して投げ込み、池の底に埋めて隠した陶磁器はどうなったであろうか?あの時は満々と水を湛えていた美しい池々は、今や視るも無残な荒れ地と化して雑草に覆われてしまったし、、粘土のような池の底は干上がっている。

幸いなことに、あの事変で投げ込んだ陶磁器は、ごく微細の黄砂が厚く堆積してゼリーのようになった池の底に埋もれてしまい、外部からは全く見えない。もちろん、そんなことはつゆ知らずの、略奪の宝物を手にして歓喜している英仏軍兵士の目に留まるはずもないではないか。

しかし、1860年10月を境にして不運な運命を辿ることになった、これらの難を逃れた陶磁器たちは、無言のメッセージを残した。そのメッセージこそ、自らの肌を犠牲にして、この作品のように、自然現象でしか生じない証拠を残し、後世の人たちにその運命の末路を伝えようとしているのではないか。

そのメッセージとは、「はぜて欠落」した現象は、乾隆43年(1778年)に乾隆帝が収蔵した時までは発生していなかった現象であり、1778年以降の何時かに発生した現象であることを物語っている上に、物理的にはぜて欠落するためには、汝官窯磁器特有の細かく割れた貫入の割れ目に泥水が入り込み、急激な凍結温度に曝されると発生することが判っている。(前述したように、公的機関で再現実験を試みた)

この現象が起きるとしたならば、1778年以降1860年10月まではあり得ないので、やはり、アロー戦争の事変に略奪阻止の緊急避難で、すぐ近くの池に投げ込んで隠した以降、完全に池が干上がる寸前あたりの年の冬の寒い夜に、急激な気温低下とともに貫入部分の凍結が起き、その部分がはぜて欠落したと思われる。

中国政府はようやく10年ほど前から、1860年に壊滅された清朝皇帝の離宮・宝物殿「円明園」の修復作業を開始した。建造物は後回しだがまず園内の池塘と通路の改修整備を行った。その修復作業が始まるのを知って、「その筋の人達」は夜陰に紛れて、噂に聞いている「池に宝物が埋まっているらしい」話をもとに、ひそかに池の底を掘って盗掘を行ったのではないか?その中にこの作品があったとしても、全く不思議ではない。

この「汝官窯青磁奩式三足香炉」がどんな運命を辿ったかについては推論するしかないが、この作品が私の手に入って以降、新たな運命の歴史のページを刻んだことは事実である。それは、2000年5月と10月の2回、中国大陸に持ち込み、中国側の専門家との会議に上程したことである。その事実経緯について、細部をお聞きになりたい方は改めてご連絡頂きたい。


現代に学ぶこと多し、中国陶磁史…



この作品は、こちらの美術館で鑑賞できます。

       中和堂中国美術館

宋竹仙老人のコレクションに関心のある方は、こちらをごらん下さい。

       中和堂コレクション

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事