「NPO地球とともに」 STOP再処理工場

二酸化炭素 と 放射性廃棄物 どっちが危険?

全体表示

[ リスト ]

昨日、宮城県知事に要請書を提出してきました。
提出団体は『止めようプルサーマル!止めよう核燃料サイクル!女川原発地元連絡会』

簡単にご紹介したいと思います。

宮城県知事は「住民の安全性を最優先する立場から、計画の内容や安全対策に関して地元市町と連携する」と述べています。
しかし、地元市町とは相談しないまま、県議会などで「(県民アンケートの実施や有識者会議の設置も)いまのところ考えていない」という発言を繰り返しています。

私達地元住民としては、このような独断的な姿勢を苦々しく思っています。

そこで、以下のような要請をしました(武藤が勝手に解釈して短くしてます)

■今後については地元市町と連携して、慎重に女川原発でのプルサーマル問題に対処してほしい。
■県独自に、あるいは石巻市、女川町と協力して、国とは違う独自の講演討論会の要請
■県内独自の有識者等による検討会を設置する(推進・反対双方の)
■監視協議会の場でプルサーマルを検討するとの県の考えを検討しなおすべきである

*監視協議会は「発電所周辺地域における環境放射能および温排水のモニタリングその他の他協定書に定められた事項を所掌する」とあります。規定の中にいろいろと書かれていますので、また詳しく。
とにかく、そんな協議会でプルサーマルのことを話し合うのはおかしいでしょ!!!ってこと。

さて、ここからは参加した私個人の意見です。

地元市は有識者検討会などに関して前向きな文章を出しています。
それに比べ、県は国が説明し、住民理解をえるべきと言ってるようです。

プルサーマル推進の国の発言ばかり聞いても仕方ありません。

プルサーマルして出てくる使用済みMOX燃料という放射能のゴミはどうなるか?

今のままでは宮城県に置き去りになります。

そのことを国の説明会で聞くことができますか?
(個人的には自分のところに置きたくないゴミなら作り出してはいけないと思っています)

その他にも問題は山積みなんです。
それは将来の人達にも関係してくることです。


推進・反対双方の意見を聞きたいというのは、当り前のお願いです。
このままでは宮城県に対して、みな不信感を募らせますよ。

私達の要請をきんと考え、実行してくれることを期待します。


閉じる コメント(1)

顔アイコン

さて、コッテコテの自民党の村井宮城県知事。
彼は自民党とトヨタの言うことしか聞きません。
女川原発のプルサーマル中止のためには、今後の知事選で社民党や共産党から立候補した人に投票するしかないです。
青森市みたいにね 削除

2009/4/23(木) 午前 1:08 [ sprouts ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事