魚 楽 堂

魚の楽しみは、 魚と一緒になって泳がなければ、 橋の上から眺めていても解らない。 そういう意味で 『魚楽堂』 。

湯川松堂・名草逸峰・湯川三舟

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

湯川 三舟



湯川 三舟











イメージ 1


















イメージ 2

















イメージ 3


















イメージ 4


















イメージ 5


















イメージ 6


















イメージ 7


















イメージ 8

イメージ 9




















湯川 三舟
1892〜1943
湯川三舟は、名を喬という。
明治二十五年(1892)、海草郡亀川村に生まれる。
                (現・海南市)

和歌山商業学校を病弱のため中退したが、
生来画が好きであったため、生来は画家になることを夢みて、
田中五峰について絵の手ほどきを受けた。

その後、大阪美術学校日本画科に入学して、
同校の教授であった矢野橋村の指導を受けた。

卒業後は、さらに京都の水田竹圃について南画を学び、
大正十五年には、南画院に初入選した。
以来、毎年出品して連続十三回入選。

 昭和二年には、帝展に初入選、以後連続十一回にわたって入選。

三舟の得意とするところは、渓流や雪景色など秋から冬にかけての風景画であったが、ある時、三舟の絵を見た人が…

『この絵に描かれている所は、紀南の何処の風景ですか?』

・・・と、聞くと

「 馬鹿なことを言ってはいかん、絵というものは、あちこちの良い景色を心の中に集めて、それを描くものだ。」 ・・・と、言ったという。

三舟の、画人としての片鱗をうかがうエピソードとして面白い。
作品には、水墨が殆どといってよい程、彩色画は極少ない。

 個人的には、水墨画は紀州一番だと思う。
紀南(口熊野)の某寺には、彩色の大作が保存されている。
昭和二十三年(1943)、五十六歳で没する。








イメージ 10














最新のページに戻る



AAは御覧になる端末機(パソコン・その他)により多少ズレて見える事もあります。
ブラックボードにホワイトで書いてます。端末機によっては見えにくいです。
ブログは今年末で終了します。
★ ブログ更新は117時 ★

魚楽堂
 (ぎょらくどう)


開く コメント(0)

湯川 松堂





湯川 松堂










イメージ 1


















イメージ 2


















イメージ 3


















イメージ 4


















イメージ 5


















イメージ 6
















最新のページに戻る



AAは御覧になる端末機(パソコン・その他)により多少ズレて見える事もあります。
ブラックボードにホワイトで書いてます。端末機によっては見えにくいです。
★ ブログ更新は117時 ★

魚楽堂
 (ぎょらくどう)





湯川 松堂





湯川 松堂

(1868年〜1955年)
鐘 馗 図







イメージ 1


















イメージ 2


















イメージ 3


















イメージ 4


















イメージ 5





湯川 松堂

 
明治元年六月、日高郡印南町に生まれる。
名を愛之助といい、松堂のほかに晩年楽寿の号をもちいた。

幼児より画才にめぐまれていた。

明治十一年大阪に出て三谷貞広に師事して日本画をまなび、
同二十四年さらに京都にのぼって絵画を近代京都画壇の中心人物だった鈴木松年に学ぶ。 花鳥、山水、人物をよく描いた。

明治期の京都画壇は、
円山応挙を祖とするいわゆる円山四条派が本流。

この中には楽寿館の装飾絵画の
作者の幸野楳嶺や望月玉泉も入る。

同三十六年、第五回内国勧業博覧会に「秋津洲」を出品して入選。

その後小松宮家の殊遇をうけ、
同三十九年宮内省の委嘱により「岩倉公一代絵巻」を描いた。

昭和四年、天皇の大阪行幸のみぎり、
御在所の屏風に「群鶴図」を揮毫した。

同十五年には紀元二六〇〇年記念として
「神武天皇東征図」を明治神宮に、
「神武天皇望霊鳥図」を橿原神宮にそれぞれ奉納した。

昭和三十年十一月大阪府八尾市で八十七才の天寿を終えた。


 








最新のページに戻る



AAは御覧になる端末機(パソコン・その他)により多少ズレて見える事もあります。
ブラックボードにホワイトで書いてます。端末機によっては見えにくいです。
★ ブログ更新は117時 ★

魚楽堂
 (ぎょらくどう)



ホーホケキョ







イメージ 1














イメージ 2








湯川 松堂
湯川 松堂 (1868年〜1955年)

ホーホケキョ ♪










イメージ 3


















イメージ 4


















イメージ 5







湯川 松堂

明治元年六月、日高郡印南町に生まれる。
名を愛之助といい、松堂のほかに晩年楽寿の号をもちいた。

幼児より画才にめぐまれていた。

明治十一年大阪に出て三谷貞広に師事して日本画をまなび、
同二十四年さらに京都にのぼって絵画を
近代京都画壇の中心人物だった鈴木松年に学ぶ。

花鳥、山水、人物をよく描いた。

明治期の京都画壇は、


円山応挙を祖とするいわゆる円山四条派が本流。



この中には楽寿館の装飾絵画の
作者の幸野楳嶺や望月玉泉も入る。

同三十六年、第五回内国勧業博覧会に 「秋津洲」 を出品して入選。

その後小松宮家の殊遇をうけ、
同三十九年宮内省の委嘱により 「岩倉公一代絵巻」 を描いた。

昭和四年、天皇の大阪行幸のみぎり、
御在所の屏風に 「群鶴図」 を揮毫した。

同十五年には紀元二六〇〇年記念として
「神武天皇東征図」 を明治神宮に、


「神武天皇望霊鳥図」 を橿原神宮にそれぞれ奉納した。

昭和三十年十一月大阪府八尾市で八十七才の天寿を終えた。























イメージ 6












最新のページに戻る



AAは御覧になる端末機(パソコン・その他)により多少ズレて見える事もあります。
★ ブログ更新は117時 ★

魚楽堂
 (ぎょらくどう)



開く コメント(0)

湯川 三舟





那 智 之 瀧






イメージ 1


















イメージ 2

















イメージ 3

















イメージ 4

















イメージ 5


















イメージ 6


















イメージ 7
















最新のページに戻る



AAは御覧になる端末機(パソコン・その他)により多少ズレて見える事もあります。
★ ブログ更新は117時 ★

魚楽堂
 (ぎょらくどう)










全11ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事