Snail GO!GO! in USA

カタツムリのように、家財道具を担いで、マイペースに、どこへでも。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

崩山登山

十二湖の青池と鶏頭場池に挟まれたところに、今回登りたかった崩山への登山口があります。
出発前、ネットで偶然、「山の中腹に切り立った崖の展望台があり、そこから眺める十二湖と日本海の景色は最高!」という情報を目にしたのがきっかけで、崩山登山は今回の旅の最大の楽しみの一つになっていました。

しかし、この崩山。地質のためか、その名のとおり、とっても崩れやすい。この時も、前日まで東北地方で降り続いた雨で、なんと
土砂崩れのため登山路が封鎖!

ガ━━━━(;゚д゚)━━━━━ン

代わりに迂回路が用意されていましたが、看板には、
山頂付近崖崩れのためロープを張っていますが、滑りやすいので登山には十分ご注意ください
の表記が・・・・
正直、登ろうかどうしようか迷ったけれど、やっぱりここまで来て引き下がれないので、腹をくくって、山に入りました。

本来、この崩山の登山路はあまり歩きにくいものではないらしいのですが、自分が登った迂回路は濡れて滑りやすく、狭くて結構急である上、あまり踏まれていないので足場もあまりない!
二歩進んで、一歩滑る。みたいなペースでちっとも進まない。終いには四肢を全部使って登る羽目に...

汗が滝のように流れ、足がガクガクになっても止まるわけには行きません。
ちょっとでも立ち止まると、もうそれ以上進めなくなる気がするのです。
おまけに、立ち止まった瞬間、ハエだのハチだアブだのが、数に任せてぶんぶん襲いかかってきます。虫嫌いな私にとっては、たまったもんじゃありません!けれど、虫を払いのけようとすると、今度は足元が滑って危ないので、仕方なく彼らが肌に触れられないように、全身をめい一杯動かして、ズンズン上へ登っていきました。

そうして登ること1時間弱。視界がパッと開けて、遠くにぼんやりとした境界線に仕切られた海と空と森が見えてきました。ここが、その展望台か?と思いきや、なんと、目の前にはロープが・・・そしてそこには
この先崖崩れのため危険
の看板。
写真でご覧のとおり、実際のところ、結構危なっかしい感じでした。

まあ、普通の人にはどうってことないでしょうけど、
高所恐怖症の私にはもういっぱいいっぱいです。。。(*>д<)ノ

写真を撮って、なんとかロープを伝って頂上まで登って行き、、最後は登りと同じぐらい苦心して下山しました。

再び登山口辺りまでたどり着いた時は、生きてる心地がして心からうれしく思いました。(^∀^)
これだから、山はやめられないのかな。。。

この記事に

閉じる コメント(5)

顔アイコン

随分と危ない思いをして高いところに登りましたね。やはり高いところは気持ちいいですね。私も高いところが苦手でしたが、バンコクで働いていた時の私の事務室が33階だったので、だいぶ慣れました。

2006/9/16(土) 午後 6:25 Bong 返信する

顔アイコン

Bongさん、高いところは、気持ちいいとは思いますが、未だに慣れないです。。。あ、でも、最近は外が見えるエレベーターに乗っても平気になりました。^ ^

2006/9/16(土) 午後 9:02 ちの 返信する

顔アイコン

これは慣れの問題だと思います。でも本当に危険なとろこは避けないといけませんね。

2006/9/17(日) 午前 1:43 Bong 返信する

大変な思いをして登りましたね。写真から見る限り本当に滑りやすそうです。無事に下山できて良かったですね。素晴らしい眺めでしたね。

2006/9/17(日) 午前 11:52 woo*er*jp 返信する

顔アイコン

ウーパーさん、なんとか、無事に戻って来れました^^お天気がよければ、日本海まではっきり見えるんですけどね。。。やっぱり夏に山登りは、しんどいね〜(笑)

2006/11/26(日) 午前 11:48 ちの 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事